« D51200復活記念重連運転 – 往路1 | トップページ | D51200復活記念重連運転 – 往路2 »

2018年2月24日 (土)

「北斗」の俯瞰撮影

3月のダイヤ改正で消える183系の「北斗」。今回の画像は豊浦の展望塔からお手軽に撮った2015年8月のもの。

いくら北海道といえども夏の日中はやはり暑い。未明に宿を出て朝の下り「北斗星」撮影後、夕方の上り列車まで特急や貨物列車を撮るのにあちこち動き回るのも億劫。豊浦の温泉施設「しおさい」でひと風呂浴びるのが良いが、そうすると風呂上がりに酒を飲みたくなってしまう。だからアルコールを控えて夕方まで過ごすのに、この展望塔は非常に都合が良かった。1階で食べ物は調達できるし、展望フロアは風が通って涼しく快適。何より眼下にはほど良いカーブがあって、通過する列車を俯瞰するにも低すぎず高すぎず持ってこいなのだから、ものぐさな身としては根が生えてしまうのも当たり前。本を読みつつ、列車が接近すると三脚にセットしたカメラで撮れば良い。平日はほとんど人も来ず、貸し切り状態なのも静かで良かった。

何度か行っているうちに、ここで夜行列車を撮りたくなったのは自然の成り行き。以前アップした「北斗星」は展望塔営業開始前に管理人さんの高岡さんに頼んで上がらせていただいて撮ったカットだ。
雪で道が閉ざされてしまう冬季は閉鎖されてしまうが、自分の足を使って俯瞰撮影などすることなどない自分にとっては貴重なアングルだった。

(写真、文:U)

_dsc96521

_dsc96523_2

_dsc96501

|

« D51200復活記念重連運転 – 往路1 | トップページ | D51200復活記念重連運転 – 往路2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「北斗」の俯瞰撮影:

« D51200復活記念重連運転 – 往路1 | トップページ | D51200復活記念重連運転 – 往路2 »