鉄道

2017年11月24日 (金)

サロンEX「そよかぜ」

けっきょく、22日に行われたEH500とE26系「カシオペア」客車の試運転を撮影に行ってきた。正直に言えば、あまり魅力的な被写体ではなかったのだが、行ったら行ったで面白かったというのが感想。往路は何とか影も出るような薄曇りだったから、福島、宮城県境付近まで足を伸ばした甲斐があったというもの。長いレンズを持たずに新幹線とレンタカーを使ったおかげで、19時すぎには帰宅できたから体力を消耗しなかったことも体に優しかった。

朝6時20分、東京駅発の「やまびこ」で現地入りしたのが、下り列車がギリギリ順光になる可能性もある場所。その先のカーブは晴れれば確実に機関車の正面にも日が当たるが、客車にはロープがかかってしまうから、編成重視でその手前の、線間にロープのない直線を目指した。いくら前面に日が当たるとは言え関心のない機関車だし、わざわざ遠出してまでそんな写真はご免こうむりたい。一緒に行ったH氏ともすぐに意見が一致したのは、互いの考え方をよく知っている長い付き合いの間柄としては当然だった。

意外だったのは9時前、列車通過の4時間前に到着したのに一番乗りだったこと。注目の高い列車だから前夜から三脚が立てられていて、すでに立ち位置はないかもしれないという危ぐは杞憂だった。もう一つ、恵まれたのは次に来た方々がフレンドリーな人たちで、無線で列車の接近を聞き注意喚起してくれるなど、周囲へも配慮してくれるグループであったことだ。帰り際に簡単にお礼を申し上げたが、このブログを見て下さっているとしたら再度、謝意を伝えたい。

一方、相変わらずだったのが追いかけ組。都内や埼玉県内から何度も列車を追い抜いて通過直前にあたふたとやって来た連中だ。毎度のことだから、どうせ現れるだろうと予想していたが、人の後ろに入って、どんな体勢で撮影するのかなどと聞かれてもまともに答えるのがアホ臭い。ピンポイントでここに来て早くから待っている人間の後方に三脚を立てるなら、前にいる人間がどんな体勢で撮ろうとも自分で勝手にかわせば良い。こちらの知ったことではない。仮に前の人間が座って撮るつもりでいても、状況によっては立ち上がるかもしれないわけで、意地ましく何度も撮ろうという魂胆で追いかけて来るなら、思い通りのフレーミングにならなくとも、あるいは撮れなくても仕方がないとリスクも覚悟しておくべきだ。また、先にスタンバイしていた人に撮るときの体勢をたずねるのなら、それ相応の言葉遣いに気をつけるのがマナーなのに、昨日はそうでない方々も存在した。まあ、社会常識などに関してさまざまなレベルの人間が集まるのが趣味の世界だと割り切れば、無い物をねだっても不毛だが…。
追いかけ撮影そのものを否定するわけではないが、それをやるなら相応のマナーと覚悟をもって臨むべきだ。

ともあれ、機関車と客車の組み合わせを考えれば、何度も走る列車ではないから、満足し得る光線下で撮れたことを素直に喜びたい。なお29日には本番に沿った上野発16時50分、東仙台(信)着2時すぎのスジでもう1度、試運転が行われると聞いた。本番のバルブ撮影の下見には丁度良いだろう。

今回の写真は後日。

************************************************************************

1987年9月にK氏と撮影した「サロンエクスプレス そよかぜ」。もちろんパンタグラフなどを入れたコマもあるが、それを出すとヤバイ場所だから、ピントを追ってフレームアウトした画像を選んだ。この頃はオートフォーカスなどまだまだ発展途上で、マニュアルでピントを追っていた。若い方々は難しそうに感じるだろうが、長いレンズだと列車の動きもゆっくり見えるから意外と簡単だ。もちろん百発百中に近い現在のデジカメのAFと連写性能に太刀打ちできるものではなかったが、それでも手痛い失敗は滅多になかった。

(写真、文:U)Img1221

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

交流区間で「カシオペア」撮影

K・Mさんの記事、かつてそんな話があったことを思い出して懐かしい。ホント、EF58やEF15には個体差があって、そういった意味でも何かと好奇心をかき立てられたものだ。今の車両にもそんな規格外の、各現場特有の改造などが施されていれば面白いが、個性が重んじられる時代と言われながらも実際には真逆な没個性の現代において、まずあり得ないことなのだろう。そのときそのときの状況によって上層部の承認や決済を仰がず、現場の判断で手が加えられることを良しとした時代が面白かったと振り返るのは年を重ねた証拠だろうか。

****************************************************************************

そう言えば交流区間でEF81の「カシオペア」を撮ったのは初めて。今回はこれがメインではなかったが、ちょうど運転日と重なって撮影するチャンスに恵まれた。ただし天気には恵まれずISO4000で400分の1、F4という苦しさ。おかげでヘッドライトが広く滲んでバックの紅葉と混濁してしまった。朝、目を覚まして低い雲が空を覆っていたから結果は明らかでパスしようかとも考えたが、前日の夕方、下見をして手頃なカーブを見つけたこともあり、せっかく来たのだからと奮起した。

ビックリしたのは先客がいたこと。その後も2、3名いらしたが、ここは案外、知られた場所だったようだ。鉄道ファンの好む場所は同じようなポイントが多いのは当然ながら、牽引機も地味な98号機のうえ、天気も芳しくないとあれば、ちょっとした驚きではあった。

500ミリすら持参しなかった今回の旅、長いレンズがないとこんなに楽なのかと感じたが、後で写真を見ると天気のことを除外しても満足度は30%以下。もちろん超望遠レンズを使っていたらヘッドライトでゴースト、フレアだらけになっただろうが、やはりもっと長いタマで撮りたかったというのが正直な気持ち。持病の「超望遠症候群」とはこれからも末永く付き合うことになりそうだ。

(写真、文:U)

_dsc35093

【お願い】
よりオリジナルに近いクオリティで見ていただけるため
願わくば画像の上にポインターを持っていって右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただくことをお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

EF58の形態分類 特殊機EF5824

172両製造されたEF58、EF18も含めると総勢は175両になり様々な形態のバリエーションが発生していた。

誰でも知っている流線型への車体載せ替えや、大窓・小窓、原型窓・Hゴム化、パンタグラフ交換、窓上の庇やヘッドライトのシールドビーム化など枚挙にいとまがないほど。おそらく全く同じ形態のEF58は存在しなかったとは思うが、正直「では160番台の機関車を2両並べたら区別できるか」と問われるとかなりの難問ではある。

相当細かい分類も、まるで学術書のようにまとめられて雑誌などに発表されているが、ここでご紹介の24号機、あまり目立たない原型小窓の機関車で晩年は阪和線・紀勢本線で走っていた。ただ、よく見ると原型小窓といっても左右で微妙に形状が異なっていることがわかる。

向かって右側の窓は丸みを帯びたアールが付いている反面、左側は角にエッジが出ている。車体載せ替え組みなので、その製造過程で何かあったのか、載せ替え後の改造や事故復旧か何かの追加工事で差が出たのか、私にはわからないが、ほかの原型小窓機では見たことのない形態である。

(写真・文:K.M)

35n233001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

トライXの素晴らしさを再認識

先日来、続けてきた35ミリモノクロフィルムのスキャン作業もほぼ一段落。おおよその画像の取り込みを完了した。ブローニーの取り込みはまだまだ着手する気にはなれないが、取り込んだ画像を見てトライXの優秀性にあらためて舌を巻いている。もちろん昔からそのシャープさと万能性は熟知していたが、後年使用したT―MAXなどよりもメリハリ豊かな再現性に今さらながら驚愕した。

若い頃、細かな粒子の写真に憧れて中判のブロニカやペンタックス6×7を使用したが、毎度同じ画角のレンズによる撮影に飽き飽きして、2、3年ほどでさまざまなレンズが使える35ミリ一辺倒となったが、それもトライXがあってのこと。ネオパンや後に富士フィルムとコダックから発売されたプレストやT―MAXでは超望遠で撮っても軟調で迫力を感じなかった。トライXのコントラスの良さと超望遠レンズの世界がマッチしていたのだろう。

久しぶりにフィルムカメラにトライXを詰めて撮影したくなったが、値段を見たら1本¥1200ほどもする。ステンレスの現像タンクなども値上がりして¥5000近い。こんなことになるなら引き伸ばし機をはじめとする暗室用品を廃棄しなければ良かったと後悔しても後の祭りだ。

今回アップするのは1980年2月に根府川で撮影した荷物32列車のEF5847。買ったばかりのペンタックス6×7で大事な大窓機を撮るのが不安で、サブカメラのオリンパスOM2に85ミリを付けて撮影した。モータードライブもワインダーも付けず1コマ撮り。相模湾からの朝日がほど良く照らし鉄橋や架線柱、枕木を浮かび上がらせたが、これもトライXならではのトーン。カラーで撮るのも良いが、白黒写真の味わいも捨てがたいものだ。

(写真、文:U)

Img2231_4

【お願い】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にポインターを持っていって右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

ちょうど35年前の写真

今月は珍しくすでに2回ほど鉄道撮影をした。おなじみの「カシオペア」も撮ったが、それがメインではなく本命は別のもの。まだRAW現像ができていないので掲載はもう少し先になるが、超望遠レンズも使わない、自分の芸風とは少し異なるもの。年とともに体力が衰え、重い機材もそろそろ億劫に感じるようになってきた証しだろう。
週末にまとめて現像作業にかかろうと思う。

***************************************************************************

ニコンの高画素機D850を入手してしばらくたった社内の鉄道好きの友人に、使った感想を聞いた。彼は発売日に購入し、頻繁に使用してきたようだが期待していたほど、それまでのD810より画質が向上したように思えないと語っていた。

いろいろ聞いてみると原因はテレコンバーター。レンズ単体だと問題はないのに、1・7倍のテレコンを装着すると著しく画質が落ちると言う。D810クラスの画素だとテレコンによる画質低下は目立たなかったが、5000万画素に迫らんとするD850の場合、それを明確に感じるようだ。画質が良くなったせいで、返ってアラが目立つことになったのだろう。使っている2代前の大口径超望遠レンズに原因があるのか、散財した挙げ句、それに見合う満足感が得られていないのはもったいない。
購入前、彼にはもう少し使った人の感想などが聞こえてくるまで待った方が良いとアドバイスしたものの、品不足になるとの噂に惑わされて飛びついた。かつての自分もそうだったから気持ちは理解するが、ここまで画素数がアップすると弊害が出るケースも起こり得る。期待ほどではなく、近いうちにレンズも最新の製品に買い換えなくてはがまんならないとボヤいていた。
カメラの画素数だけ上がっても、それに対応してレンズも良いものにしなければ、性能が生かされないことを肝に銘じておかなければ「猫に小判」、宝の持ち腐れだ。

***************************************************************************

つまらないセレモニーの写真だが、すでに35年がたつのだと思うと感慨深い。写真の価値の一つである記録性を思えば、たかがテープカットや花束贈呈こそ後年、重要度が高まるということだ。

しかし「とき」の写真を撮ったときのことはあまり覚えてない。この後も上野駅13番線から発車していく特急列車があって、そちらの方が事実上「最後」となったために、本気モードになっていなかったように記憶している。

(写真、文:U)
Img3061_2
Img3051

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

EH500けん引の「カシオペア」のイメージ

前回に続いてJR30年列車の噂(本来なら「話題」と書きたかったが信憑性に欠ける話だから敢えて「噂」とする。個人的には「デマ」という気もしている)。鵜呑みにしないで欲しいが、上野発の記念列車(と言うより「記念ツアー列車」と呼ぶ方がふさわしいが)には「カシオペア」のマークではなく「祝 JR30周年」という看板が付けられるという内容だ。先日の私の駄文を見た友人が電話をくれて、撮影地でそんな噂を聞きかじったと報告をくれた。さらにEH500は仙台までで、その先をEF81に交代するもよう。そしてそのEF81にもそんなマークが付くのではないかとさえ彼は推量している。

その友人にこの件をブログに書いて良いかどうかたずねたところ、あくまでも噂ということなら、すでに広く流布されていることだから構わないと言う。そうだったのか、真偽はともかくとして知らずは自分だけだったのかもしれない。

せっかくの記念運行なのだから企業としてパブリッシングのために祝賀の看板が付いても不思議ではないが、相変わらずこの手のネタには尾ひれがつきまとう。にわかに信じられないものの本番に向け、こうやって盛り上がっていくのだろうからほほ笑ましい面もある。おかげでこれまであまり関心がなかった自分まで触発されそうだ。暇に身をゆだねて、下のような写真を合成してしまった。技術的に稚拙なことこの上ないが、イメージを想起するためにあえて掲載する。こんな列車が走ることになるのか。

マークがない方がヨーロッパ調で良いかも。

(写真、文:U)

_dsc2265
_dsc2265jr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

手軽な撮影地 平塚

Uさんご紹介の保土ヶ谷のカーブ、私もEF5853の銀河やEF5860のいなば紀伊を撮った記憶がある。

そして先般のDD51重連の上越線の撮影地、ここを見つけた十数年前当初は誰も来なかったが、その後、徐々に知れてきて複数の方が三脚を立てていたこともあった。もっとも相当な望遠レンズで一定のスキルが無いとまともなカットは撮れないので場所を見に来てすぐに帰って行く人がほとんどの状態ではあったが。

先般、DD200の試運転が東海道貨物線で行われ、偶々外出の日時が合ったので撮影出来ることになった。とはいえ最近の撮影地も全く判らず、東海道線に乗って沿線を下っていって遂に平塚まで来てしまった。何人かの先客が居たので多分撮れるのだろうと後方から人の隙間に望遠レンズを手持ちで構えた。

撮っているときは気づかなかったが、帰宅後にプリントを見て、なんか覚えのあるような雰囲気を感じ調べると、過去に何度か同じところで撮影していることがわかった。

1980年にここで撮ったのはEF5860の荷物列車やEH10の貨物列車。あれから37年、線路配置やバックのマンションに少し面影が残っている。

(写真・文:K.M)

Nnndd200

1980年3月25日 荷35レ

Nnn5860

Nnneh10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

保土ケ谷のカーブ

JR30周年で予定されているEH500けん引の「カシオペア」。本番は日没後の上野発16時50分で、明るい中での走行撮影は無理。それに上野のホーム先端は一般撮影者が閉め出されるかもしれず、大宮や郡山駅などにファンが殺到するはずで、ヘッドマークでも付けば混雑に拍車が掛かるだろう。列車そのものよりもJR東がどんな対策をとるのか興味深い。通過する駅にしても赤羽など、対向ホームの明かりで撮影できそうな駅にも、そこそこの数のファンが押しかけるのは必至。人身事故でも起きたら高い金を払うツアー客も後味が悪い。何事もなければ良いが。

また、ヘッドマークが準備されるとしたら、事前に現場で装着テストなどをするはず(あくまでも推測)。雑誌社や関係者がマークを付けたEH500の写真を撮るのだろうが、果たしてJRがどこまでファンに配慮するのかも見もの。ひょっとしたら広島工場公開の際にもヘッドマークを付けて列車を走らせるほどのJR貨物だから別途、何らかの機会を設けるのかもしれない。ただ、いつぞやのJR東日本・田端運転所の有料撮影会のように、雑誌社の取材に便乗した部内者らが内々で事前にお召し装備のEF8181を撮り、ファンには機会が与えられなかったような、おかしなことになれば不快に感じる人も多いだろう。
撮影時など諸々の場面でのトラブルを想定した場合、いっそヘッドマークなどない方が無難ではあるのだが、果たして?

**************************************************************************

好みを問われればこういうカーブの写真は好きじゃないが、保土ヶ谷のホームからのアングルは編成全体が傾いて悪くはなかった。画角は100~150ミリがピッタリ。EF5861撮影をふくめて2、3回行った記憶がある。

写真は1979年3月に撮影したEF58126(宮)牽引の荷物32列車。

Img7871_2

Img7881
(写真、文:U)

【ご注意】 アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にポインターを持っていって右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

DD51重連の旧型客車

今年は鉄道撮影をほとんどしていないに等しいが、それでも月に一遍程度は出かけている。先月14日は上越線でDD51重連の牽く旧型客車を撮った。天気が良ければ復路、撮りたい場所があったが、そこはよほど天候に恵まれなければ頭に描いたような写真をモノにできないから高崎からの往路のみ。その下りは曇天でないと正面に日が当たらないから、願わくば下りは曇り、上りは快晴という全くもってわがままな天気を望んでいたものの、そうは問屋が卸さない。昼過ぎには早々に帰宅していた。

下りを撮ったのはこれまでこのブログに何度もアップした場所。あえて地名は書かないが誰もが知っている所。ただし、自分の立ち位置はまずどなたも来ないからそれほど早く着かなくても問題はない。このポイントを探し当てたK・Mさんによれば、八木原や群馬総社で1回目を撮影してからここに来ても、いつも誰もいないとおっしゃっていた。

ただ、今回は5年ぶりだったから草や木が伸びていて撮れなくなっていたら別の場所に移らなければならないため、着いたのは列車通過2時間半ほど前。案の定、木や草が生い茂って目の前は塞がれていた。それらを除去すること約1時間。どうにか視界が広がってここに腰を据えることが可能になった。小雨が降る中、機材をセット、パンタグラフの高さを考慮しないですむから、いつもより画角を長めにして構えると架線も写らない。

先頭はお召し機842。ヘッドマークもなく、おあつらえ向きな姿なのだが、北海道の青いDD51を見慣れてしまった目にはどうにも物足りなさが残る。しかも重連だというのに牽いている客車はたったの5両。あれこれ文句を言っても仕方がないのだが「ウーン…」という感じだ。

この列車の撮影にH氏が来ていたのは後で知った。彼はもう少し水上寄りで撮影したようだが、果たしてどんな感想を抱いただろう。

(写真、文:U)

_dsc34462_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

「さちかぜ」のマークを付けたEF5861

このブログの容量もそろそろ限界に差しかかった。そこで、容量を使い果たして別途、新たなブログを立ち上げようと、このところ続けざまに記事を書いているが、そうしてみるとリミットまではなかなか遠い。大人気ないのでガツガツしないで、もっとゆったりしたペースで更新しようと考え直すことにした。

**************************************************************************

先日、あちこちのブログやSNSを見ていたら、JR30周年記念で運転される「カシオペア」のEH500による試運転が今月下旬に2回行われると書かれていた。皆さん、ホントよく知っているのに感心してしまう。EH500としては初の牽引だから試運転があるのは当然だが、撮影可能時間帯に行われる機会もあるようで、真偽はともかく、中には詳細な時刻まで記されているものまであり、多くのファンが楽しみにしている様子がひしひしと伝わってくる。

同じ頃、山口線でもC571とD51200の重連があるとか。きっとこちらにも多くの方々が行かれるのだろう。架線のない山口線でC56160よりも大きなD51とC57が組めば、なかなかの迫力になるのは間違いない。JR東のSLよりも煙の期待が高いから何人かの知人も出向かれる様子。トラブルなく良い写真が撮れることを祈る。

ともに残り少なくなった2017年の大きな話題になりそうだ。

**************************************************************************

通勤に利用している東急田園都市線、このところ以前にも増して頻繁に列車がストップし遅延する。昨日も市が尾~江田で電車が止まり起動できなくなって、帰宅時に横浜市営地下鉄の振り替え輸送を使った。

先月の三軒茶屋駅構内での停電、用賀駅、あざみ野駅での発煙騒ぎと、このところアクシデントは枚挙にいとまがない。もはや東急としてもキリがないと考えたのか昨日の件などインフォメーションにも載せていないほど(2日午前11時半現在)。加えて渋谷駅では職員が拾得物のPASMOで物品を購入し懲戒解雇となったり、他人の写真を広報資料に無断借用するなどの不祥事が続いているのだから開いた口がふさがらない。

運賃の値上げもなかなかできない現状、設備投資もままならず、ラッシュ時の定時運行など夢物語なのだろうが、毎朝聞かされる列車遅延の車内放送もそろそろテープで流した方が合理的とも感じるほど誠意が込められず、謝られると返って怒りが増幅してしまうようになってきている。

**************************************************************************

1987年夏に高崎運転所で行われた「茶色の機関車大集合」とかいうイベントで撮影したEF5861。記憶を辿れば61号機はこのイベントのために展示されたのではなく、たまたま臨時の「そよかぜ」を牽いて高崎に来ていたようだ。
その61号機に「さちかぜ」という、かつて1年間だけ東京~長崎で運転された列車のヘッドマークが取り付けられた。果たしてこの列車を61号機が牽いたことがあるのかどうか知るよしもないが、博物館以外でこのマークを見たのは初のことだった。調べてみたらJRになった後のイベントでEF65PFがこのマークを付けて走ったようだが、そんなものは撮っていないからたった1枚きりの写真。
現場の配慮で61号機を撮ることができたわけだが、留置された場所が緩いカーブの線路上。そのため正面から撮影すると車体と台車回りが微妙にずれてしまい唯一、それだけが残念だった。

(写真、文:U)
Img2741

Img2732

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧