« EF5861の暖かい光 | トップページ | 30年前のEF5861成田臨 »

2017年12月31日 (日)

今さらながらEH500の「カシオペア」試運転

年末、体に不具合が出て、あれこれと検査が続いたために忘年会に顔を出すこともなく新年を迎えることとなる。2017年は母の死をはじめとしてさまざまなトラブルやアクシデントがあり、何かと辛い思いをした1年だった。良いこともあったが、年齢相応の諸々の問題が押し寄せたものだった。

ブログの方は師走になって書く気力が失せ、K・MさんやHさんのおかげでどうにか命脈を保つことができた。しかしK・M氏にしてもH氏にしても、まだまだお宝写真があるようで、来年はそういう写真もますます拝見したいと思う。

ところで自分は秋口、古いネガをスキャンしたら何本かのフィルムが激しいカーリングを起こしていて廃棄せざるを得ない羽目になったが、今後もこういう現象が出ることをお仲間の皆さんにお伝えしたい。幸い、廃棄したフィルムはそれほど重要なものではなかったが、定着処理が不足していたものはきわめて強い酸の臭いがして、それを再度水洗いしたらネガがぐちゃぐちゃになって半ば溶けたような状態になってしまった。いわゆる「ビネガーシンドローム」というやつだろうか。アイロンを掛けるなどして修復することも考えたが、それほどの手間を掛けるような被写体ではなかったためスッパリ諦めた。そんなわけで皆さんにもネガフィルムを早急に点検することをお勧めする。この傾向はフジ、サクラの国産フィルムに見られ、トライXなどコダックのフィルムには出ていなかったから、国産フィルムで撮った若い頃の現役蒸気機関車の写真こそ要注意だ。

とにかくK・M氏のように早いうちにネガのデジタル化をすることを強くお勧めする。それも一刻も早く!

_dsc42052
_dsc42301

11月21日のEH500による「カシオペア」客車の試運転。一脚で、もちろん1台のカメラでの撮影。機関車と客車の取り合わせだけが「売り」の列車ゆえ、記録重視で最も無難なアングルで撮影できる場所を選定した。

*************************************************************************

最後になりますが、お仲間の皆さん、そしていつも年賀状やメールを頂戴する方々等、私は今年も喪中で新年の挨拶を失礼させていただきますが、来年も皆様方のご健康をお祈りするとともに、今後もこれまで同様のお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

〈追伸〉K・Mさん、せっかく記事を更新してくださったのに上書きするような形となってしまった無礼を、どうかお許し下さい。

(写真、文:U)

|

« EF5861の暖かい光 | トップページ | 30年前のEF5861成田臨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

健康関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今さらながらEH500の「カシオペア」試運転:

« EF5861の暖かい光 | トップページ | 30年前のEF5861成田臨 »