« 雪の東京 | トップページ | EF6627という機関車 »

2018年1月24日 (水)

EH10唯一のカラー写真

しばらく前、K・MさんがEH10のことを書いていらしたが、自分にとってこれが唯一の同機のカラー写真と思われる画像をスキャンしたのでアップする。1978年3月に岡山機関区でのもの。
EH10は試作機と言われる1から4号機はパンタグラフが車体中央にあって、5号機以降とはちょっと変わった形態。そのため岡山機関区で見かけたのを機にパンタを上げていただいた。このとき、自分はカメラにフィルムを入れ忘れていて直後に気づき、再度パンタを上げて撮らせてもらった。内心、恥ずかしい思いもあってお願いするのをためらったが、1,2号機はすでに吹田第2機関区で廃車前提の休車状態、とてもパンタを上げられるような状態ではなかったから無理を言った。曇天とはいえ遮る機関車もなく停車位置が良いことにも救われた。まさかこれが自分が撮影するたった1度のEH10のカラー写真になるとは思わなかったが、今になってみれば恥を忍んでお願いしたのが功を奏した。

機関区の訪問に際しては事前に往復はがきで日時を書いて返事を頂戴し、手みやげを持ってうかがったから無下にできなかったのかもしれないが、ご厚意にはとても感謝している。電気機関車よりもDE50やDD51が目当ての訪問だったのに、他区所属の機関車であるEH104ばかり撮っていたのが申し訳なくもあった。
振り返れば、色が地味だったことがこの機関車をカラーで撮影しなかった要因だったと思う。3号機も何とか撮影してはあるが、パンタの位置が分かりづらい正面がちのモノクロ走行写真ゆえまだスキャンしていない。

Img449_11
Img346

全機廃車になると分かってからもファンの注目度は低く地味に消えていったEH10。パンタグラフの位置が変わった量産機の写真もアップする。こちらは吹田第2機関区での撮影。

(写真、文:U)

【お願い】

よりオリジナルに近いクオリティで見ていただけるため願わくば画像の上にポインターを持っていって右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただくことをお勧めします。

 

|

« 雪の東京 | トップページ | EF6627という機関車 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EH10唯一のカラー写真:

« 雪の東京 | トップページ | EF6627という機関車 »