« 九州時代の写真③ | トップページ | 成田 初詣 »

2018年1月10日 (水)

EF6477お召列車

比較的穏やかな年末年始が過ぎ、気づけばこの10日間で出勤は1日(1月5日)のみ。その間、撮影は成田空港に4日間行ったがまだ線路端には立っていない。

正月に日章旗を見ると本能的にお召列車を連想してしまう。国鉄時代の末期、1986年10月に「国鉄最後のお召列車」が運転された。山梨県での国体に伴う運転で、往路は10月11日(土)に原宿から甲府までだったが悪天候で雨の中の撮影になった。

復路は10月14日、ちょうど鉄道記念日に大月から原宿までの運転で、大崎を12:15に出た回9505列車で大月まで送り込まれて、14:58に大月を出て原宿着が16:27のダイヤ。10月とはいえ陽の落ちるのも早くなってきていたので山の影が心配であったが、ぎりぎり機関車側面には光線が当たって、なんとか中央線らしいカットを記録することが出来た。

***

U様 コメントありがとうございます。EF5861の窓から漏れる橙色の暖かい光には癒されます。。。

(写真・文:K.M)

1986年10月14日 EF6477+1号編成

35n521122

|

« 九州時代の写真③ | トップページ | 成田 初詣 »

鉄道」カテゴリの記事

執筆者K・M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EF6477お召列車:

« 九州時代の写真③ | トップページ | 成田 初詣 »