« 数少ない大宮駅での写真 | トップページ | 東京駅9番線の61号機 »

2017年12月 2日 (土)

品川駅ホームのトイレとブルトレ

早くも師走。寒さが厳しさを増してきた。

冷えた朝、車の屋根を覆った霜を見ながら出勤する度、「今なお現役」という言葉が浮かぶ。言わずと知れた某鉄道雑誌の特集記事のタイトルだ。定年も近づいて「廃車」が迫ってきている我が身、まさにそんなフレーズが似合う。昨今の情勢では年金が出るまでもう少し仕事を続けることになりそう。だからそんな境遇を国鉄や大手私鉄から中小私鉄に引き取られた車両とダブらせてしまうし、気にもなってきた。時間をつくって、先日訪れたキハ104を保有した南部縦貫鉄道のような私鉄を訪ね歩いてみようかと考え始めている。

**************************************************************************

トラブルが頻発する田園都市線を避け、通勤に京浜東北線を利用する機会が増えた。そのたびに昔、よく撮影に訪れた品川駅を通るが先日、家に戻る途次、トイレに行きたくなって下車した。ホームの先端、横浜寄りにトイレがあることを思い出したからだ。もしかしたらもう撤去されてしまい、「エキナカ」の商店街にあるトイレまで階段をかけ上がらなければならないかと不安もよぎったが、幸い昔の場所に残っていたのはありがたかったし、それ以上に懐かしかった。

なぜかと言えば、そのトイレが写った写真が山ほどあるからだ。今回はその画像。今、まさに商店が並んでいるあたり、当時の団体待合室裏にある階段から撮影したもの。メインターゲットは同じ品川駅の別の場所で狙うEF58の荷物列車や臨時列車だったが、合間に上ってくるブルートレインを押さえるには都合の良いお手軽な場所で、写真の良し悪しを度外視すれば雨もしのげて重宝した。つまり、そこからの写真が多いのは、いかに自分がいい加減な姿勢でブルトレを撮影していたかが分かるという証でもある。生意気にも写真にトイレが入ってしまうことが不満であったくせに、あれから40年と半年、そのトイレにお世話になってしまった。「原点回帰」と言うのは少し違う表現かもしれないが用を足してスッキリした後、ちょっとした因縁を感じたものだ。

(写真、文・U)

Img5572

【お願い】
よりオリジナルに近いクオリティで見ていただけるため
願わくば画像の上にポインターを持っていって右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただくことをお勧めします。

|

« 数少ない大宮駅での写真 | トップページ | 東京駅9番線の61号機 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 品川駅ホームのトイレとブルトレ:

« 数少ない大宮駅での写真 | トップページ | 東京駅9番線の61号機 »