執筆者H

2017年7月29日 (土)

東武鉄道SL大樹試運転 訪問2回目復路 – 2

  深緑の林をバックにした田園風景で捉えた。ここは住宅地帯に近く、やはり煙はほとんどはかないが、素朴な風景に心穏やかにさせられる。

Img_1551c

7t5a1347c

2017-6 東武鉄道

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

東武鉄道SL大樹試運転 訪問2回目復路 – 1

  今回山並みが綺麗に見えていたことから、それらを背景にした田園地帯で捉えることとした。煙は期待しないし、あまり出過ぎると背景が隠れてしまう。やがてC11が適度な煙をはきながら姿を現した。

7t5a1275c

Img_1489c

2017-6 東武鉄道

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

朝練 - カシオペア信州E26客車返却回送 – 2

  ちょっとアップをサボってしまったせいでタイムリーでは無くなってしまいましたが、前回の続編です。

    Tさんに遭遇した結果、撮影後近隣駅まで車で送って頂きました。そのおかげで更にドラマが続いたのであった。続行の緩行に乗車し外を眺めていると、金町で停車中のカシオペアを追い抜いた。更にその上、その先で駐車場施設から俯瞰しようとしているカメラの砲列が見えるではないか! 次の駅で降車し、その場所へ向かったのは言うまでも無い。

7t5a1700c

2017-7 常磐線

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

朝練 - カシオペア信州E26客車返却回送 - 1

   Uさんの報告で語られていたように、往路本番では、Tさん、Mさんとも一緒に6時間あまりの待ち時間を楽しく過ごさせて頂いたのだが、ドラマはそれで終わりではなかった。 それは、3日後の復路返却回送で、早朝のことであった。 出勤前の朝練としては最適だが、有名場所ゆえに撮影場所確保が困難を極めることを覚悟の上で現地へ向かった。まだ夜明け前とあってか一番乗り、しばらくして同業者が現れたと思ったら、何とTさんであった。こちらも驚いたのであるが、Tさんも驚かれていた。おかげさまで再度、待ち時間を楽しく過ごさせて頂いた。

 列車はと言うと、何とハイビ-ムで登場、暴れるAFをなだめながらシャッターを切り続けた。暗かったため、画質に難点を抱えてはしまったものの、思った画角で捉えることが出来た。

7t5a1673c

7t5a1679c

2017-7 常磐線

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

東武鉄道SL大樹試運転 訪問2回目往路 – 1

  久しぶりのカシオペア信州でエキサイトした報告の後は、田舎気分でのんびりして頂くのはいかがだろうか。SL大樹試運転、初回の後、2回目に訪れた時の報告をしたい。

今回は、鬼怒川への水鏡にチャレンジ。だが無風にも関わらず、今ひとつここはクリアに映らない。どうも流れが速いために川面にさざ波がたち、クリアにならないようだ。水量が少ない時でないと難しいのかもしれない。

7t5a1382c

2017-6 東武鉄道

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

東武鉄道SL大樹試運転 往路 – 3

  三往復目の下りは、少し北側の地域のあるS字。ここは殆ど無煙で通過するとの前評判の場所でもある。だが気温が低めで小雨そぼ降る好条件ゆえに微かな期待を胸に、その時を待つこと2時間弱、C11はゆっくりとほどよい煙をはきながら登場した。

7t5a1182c

7t5a1183c

7t5a1184c

2017-6 東武鉄道

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

東武鉄道SL大樹試運転 復路 – 2

  次は、橋梁まわりで見下ろす場所はないかと探し回った結果、やや俯瞰する場所に決定。 だが橋梁が短か過ぎる上に、周囲の木々の葉が生い茂っているため、見通せる範囲がきわめて限られる。だが、雰囲気がよいので採用した。ここでも無煙と思っていたにも関わらず、ほどよい煙をはきながら姿を現した。

7t5a1125c

2017-6 東武鉄道

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

東武鉄道SL大樹試運転 往路 – 2

  前回紹介した場所で先着されている方に朝の往路の写真を拝見すると、驚愕の光景が・・・!煙を高く吹き上げ、周囲がわからなくなるほどの猛烈なドレン、いづれもこの運転区間ではあり得ないと言われ、そう信じてきた大迫力の光景を突きつけられた。これはいったいどこですか?!

そう・・・、次のポイントは、そのS字で瞬決したのは言うまでも無い。期待に胸を膨らませて待つこと2時間弱、奥のカ-ブから既に結構な頑張りようであり、シャッターをきるほどにその迫力は増すばかり、興奮しているとS字出口でシ-ンは最高潮に達したのであった。

7t5a1044c

7t5a1065c

7t5a1073c

7t5a1074c

7t5a1081c

2017-6 東武鉄道

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

東武鉄道SL大樹試運転 復路 – 1

一往復目の復路を捉えるべく、徒歩でロケハンしていると数人がかたまって構えている場所に行き当たった。聞けば、ここは基本的に煙は出ない、でも橋梁上の正面の構図が気に入っているから何度も来てしまうとか。確かに望遠でのぞいてみると、独特の雰囲気が漂っている。取り敢えずこの回はここと決めた。

7t5a0977c

7t5a0986c

7t5a0992c

2017-6 東武鉄道

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

東武鉄道SL大樹試運転 往路 – 1

試運転は、始まってから既に何度も行われておりながら、機会を捉えることが出来ずに悶々としていたが、ついにチャンスを掴むことができた。夏場の運転となっている上、地元への配慮から基本的に排煙は極力抑えることになっている条件と聞くゆえ、迫力ある姿を捉えることは難しいのは承知の上で訪れた。それゆえ煙に期待はしていなかったし、この時点はその通りだと認識し、その後起こる展開を予想だにしなかったのだ・・・。今回以降また複数回にわたって報告したい。

 今回は、撮影地も全くわからない状態で臨んだことから、まずは南側から順にロケハンを行いながら撮影することとした。まずは、この区間で特徴的な田園風景からスタ-トすることとした。この時は迫力を求めているわけではなく、のどかな風情を求めてポイントを決めた。

7t5a0935c

2017-6 東武鉄道

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧