« 東京駅9番線の61号機 | トップページ | ニコンF2チタンで撮った3カット »

2017年12月 8日 (金)

「カシオペア」と「リゾートあすなろ」

EH500によるJR30周年記念ツアーの「カシオペア」は事故や大きなトラブルもなく運行され何より。ヘッドマークが付けられないことや撮影には不向きなダイヤだから思っていたよりもファンが集中しなかったのか、とにかくお祭り騒ぎとしては無事発車した。

反面、この手のイベントとしては地味だったとも言えるようで、盛り上がりに欠けた感は否めない。マスコミにもあまり取り上げられず、JRの全ての会社が連携したツアーの初っぱなを飾る列車だったことを思えば、外部から見てパブリッシングとして成功と評価して良いかどうかは微妙だ。そもそも30周年を祝うなら3月か4月に行うべき行事で、師走になってやるようでは時宜を逸したイメージもぬぐえない。わざわざ日の入りが早くなって走行写真が撮れなくなる12月に、最初から照準を合わせていたと勘ぐるのは考え過ぎかもしれないが、JRとしては撮影するファンなど度外視で、ツアーが満員御礼ならそれで良しなのだろう。

何が「30周年記念」なんだか。

*************************************************************************

先月4日に撮影した「カシオペア」。つまらない写真だが、最近はあまり撮影にも行っていないからネタが尽き、ついでに撮影したこんなものでもブログに活用するしかない。

11月21日にアップした写真の直後の画像で撮影後、ダイヤを見たらこの先の駅で30分ほど停車する。本来の目的である南部縦貫鉄道の撮影会は午後からの開始で時間が有り余ることもあって、もう一度撮ることにチャレンジしてみた。と言っても天気は悪いし機関車は取り立てて特徴のない98号機、間に合わなければ間に合わないで構わないと、途中でコンビニに寄って飲み物を買うなど、しゃかりきになって車を運転したわけではない。
偶然見つけたこの撮影地には誰もおらず、もう「カシオペア」は通過した後だと勘違いしたくらいだったが、近くの踏切が鳴り出し、遠くに赤い機関車が見えたから急いでカメラを構えた。
それにしてもこのあたりまで来るとファンの姿は少ない。偶然見つけた場所だから区間すら分からず、後で地図で調べたほど。晴れれば機関車の前面には光が当たらない場所と分かったが、曇りさえずれば撮影に向いていそうなポイントは数多ある。ファンの姿が一カ所に集中することが少ないのも納得できる。

下は前夜、たまたま遭遇した「リゾートあすなろ」とかいう列車。この手の列車には関心もないから、最初は第三セクターの車両かと思ったが、調べてみるとJRのものだった。

(写真、文:U)

_dsc35593

_dsc35652

_dsc34683

|

« 東京駅9番線の61号機 | トップページ | ニコンF2チタンで撮った3カット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「カシオペア」と「リゾートあすなろ」:

« 東京駅9番線の61号機 | トップページ | ニコンF2チタンで撮った3カット »