« トライXの素晴らしさを再認識 | トップページ | 交流区間で「カシオペア」撮影 »

2017年11月19日 (日)

EF58の形態分類 特殊機EF5824

172両製造されたEF58、EF18も含めると総勢は175両になり様々な形態のバリエーションが発生していた。

誰でも知っている流線型への車体載せ替えや、大窓・小窓、原型窓・Hゴム化、パンタグラフ交換、窓上の庇やヘッドライトのシールドビーム化など枚挙にいとまがないほど。おそらく全く同じ形態のEF58は存在しなかったとは思うが、正直「では160番台の機関車を2両並べたら区別できるか」と問われるとかなりの難問ではある。

相当細かい分類も、まるで学術書のようにまとめられて雑誌などに発表されているが、ここでご紹介の24号機、あまり目立たない原型小窓の機関車で晩年は阪和線・紀勢本線で走っていた。ただ、よく見ると原型小窓といっても左右で微妙に形状が異なっていることがわかる。

向かって右側の窓は丸みを帯びたアールが付いている反面、左側は角にエッジが出ている。車体載せ替え組みなので、その製造過程で何かあったのか、載せ替え後の改造や事故復旧か何かの追加工事で差が出たのか、私にはわからないが、ほかの原型小窓機では見たことのない形態である。

(写真・文:K.M)

35n233001

|

« トライXの素晴らしさを再認識 | トップページ | 交流区間で「カシオペア」撮影 »

執筆者K・M」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/72255474

この記事へのトラックバック一覧です: EF58の形態分類 特殊機EF5824:

« トライXの素晴らしさを再認識 | トップページ | 交流区間で「カシオペア」撮影 »