« 保土ケ谷のカーブ | トップページ | EH500けん引の「カシオペア」のイメージ »

2017年11月12日 (日)

手軽な撮影地 平塚

Uさんご紹介の保土ヶ谷のカーブ、私もEF5853の銀河やEF5860のいなば紀伊を撮った記憶がある。

そして先般のDD51重連の上越線の撮影地、ここを見つけた十数年前当初は誰も来なかったが、その後、徐々に知れてきて複数の方が三脚を立てていたこともあった。もっとも相当な望遠レンズで一定のスキルが無いとまともなカットは撮れないので場所を見に来てすぐに帰って行く人がほとんどの状態ではあったが。

先般、DD200の試運転が東海道貨物線で行われ、偶々外出の日時が合ったので撮影出来ることになった。とはいえ最近の撮影地も全く判らず、東海道線に乗って沿線を下っていって遂に平塚まで来てしまった。何人かの先客が居たので多分撮れるのだろうと後方から人の隙間に望遠レンズを手持ちで構えた。

撮っているときは気づかなかったが、帰宅後にプリントを見て、なんか覚えのあるような雰囲気を感じ調べると、過去に何度か同じところで撮影していることがわかった。

1980年にここで撮ったのはEF5860の荷物列車やEH10の貨物列車。あれから37年、線路配置やバックのマンションに少し面影が残っている。

(写真・文:K.M)

Nnndd200

1980年3月25日 荷35レ

Nnn5860

Nnneh10

|

« 保土ケ谷のカーブ | トップページ | EH500けん引の「カシオペア」のイメージ »

鉄道」カテゴリの記事

執筆者K・M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手軽な撮影地 平塚:

« 保土ケ谷のカーブ | トップページ | EH500けん引の「カシオペア」のイメージ »