« EF64重連みなかみ復路 | トップページ | D51200復活デビュー – 往路1 »

2018年2月16日 (金)

下関駅の「あさかぜ」

相も変わらず遅延しまくりの田園都市線。毎朝毎晩、しっかりと確実にしっかりと遅れてくれる。もはや「確実に遅れる」という信頼性だけはゆるぎないものとなった。

ただ、昨日もそうだったが車内放送が耳障りなのが鬱陶しい。小田急が遅延してその振り替え輸送の影響で田園都市線に遅れが出ていることを、何度も何度もバカ丁寧に繰り返すから読書が妨げられる。陳謝しなくても遅延は毎朝の恒例行事だから唯々うるさいだけ。同じ駅間で2度も3度も同じ内容を繰り返し放送されても、ノロノロ運転の列車に乗っている身としてはイライラしてしまう。こういう事に気づかない車掌のレベルも困ったものだ。

もう、遅れることに関しては飼い慣らされてしまったが、最近はそういうことに気分が害されて仕方がない。こんな、相手のことをおもんばかれない奴が自分の部下だったら即、職場から追い出しちゃうんだけど。

***************************************************************************

1978年3月に下関駅で撮影したホームに入線する直前の「あさかぜ」。
当時の「あさかぜ」は博多行きと下関止まりの2本があったように記憶しているが、上りの下関始発の列車は高架線下にある下関運転所から上がってきて、いったん幡生側に進みバックでホームに入ったから、運転所から上がってきた直後にこんなシーンが見られた。荷物列車やほかの列車も同様でDF50やEF58の列車でもスッキリした編成写真が撮れた。晴れるとこの時間帯は逆光だったが、曇ることを期待して滞在先の博多から何度通ったことか。
手前のホームに列車が入る事が少ないのも助かったが、EF30やステンレスのEF81の貨物列車も撮れるのだから、1日いても飽きることのない駅のひとつだった。

(写真、文:U)

Img9551

【お願い】

よりオリジナルに近いクオリティで見ていただけるため願わくば画像の上にポインターを持っていって右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただくことをお勧めします。

|

« EF64重連みなかみ復路 | トップページ | D51200復活デビュー – 往路1 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/72921382

この記事へのトラックバック一覧です: 下関駅の「あさかぜ」:

« EF64重連みなかみ復路 | トップページ | D51200復活デビュー – 往路1 »