鉄道

2017年2月21日 (火)

北海道行き最終カシオペアの機関車に変更?

北海道で「カシオペア」を撮ってきた。以前、書いたように今回は初めて500ミリを持参せず、いつもより少し軽めの携行品。年を取ってきたこともあって、こういう旅に慣れてしまいそうで怖いが、実際に長いレンズ1本減るだけでこれほど楽なのかと思ったのは正直な感想だ。

今回は大沼プリンスホテルに宿泊したため街中の居酒屋に繰り出せないから、夕食は部屋で取ることにして、函館市内の鮮魚店と寿司屋で刺身などを大量に買い込んでチェックインした。リゾートホテルのレストランで1人わびしく食事をするよりもマシだろう。
このホテル、昔はしばしばスキーなどで訪れたから懐かしさもひとしおだが、鉄道撮影で泊まるのは初めて。函館市内に泊まるよりも撮影地に近いことを考慮して選んだだけあって、予想どおり便利だった。

撮影の方も上々。有名な野田生~落部で初めて寝台列車を撮ったが、何とか狙い通りの絵になったようで1泊2日、25時間ほどの短い滞在だったが有意義な土日を過ごすことができた。

今週末も渡道予定。最後となればさらに大勢のファンが詰めかけるから、なるべくなら喧噪から距離を置きたい。まだどこで撮影するか決めかねているが友人も複数名駆け付けるから、楽しい旅行になるだろう。

広々とした北海道でこの先、客車列車が撮れなくなるのは寂しいが天気に恵まれることを期待している。

****************************************************************************

先日、「カシオペア」の北海道乗り入れ最終回の上野~青森間の牽引はEF8195号機の可能性が高いと書いたものの、その後どうやら田端のエース81号機に差し替わったらしい。事実だとしたら順当な措置かもしれないが、北海道内もDF200の1号機になればなどと勝手な妄想もふくらむ。

****************************************************************************

1月の北海道旅行から2種。
かつて足繁く通ったお気に入りのポイントで撮った「北斗」と貨物列車。長いレンズだからこそ撮ることができるアングルで、ここに行けばまず誰もいないから静かに撮影に臨む事が可能だった。

_dsc02931

_dsc02631

*************************************************************************

下は先週、会社帰りにたまたま乗り合わせた東京メトロ銀座線の01系ラッピング電車。
通常は表参道で銀座線から半蔵門線に乗り換えるが、この電車に出会ったために次駅、終点の渋谷まで乗車して浅草に折り返すシーンを後ろから撮影した。
思えば銀座線は幼稚園に通う頃から利用してきて途中、転勤などもあったが、計30年以上慣れ親しんだ路線。01系は就職してから登場した車両だが、もはやそれも引退となることを思えば、自分の定年もまもなくであることを再認識させられる。いつも鞄に入っているキヤノンのG10で撮ったお手軽写真。

この「くまモン」のラッピングは24日まで。3月12日にはラッピングを取り去った姿でお別れ運転が行われる。ただでさえ狭い渋谷駅の銀座線ホーム、現在工事中でもあり、当日は規制されることになりそうだ。

(写真、文:U)

Img_0068

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

EF8180牽引のカシオペア

北海道乗り入れの「カシオペア」も残り少なくなりましたね。ちょうど1週間前は、38度以上の高熱を発して4日間も寝込んでいましたが、なんとか復活できたので、先週末はちょっと近場に出向いてみました。かつては上り「あけぼの」を撮りに何度も通った通称ラオックス前も雑草に覆われてしまってからは随分足が遠のいてしまっていましたが、久しぶりに訪れると懐かしかったです。でも、手前のタイガーロープが目障りになってしまった上、アングル的にも意外に窮屈でした。(写真・文:T

Dsc_27662_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

北海道行き最終カシオペアは95号機か?

小学校から大学までの学生時代、身の回りにはいつも自分と同じような蒸気機関車ファンや鉄道ファンがいたが、今の会社にも鉄道好きな連中が少なからず存在する。そのほとんどは50代後半の自分より若い世代の人たち。休みの日にはカメラを手に頻繁に撮影に出かけているようで、そんなときに居合わせた同好者から聞きかじってくる情報を連絡してくれるのは嬉しい。もはや出撃頻度が低下して、今月などは今まで1度もカメラを手にしていない自分としては最近のニュースに接する数少ない機会だ。

ただしこの中には憶測とも思えるデマにも近い話も混じる。前にも書いた「カシオペア」の北海道最終日にDF200にマークが付くだとか、583系の最後の運転が「ニコニコ超会議号」になりそうだ…などなど。どこからそんな話が出ているか、ニュースソースを探っても根も葉もないものが混在する。
それでも「へぇ~」と耳を傾けてしまうのは何となく面白いし、本当にそうなれば自分も撮りに行くかもしれないと考えてしまう、いわゆる「鉄ちゃんの性(さが)」が刺激されるというわけだ。

先週末はこんな話を聞いた。
「カシオペア」の北海道行き最終となる今月最後の運転時、上野~青森の牽引はEF8195号機で、北海道内はDF200の1号機だというネタ。事の真偽はその時になれば分かるのだが、前者はともかく(と言うよりも、これはどうやら信憑性が高いらしい)、後者はかなり眉唾モノ。2月初めの「カシオペア」にDF200の、いわゆる前期型といわれる赤いスカートの4号機が充当され、それが最終日の1号機牽引のための試験的意味合いを兼ねたものだという、聞きようによってはまことしやか。DF200の前期型と後期型では出力の差があるから、DD51が重連で牽いていた列車を単機で牽くなら、より馬力の高い後期型が当てられていたものと思われるが、ここへきていきなり前期型4号機の登場と相成り、噂の元はそんなところから出たのだろう。

若い頃、団体列車などを撮りに行くとき、牽引に大窓のEF58が入るかどうか、ずいぶん気をもんだ思い出があるが、今や自分にとってそれほど魅力のある機関車は存在しない。牽引機が何であるにせよ、問題なのはむしろ撮影に行こうという気力が出るか出ないか。ネットなどで情報が豊富に飛び交う今の時代をありがたいとは感じるが、それに対応できる写欲、体力の減退の方が喫緊かつ重要な問題だ。

*************************************************************************

ニコンが新機種として予定していたDLの発売中止を発表した。先日のリストラのニュースに続く暗いニュース。ユーザーとしては気になるのも当然。

日経新聞が他社に先がけて書いたリストラの件、ニコンはいったん否定したが、けっきょくは早期希望退職を募ったところ想定以上に希望者が多く、そのためのコストがかさんだことも赤字拡大になったというわけだ。

先走った報道を当事者の企業が取り繕う事は間々あるが、最も問題なのは希望退職は良い人材もかなり流出するから、数年先にボディブローのように効いてくるかもしれないという懸念。この世界での開発力の差は命取り。はたして今回のリストラが東京五輪を控えたニコンにどのような影響をもたらすのだろうか。

デジタルカメラの、しかも高級機でブランドイメージを維持するなら、2020年東京五輪のタイミングで出るであろうD6から動画機能を省いて単価を下げ、報道関係に数を出すことも覚悟しなければなるまい。鉄道写真の大御所と崇められる某写真家が鉄道雑誌に見開きで載せた、家の近所で撮った動画から落としした労咳とも言える写真を見ても、あと3年でムービーからスチールに落とせる時代が来るとは思えない。ある程度の赤字を覚悟してもニコンは、東京五輪を自社の力量を再認識させるための宣伝の場として捉え、起死回生のきっかけにして欲しいと期待する。
そうでなければ、今や宇宙産業に投資を拡大している、あの嫌らしい中国の企業が、ニコンという軍事産業にも応用できるノウハウをもつ会社を買い取るなどという悪夢も生じかねない。

**************************************************************************

先月末の583系天理臨。しばらく前の記事に書いたように数年前にここでEF651118を撮ろうと行ったものの、遅れで日没となり引き揚げてきた場所だ。今回は583系の前面をペン画にしたくて、絵のお手本となる写真を撮るためにこのポイントを選んだ。

早朝、ここに来たのは初めてで、日の出直後の光は建物に遮られるタイイングも多く、薄日が当たったのは、思っていたよりも遠くの位置だった。

(写真、文:U)

_dsc05953

_dsc05692

下は本番前に来た臨貨。久しぶりに見たEF65PFはJR色とはいえ、そろそろ別れようと思っていた現在の女とのデート中に、昔の女に出くわしてしまったような新鮮さがあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

6年前、東浦和で

2011年3月に武蔵野線の東浦和付近で流した581系。
先月、北海道で撮影したDF200のカシオペアなどの写真は、まだ温存しておきたいから古い画像を漁って探し出した。もう6年も前の写真。

この日は早朝、日が上ったばかりの北浦和に「朝練」に出かけ、雪をまとった「あけぼの」が撮れたから気を良くして「居残り練習」を行った。初めての訪問地だが、すでに大勢のファンが構えていて、その輪に入るのが嫌だったから、サイドに回って流すことにした。バックに何もないから流し撮りの雰囲気が希薄で忘れ去られていた画像。早春というべき時期で花粉が多く、目をこすりながら撮影したのも懐かしい。

ことしもまもなくその季節が到来する。

(写真、文:U)

_dsc22163
上の写真が酷いので下はおまけ。

1612270515220662262080538633143795

20161227g0003100101000nsk


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

「造形村」のファントム

ここ数日、頭から離れないのがファントムの模型のこと。と言っても1月26日に記事にしたアシェット・コレクションズ・ジャパンの32分の1モデルではなくプラモデルとして発売された「造形村」というメーカーの製品。縮尺48分の1のモデルだ。
このメーカー、鉄道模型をかじっている方なら聞き覚えがあるだろう。以前、プラスティック製のDD54を16番で発売した京都の会社だ。航空機などのモデルはすでに何種類も出していて、好評を博しているといい、昨年暮れにF4Jファントムが新発売となった。
先月末、完成見本の写真を「モデルアート」という雑誌で見かけ、目を奪われたのがコトの発端。航空機には素人の自分が見てもなかなか良くできていて、当然のように欲しくなり入手を検討、以来10日間ほどはそのことばかり考えていた。まるでガキ。

で、どうなったかと言えば¥7500だから鉄道模型に比べれば懐の痛み具合は軽いものの、自分では完成まで持っていけそうもないという根本的な理由で断念。組み立てよりも塗装が難関で、とても歯が立つシロモノではない。プラモデルの完成度は塗装の巧拙で決まる。鉄道模型を少しかじった程度の自分では蒸気機関車のようにほぼ1色の塗装ならともかく、各部の塗り分けが複雑すぎてマスキングからして、とても無理。購入してもお蔵入りは目に見えているから賢明な判断をしたと言える。

ここまでは良かった。

ところが、それでもなお「モデルアート」の写真が頭から離れない。挙げ句、今度はこれを製作してくれる模型店があることを知ってしまったのだ。鉄道模型でもキットを精密に作ってくれる工房があるのだから当然と言えば当然だが、金属模型の工房よりも数は多く、どの店を選ぶかということに悩む羽目となった。

イイ年をしたオッサンが仕事そっちのけで、こんなことを書くのはみっともないことこの上ないが、もう定年も見えてきた今、恥もかき捨て。退職後はどうせ毎日、趣味や遊びのことばかり考えるしかなくなりそうだからこの期に及んで格好をつけても無駄。最後は家の近所の代行製作までしてくれる模型店で商品を購入、即オーダーしたのだった。

すでにほかの製品の注文が入っていて、工期は2カ月ほどだが完成は9月という。鉄道模型の特製品よりもかなり早いからビックリしたが、とにかくもう今から楽しみで仕方がない。マニアの目から見れば一部に欠点はあるようだが、ここしばらく頭の中はこの製品のことでいっぱいになっていたという、相変わらず愚かな日常を報告する次第。

************************************************************************

来週と再来週末は北海道。もちろん「カシオペア」撮影のためだ。
どこで狙うかは現段階で未定。ただし2回ともありきたりの場所にしようと思う。DD51時代のように何が何でも超望遠レンズで撮ろうという拘りはないから、来週などは自らの標準レンズである500ミリすら持参するのをやめて、北海道の海産物でもしこたま買って帰ろうかと考えているくらい。出発間際になって考え直すかもしれないが、DF200の「カシオペア」は先月の渡道で満足な絵が撮れた気になっているから、本当にそうなる可能性もなくはない。

DF200という機関車、自分にとって不思議な存在で、決して好みのスタイルではないのに、しばらく見ないとなぜか撮ってみたくなる。「カシオペア」の牽引も当初はそれほど関心がなかったが、一度撮影したらリピーターになってしまった。

(写真、文:U)

_dsc19562

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

同一車両、同一列車のすれ違い

先月の北海道旅行で撮れた副産物。
千歳到着後、レンタカーを借り、撮りたい列車もなく、取りあえず虎杖浜の海産物店に向かう途中で撮影した。「カシオペア」を撮るのは翌8日の朝で、この日はどうやって過ごそうかと逡巡していた。早めに宿に着いて酒を飲み出すのも不健康だし、久しぶりに183系「北斗」と貨物列車でも撮ろうとダイヤを確認したら、某区間で「北斗」同士がすれ違うことに気づいた。ダメで元々。どうせ時間つぶしのお気楽な撮影だからと、入手したばかりのカメラのテストを兼ねて待ち構えたらドンピシャ。同じ「北斗」のしかも同じ形式。こんなことは長いことこの趣味をかじってきても初めての経験。撮ろうと思って撮れるシーンではないだけに撮った自分も驚いた。
車両基地などで同じ車両が並ぶ写真は当たり前のように撮れるが、実際に走行している時の並びはなかなか撮れないから旅のスタートとしてはラッキーだった。

手持ちで、1コマ目を撮ってズームレンズを広角側にしながら2コマ目を追ったが、こういう時こそズームのありがたみが身に染みる。

(写真、文:U)
_dsc00171

_dsc00191

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

神保原の583系

あれこれあって先日の天理臨583系の現像がまだできていないが、2011年9月に撮影した古い画像をアップしたい。言わずとしれた高崎線の新町~神保原で撮ったもの。大阪のお仲間たちとD51とC61の重連で走る「SLみなかみ号」を撮りに出かけた日。水上での待ち合わせの前に行きがけの駄賃としてこの写真を撮った。何の団体だったか忘れてしまったが、神保原を7時30分ごろ通過するスジだった。小雨まじりの悪天候で、後になって回復していくのだが、このときは傘を差しながらカメラを構えた記憶がある。当然、この列車の前に通過する「あけぼの」も残っているが露出が上がらず、流し撮りせざるを得ない状況だった。

583系は側面を入れて撮るのも良かったが、前面を大きく入れて撮るのも同じように好き。その日そのときの気分でサイドから狙うか、正面方向からアップにするかを決めたものだ。今回の天理臨で本当に最後となるかどうかは知らないが、考えてみればよくぞ今まで国鉄時代の塗装のまま、走り続けたものだと感心している。

583系には昭和48年夏の蒸気機関車撮影のための北海道行きで、上野発16時半の「はつかり」で乗車しただけだが寝台の使用はなく、一度でよいから寝台を使って走る列車に乗ってみたかった。

それにしても電車の前面アップ(上の写真は後追いですが)というのはパンタグラフが入らないとサマになりません。けっきょくこの課題、その後もなかなか手をつけられずにいましたが、最後(と言われる)の天理臨で達成できたように思っています。

(写真、文:U)

_dsc39842

_dsc39751

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

画像が枯渇して…

アップする写真も尽きかけているので、18日の記事で予告したように1月3日の上り「カシオペア」の横位置の画像を掲載した。同じ時に撮った写真を複数回に分けて使うという姑息な手法だが、個人的にこの場所ではヨコで構える方が好き。複々線ゆえ、左右にうまく電車が絡んでくれることを期待しているためだ。

3日は下りの普通電車がうまい具合に発車し、それが遠のいたタイミングで「カシオペア」が狙いの位置に接近した。下手をすれば被る危険もあったわけだが、こういうタイミングは大好き。願わくば画面右手にも京浜東北線が絡んでくれればなお嬉しかったが、なかなかそうはいかない。これだけでも思惑に近いものが撮れたのだから良しとしなければ罰が当たる。

_dsc20684
27、28日は2日続けて撮影に出かけてきた。28日は前の記事でも書いたように天理臨に使われて秋田へ戻る583系。人の少ない(けっきょく自分1人だけだった)ポイントに狙いを定めて、特徴ある583系の前面部分をアップで撮ろうともくろんだ。満足できる現像ができたらアップするつもり。

さて、早いもので2017年が明けたと思ったらもう2月。いよいよ北海道行きの「カシオペア」も今月で最後となる。ヘッドマークの付かないDF200牽引とあってDD51時代よりもファンの姿は少ないようだが、またもやおかしな噂が飛び交っている。ここに記すとデマを煽る結果になりかねないが、耳にした人は多いはず。例によってファンの「願望」が根底にあるのだろうが、最終日のDF200にヘッドマークが付くなどという噂。ダイヤ改正が近づくと毎度のように出てくる話。2月の中旬から烏山線のキハ40にさよならのシールが掲示されるという話は信憑性が高いものの、他社の機関車が牽く「カシオペア」にそんな事はあるまい。

ほかにも天理臨が最後とされる583系のお別れ運転などという噂も聞こえてくるが、設定されれば撮影に行けば良いだけのこと。特に「カシオペア」の北海道最終日は、どちらにせよ自分は行くわけだから、マークが付こうと付くまいと構わないわけで、今から焦る必要はない。

しょせん鉄道趣味に関する情報など、本番が近づけば分かることが大半。早くから知っていようと、直前に察知しようと、それほどのアドバンテージなどない。知りたいのはその列車のダイヤなど撮影上、日の当たり具合などを確かめるための情報。そんな列車が設定されるというようなネタを早く知ったところで「それがどうした!」というだけのこと。日常生活に必須の話ならともかく、しょせんは趣味の範疇を超える一大事でもあるまい。

*************************************************************************

28日は久しぶりにI氏や、いつかお酒を飲みましょうと約束しながら果たせないままでいたKu氏、N氏とご一緒できて嬉しかった。相変わらずバイタリティみなぎるI氏が入ると宴席も盛り上がるし、今風の言葉で言えば「元気をもらえる」。昨秋の旅行にはお仕事の都合で来られなかったが、その寂寥を埋めて余りある時間を過ごすことができた。
Ku氏には仕事上の苦労話なども聞かせていただき、非常に有意義で、ついつい時間を忘れて夜明け近くまでお付き合いしていただいたが、またそのような機会を頂戴できればありがたい。
N氏とは同じ横浜にいながら、市内の片田舎に住む我が身としては、なかなか会う機会もなく、大変心苦しく感じていたが、これを機会にさらにお近づきになれれば光栄に思う。

機会をセットしてくれたAさん、記念写真を撮っていただいたOさんにも心から感謝するとともに 2次会でお会いしたOさん、Yさんともまたご一緒できる日を心待ちにしたい。
この趣味を続けてきて、このような方々と宴席を過ごせることをあらためて感謝したひとときだった。

(写真、文:U)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

583系

世間では583系が天理臨で最終運用との噂がもっぱらであり、真偽のほどはわからないものの、これまでも「あけぼの」にしろ「北斗星」にしろ、最後は信じられないほどあっけないものであったので、前夜は会社の宴席があり早起きできる自信はなかったのですが、何とか早起きして某所に行ってきました。早朝にもかかわらず、大勢のマニアの方も来られ、最終的にはかなりの人数になりました。だいぶ時間は経ってしまいましたが、昨年1210日の「わくわくドリーム号」の最終運用(?)の写真も載せておきます。この時は、寒風の吹く中、市川塩浜の駅にもものすごい人数の方々が群がっていました。たまたま望遠で抜けそうなポジションを見つけて撮影できましたが、駅撮りは色々な面で疲れますね。それにしても、583系のデザインの完成度は何度見ても素晴らしいと思います。実際に、「はつかり」「はくつる」等で何度も乗車もしましたが、電車の中でも最も大好きな車両のひとつでしたので、本当に最終なのであれば残念でなりません。さて、昨日は「カシオペア」もあったので、再度夕方に出撃。機材のおかげで明るそうに見えますが、実際にまだまだ結構暗かったです。しかも、京浜東北の北行が手前を抜けきったのがこの約2秒前。間一髪でした。いつものことですが、この場所はハラハラドキドキです。。(写真・文:T

Dsc_25621_2

Dsc_14461_2

Dsc_26481_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

ファントムの模型

これが最後の運転になるとの噂の真偽はともかく現在、関西に行っている583系は、秋田への復路、関東を通過するらしい。最後だから撮りに行くというわけではないが、その日はちょうど休みだし、天気予報が好転したこともあって、前の晩に深酒しなければ出かけてみたいとは思っている。どこで撮るのが良いのかまだ決めていないが、5年ほど前にまだ現役だったEF651118(レインボー塗装機)の工臨が走るということで行った場所が最有力。昔、電車の窓から見て、長いレンズが使えるのではないかと目星を付けていたのに、そのときは来るべき列車が大幅遅延して、後に予定もあったことから撮影を断念した経緯がある某所。おそらく滅多に人が来ないのではないかと思われるが、それよりも583系の復路のスジが明るい時間帯かどうかの方が気になる。まあ、ダメならダメで仕方ないが、先日の北海道旅行後にファインダーの清掃を終えたD5には良い被写体となりそうだ。

***************************************************************************

アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売された「週刊 航空自衛隊 F-4EJ改をつくる!」を定期購読することにした。毎週発売される、雑誌に付いている部品を組み立てて32分の1の模型を完成させていく仕組みになっているが、プラモデルのように塗装の必要がないのは楽。110回に渡って頒布され、全てのパーツが揃い完成にこぎ着けるまでには2年ほど掛かかって、その頃には定年を迎えているかもしれないという気の長い話だが、組み立ても簡単そうで徐々に作業できる点がありがたい。トータルで¥200000にも及びそうだが、一度に払う必要もないからどうにかなるだろう。
ただし途中で飽きたら全てがパーになるから、コツコツと時間を割いて作業することが肝心。自分の性格を考えると一抹の不安はあるが、完成した姿を思い描いて楽しみたい。

***************************************************************************

1月10日にアップした「カシオペアクルーズ」の後のコマ。ここまで引っ張ると間延びした感じになる。個人的には前にアップした2種の画像の方が絵的な迫力は上だと見ている。午後、順光になれば貨物列車にはこのくらいのシャッターチャンスが良いが、旅客列車にはイマイチ。まあ、それでも超望遠でここまで圧縮できるSカーブは少ないと思われるから、貴重な場所ではあるのだが。

(写真、文:U)

_dsc10002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧