鉄道

2017年6月18日 (日)

EF81133牽引 カシオペア返却回送

この週末のカシオペア紀行は、133号機の登板なのによりによって金曜出発では手も足も出せず、仕方なく回送を狙いに、またもやなんとかの一つ覚えで、2時半起きして朝練敢行。とは言え、日曜日なので先週のような出勤の憂鬱さもなく、また天候もどうせ曇りと最初から覚悟していましたので、気持ちの面では大分楽ちんでした。ちょっと気になるポイントがあったので、行田・吹上あたりまで出かけて先にロケハンしたものの、望遠狙いではどうもすっきりせず、急遽引き返してかつては「あけぼの」をさんざん狙った宮原のポイントへ。意外に先客様の数は少なく、またハイビームを食らうこともなく、無事朝練終了しました。惜しむらくは、前面の鼻筋の中心線が曇りのせいで出ず、やや間の抜けた顔に見えることですが、まあ久しぶりの133号機だったので満足して帰ってきました。HMがなくても、さすがに12両の長大編成の客車を牽引するEF81は見ごたえ十分ですね。ご一緒させていただきました皆さま、お疲れさまでした。(写真・文:T

Dsc_56201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

EF8180牽引カシオペア紀行

梅雨の合間で晴れの天気予報だったので、Hさんを少しは見習ってカシオペアを撮りに出撃してきました。とは言え、10日(土)の下りも12日(月)の上りも、実際には曇ってしまって撃沈しました。10日(土)の下りは、大宮以南は目ぼしいポイントも撮りつくした感があったのと、せっかく長時間待って被りも勘弁して欲しかったので、ちょっと足を伸ばして以前から来てみたかったポイントへ。しかし、意に反して太陽は直前に雲に隠れてしまい、ガッカリ。一方、12日(月)の上りも、奮起して2時半起きの上、出勤前の朝練を試みましたが、途中ではまさかの土砂降りの雨。現地に到着しても、結局厚い雲に阻まれ、極め付きは嫌がらせのようなハイビーム。すっかり意気消沈して、車をドロップしてから電車で会社に向かったのでした。現地でご一緒させていただきました皆様、お疲れさまでした。(写真・文:T

Dsc_54851_3

Dsc_55582_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

総武本線開業120周年記念号

Uさん同様、相変わらず、このまま以前の鉄ちゃん休業状態になりかねないくらい出撃できていませんが、先週は千葉県内でのイベントということもあって、恐る恐る総武本線まで行ってきました。土地勘もあまりなかったのですが、最近はGoogle Mapの航空写真とストリートビューでほぼドンピシャで事前のロケハンはできますね。今回も、成東~松尾かこの辺りと、適当に当てずっぽうで行ったら、2時間前でもかなりの方々が既にスタンバイされておられました。以前は、DE10のためにわざわざ出撃することなんかまずあり得なかったのですが、今ではDE1012系なんて、貴重になってしまい隔世の感があります。そもそも機関車が牽引する客車列車というもの自体が、全国的に貴重な訳で、時代の変化を思い知らされます。それにしても、Hさんのご活躍ぶりは、北に西に、それに早朝から躊躇うことなく足繁く出撃されており、見習わなくてはなりません。(ずっと、お仕事一筋だったのに、どうしちゃったの?)確かに、35系新製車は、徹底したこだわりが感じられ、細部にわたってワクワクしますね。これなら、老朽化を理由に多数廃車にされてしまった2425形なんかも、なんちゃって新製したら結構インパックトはあるんじゃないですかね。ついつい、妄想が広がってしまいます。(写真・文:T

Dsc_53191

Dsc_53322

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

陸中大橋発車のC58

蒸気機関車から甲種回送などまで、H氏のバイタリティには脱帽するが、自分はと言うと相変わらずのていたらく。このままだと梅雨に入ってカメラにカビでも生えてきそうな状況で、いよいよ防湿庫でも買わなくてはならなくなりそうだ。

それでも先日、何か面白そうなネタがないかと書店に鉄道雑誌を見に行ったのだが、自分の琴線に触れるような話題もなく本は買わずに帰ってきた。どの雑誌も撮影対象となるような車両が減って無理矢理、記事を作っている感も否めず、鉄道趣味に於いて「列車撮影」というジャンルが廃れていく気配も漂う。店頭に積まれた本は買う人も減ったのか、発売日から一週間経ってもかなりの量が売れ残っていた。売り上げに協力もしていない自分が余計な心配をしても仕方がないのだが鉄道雑誌業界もこの先、どうなっていくのだろうか?

**************************************************************************

H氏がはるばる足を伸ばして撮影してきた35系4000番台客車(倉敷での撮影か?)、旧国鉄時代のオハ35系を模したもののようで古いファンには懐かしいデザイン。われわれの世代としても派手な塗装をまとった昨今の車両よりもはるかにマシに見える。この「なんちゃってオハ35系」、山口線でD51に牽かれれば、それなりに注目を得るだろうが、個人的にはD51だけではなくDD51などにも牽引して欲しいものだと期待してしまう。実際、DD51が牽く「DLやまぐち号」として走ってもじゅうぶん集客できるだろう。

それにしても今になって旧型客車を模した客車を製造するくらいなら、そもそも旧型客車自体を淘汰せずに残しておけば良かったものをと思えてしまうのは自分だけだろうか。
JR西日本は京都の鉄道博物館にEF66を展示するにあたり、下関でブルトレの牽引に活躍していたEF66を廃車しながら、JR貨物からわざわざ同じEF66を購入したと聞いたが、やることがどうもチグハグな気がしてならない。

**************************************************************************

4月に撮ったC58の流し撮り。発車では面白みがないのでスローシャッターで流したが、発車直後のため速度が出ない。25分の1でもロッドや動輪のブレはこの程度。

(写真、文:U)

_dsc38293

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

EF8197牽引カシオペア紀行

本当に久しぶりに線路端に立ちました。本来は、朝のDLもおかを撮りに水戸線まで行こうかと企てていましたが、早朝の北関東は小雨模様だったので急遽パス。天気も回復したので、午後のカシオペア紀行だけは出撃してきました。Hさんの相変わらずのアクティブな動きには脱帽するばかりです。小生はGW以降、デルタとユナイテッドの747-400狙いで成田空港には3回ほど出撃してきましたが、鉄道の方は本当にご無沙汰です。土讃線に入線したサロンカー土佐路にも行きたかったのですが、ここのところ会社のキャンペーン中なので土日出勤や地方出張もあり、一方で自分の目の調子も芳しくなく、なかなか自分の時間がとれませんでした。今日は危うく被りそうになった以外、線路端でのんびりと土曜日の午後を過ごすことができました。それにしても、今年に入ってからの出撃回数は本当に数えるほどで、困ったものです。オマケの画像は、同じく97号機牽引の325日のカシオペア紀行です。田端のEF81も、定期運用がなくなり余剰感が否めず、139号機の投入後、97号機あたりの去就が注目されるところですね。(写真・文:T

Dsc_52001

Dsc_30491

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

まだまだ…

まだまだ撮影に出向くヒマはないが、それでも昨日は書店に立ち寄る時間があったから「鉄道ダイヤ情報」に目を通してはみた。しかしやはりというか予想通り、掲載されている情報に、心が動かされるものはなかった。ちょっと目が止まったのはDE10に12系客車を牽かせる「総武本線開業120周年記念号」ぐらいか。それとて、昔はそんな列車などに目を向けなかった自分がノコノコ参戦するのは今さらの感も。ヘッドマーク1枚で集客するJRのお手軽商法に乗っかって忙中、房総半島の奥地まで行く気力は起きないだろう。

身内の死をきっかけに、なかなか撮影に出かけられない現状だが、このまま線路から離れる事になりそうな気配が濃厚になってきた。

(写真、文:U)

_dsc10831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

久々に

先月20日、入院中だった実母が急逝し諸事で慌ただしい。今月下旬には納骨もあるし、その前の週には義父の一周期も控えている。鉄道撮影どころではないものの、ブログをH氏に任せっきりにしてしまったこともあり、久しぶりに先月11日に撮影した釜石線のC58239をアップする。

4月とはいえ東北はまだ桜が開花する前で、この日は気温も低く、長いレンズを使っても陽炎の不安はなかった。現役時代の蒸気機関車を少しでも知っている身としては、ヘッドマークなどない姿が当たり前に見えるが、今の方々はマークが付いていることを望むのだろうか?

(写真、文:U)

_dsc15324_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

釜石線初訪問

年齢相応に身辺慌ただしくブログに参戦できない。取り急ぎH氏のガイドで撮れた11日の写真をアップしておきたい。今流行の安っぽい言葉である「爆煙」にはほど遠いが、明日29日は仲間のみんなが渋谷で集まるというのに、手ぶらじゃ顔を出せないから、ありきたりの写真だが出席原稿としたい。ただし、ここでの本命のカットはこの後、直線からカーブに差し掛かる場面だ。

当日、ご案内いただいたHさん、ありがとう!

(写真:U)

_dsc15121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

変わった電車たち

またまた「ついで撮影」の駄作を並べる。これらが何なのか、調べることもせずに申し訳ないが、今となっては、何となく風情のある車両たちというのが正直なところ。1982~4年あたりに静岡に居た時のネガなので、最初の2枚は多分静岡鉄道の車庫(長沼?)、もう一枚は飯田線のどこか(中部天竜?)だと推測。

(写真・文:K.M)

35n461087

35n461088

35n474044

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

新幹線お召し

40年以上も撮影をしていると、撮った事を忘れているカットが多い、、、というか、量的には逆に覚えているほうが少なく、記憶に残る印象的な写真はごく一部といったほうが正しいかもしれない。

そして、初めてフィルムのデジタル化を開始してから10年近くが経過すると、今度はスキャンしていたことを忘れている写真が多くなってくる。ただ、幸いにもデジタル化したものはパソコン上で一覧で見られるので、その意味ではネガフォルダーやアルバム(もちろん紙ベースのもの)を捲るよりははるかに便利にはなっている。

この東京駅での新幹線(当時は0(ゼロ)系・・・などと言わなくても全て0系だった)のお召しもその一つ。

まだ先頭にお召し識別用の帯を付けていたころのもの。乗務員の点呼の姿は今も昔もあまり変わらないが、今はホーム上ではやっていないのではないかと思う。

(写真・文:K.M)

35n481022

35n481028

35n481025

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧