執筆者Y・M

2016年1月26日 (火)

昭和64年正月の山口線

久しぶりに投稿いたします。

平成にかわる直前、昭和64年(1989年)正月の山口線初詣列車、上りの長門峡発車です。

当時はいい光線で撮れた場所ですが、現在は運転時刻が遅くなっているので、冬場は厳しいのかも知れません。

写真・文:YM

61_201601_01_19890102_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

EF66トップナンバー牽引の「スーパーライナー」

国鉄末期、東海道・山陽本線に「スーパーライナー」という高速貨物列車が登場し、ヘッドマークを付けたEF66が牽引しました。
写真は山陽本線海田市~向洋間で1987年3月に撮ったもので、牽引機はトップナンバーです。
文・写真:YM

61_201504_02a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

東急7600系

久しぶりに投稿いたします。
これは昨年の大晦日に撮った東急7600系、赤と黒の帯を外して「デビュー・スタイル」として走っていた時のものです。
これが走っていた頃、池上線沿線の人手はなかなかのものでした。
写真・文:YM

61_201504_01a_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

「駅 Station」号

皆様、ご無沙汰しております。
Uさんが書かれていた、高倉 健主演映画の公開記念で1981年夏に全国行脚した、20系客車による臨時列車「駅 Station」号を撮影していたので、投稿します。
日本一周する行程の初日、EF65 1000番台牽引で東京駅を発ち、東海道本線を下っていくところです。大井町~大森にて。
文・写真:YM

61_201411_01

61_201411_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

鶴見線旧型国電の最後

皆様ご無沙汰しております。久しぶりに投稿させて頂きます。
写真は今から34年前の昨日、昭和55年1月20日、鶴見線の弁天橋電車区で撮影したものです(ぴったり同じ日に投稿するつもりが、忘れて1日遅れてしまいました)。
この日は鶴見線でクモハ73系旧型国電のお別れ列車が走りました。
運転前の弁天橋電車区はこんな具合の大賑わいでしたが、特に入場や撮影が規制されることもなく、かなり平和に撮影できたように記憶しています。
見覚えのある方々の姿もあります。
確か、これで東京近辺のクモハ73系全廃になったと思いますが、その後も大川支線のクモハ12が長く残るとは意外でした。 文・写真:YM

61_201401_01_r_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

往年の東横線

ご無沙汰しております。

東急東横線と地下鉄副都心線の乗り入れ開始と、それにともなう渋谷駅の移転で大騒ぎとなりましたが、東横線というと上りが「渋谷行き」、下りが「桜木町行き」でないと気分が出ません。

写真は「よき時代の東横線」、7000系8両編成の下り急行です。方向幕は白地の「桜木町」で、赤いサボがちょっと傾いているところが、あの頃のイメージによく合います。

1979年4月、都立大学~自由が丘間で撮影。左のずっと奥には、営団3000系がかすかに見えます。

文・写真:YM

201303_042_b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

城端線のDE10

UさんがDE10のことを話題にされたので、久しぶりに投稿いたします。

昭和58年5月に撮影した城端線のDE10牽引普通列車です。この時は石川植樹祭で七尾線にDE10重連牽引のお召列車が走り、何日か滞在していました。その間、「空き」の日ができて暇になったので、まだ足を踏み入れたことがなかった富山県(当時、まだ行ったことのなかった都道府県は富山と沖縄を残すのみでした)へ行ったのでした。

とりあえず富山県に入ったので目的な達成したのですが、せっかくだから何か撮ろうということで、城端線を訪ねました。という具合に全然積極性のない撮影で、一切の予備知識もなかったのですが、日本らしい風景の場所が簡単に見つかってよかったです。

このように当時当たり前だった茶色と青が混ざった編成が、今でも大井川鐵道で見られるのは大変ありがたいです。 写真・文:YM

201302_020b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

57.11ダイヤ改正

ご無沙汰しております。

国鉄の頃は大規模はダイヤ改正が時々ありました。僕の場合、43.10の時はまだ小学校に入る前で全く記憶がなく、山陽新幹線全通にともなう50.3の改正は、関東においてはそれほど大きなインパクトも感じませんでした。
それで、記憶に残る最も大きなダイヤ改正といえるのが、東北・上越新幹線開業にともなう57.11。上野を発着する優等列車の大半が一夜にしてなくなるのですから、大変な騒ぎでした。近年、1本のブルトレがなくなることで話題になるのとは、全くスケールが違います。

そんな57.11ダイヤ改正の前日、つまり在来線優等列車群の最終日の写真を1点投稿します。下り「とき23号」と下り「はくたか3号」の並びです。前者は181系使用列車のラスト(このあと、183系の「とき」がまだ発車します)、後者は「はくたか」下りのラスト。

最近の出来事という印象が強いのですが、実は今からちょうど30年前のことなんですね。 文・写真:YM

201211_005a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

東急の名車7000系

先日Uさんから教えて頂いて知ったのですが、現在東急7700系で赤帯を外してオリジナルに近い姿にしたものが走っているそうですね。僕の地元、池上線の定期運用に入っているので、是非撮影したいと思っています。
 さて、この7700系というのは、日本初のオールステンレスカーである7000系を種車に、VVVF化や冷房化などの改造をしたものです。で、種車の7000系は登場が1962年だったので、今年で50周年です。
 今回の赤帯外しは池上線蒲田~池上間開業90周年記念でやっているのですが、実は今年は7000系にとってもアニバーサリーなのであります。

その7000系が最も華やかだったのは、やはり東横線の急行運用でしょう。当初は6連でしたが、1970年代に入って8連化され一段と魅力的になりました。ということで、そんな7000系の名場面?の写真を投稿します。

201204_008_2

1979年6月、学芸大学駅での撮影です。「急行」の表示は、やはり方向幕よりもサボがいいです。東横線では、20m級で冷房化された8000系が投入されてからも、長い間18m級非冷房の7000系が急行の主力でした。
 。「桜木町」という行先表示も、今となっては懐かしいです。そして、間もなく東横線と地下鉄副都心線の乗り入れもはじまり、上り列車の「渋谷」の行先表示も見られなくなります。便利になるのは大変いいことですが、さびしくも感じますね。

本ブログのメンバーのうちの多くの方と、近々集まれることになりました。とても楽しみです。 文・写真 YM

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

近所の撮影地

うちの近所、徒歩90秒ほどの所に東急池上線の踏切があります。現在の自宅に住むようになって丸6年以上の間、100回以上その踏切を歩いて渡っています。で、今年に入ってから、「季節によってはその踏切の脇から、夕方の下り電車が良い光線で撮れるのでは?」ということに気づきました(6年もの間、全然気づかなかったであります)。以来、夕方の日の向きを気にしていたのですが、そろそろ良い角度になってきたので、昨日試しに撮ってみました。これがその写真です。

201203_001_2

時刻は16:27。レンズの画角は35mmサイズ換算で560mm相当です。手持ちで撮影したのですが、恐ろしい強風で体が大きく揺さぶられ、構図が全然定まらずに変な具合になりました。とりあえず、トリミングせずに貼ります。自宅を出るの少々遅く、最初にこの写真を撮った時点で、側面に少し建物の影がかかっています。1本か2本前あたりがベストな光線だったのではないでしょうか。で、この写真のから6分後に来る次の電車では、前面に大きく建物の影がかかっていました。長いレンズで迫力ある写真をものにされているUさんに刺激され、こんなことをやってみたのですが、なかなか面白いです。日が高くなる前に、7700系や7600系もここで撮っておきたいです。 文・写真:YM

| | コメント (4) | トラックバック (0)