« 大森付近で撮影した2コマ | トップページ | 883系のお披露目会 »

2017年10月26日 (木)

特急機EF60501の2態

かねてからの噂通り、高崎のEF641001号機が国鉄色に戻されたらしい。「戻された」と言っても、茶色塗装の期間の方が圧倒的に長かったのだから、むしろ「国鉄色に塗り替えられた」と言うべきなのかもしれないが、とにかく今後はこの姿で活躍するのだろう。
どちらが好きかと聞かれれば茶塗装の方が好みだが、運転室窓のHゴムもグレーとなって僚機1052や1053とは違った魅力を発することだろう。

*************************************************************************

今回アップするのはかつてのブルトレけん引機EF60501。特急色で夜行寝台列車の先頭に立っていた時代を知らないが晩年、当時の塗り分けに戻されたためこうやって並べて掲載する事ができた。
ブルトレの運用をEF65500番台に譲って貨物列車用に転じた際、わざわざ貨物用の塗り分けが施されたのだが、後継機EF65500番台が貨物に使われるようになったときは特急色のままだった。なぜ方針が異なったかは知らないが、塗り分け一つでこうも印象が違うのが面白い。
東京機関区から浜松に転じ、八王子を経て高崎で保管されていたようだが解体されてしまったとか(コメントをお寄せいただいたPKRさまのご指摘により「碓井鉄道文化むら」に保存されていることが判明。失礼しました)。自分としてはヘッドライトが2灯のEF65よりも1灯のEF60の方が端正な顔立ちに見える。

(写真、文:U)

Img2721_4
Img2701

|

« 大森付近で撮影した2コマ | トップページ | 883系のお披露目会 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

EF60501は碓氷に保存展示してありますよ。
もっとも、雨ざらしなので本当の意味での保存とはほど遠いのですが。失礼致しました。

投稿: PKR | 2017年10月26日 (木) 14時37分

PKRさま、ご指摘ありがとうございました。迂闊でした。
「碓井鉄道文化むら」へは足を運んだこともなく、いつかは行きたいと思いつつ、なかなか機会がありません。ご指摘を受け、展示車両を調べてみたら、なかなか面白い車両が保存されているのですね。ただ、保存状態はあまり芳しいものではなさそうで心配です。蒸気機関車を保存している自治体も、当初こそ大事にしていたものの、最近では持て余して解体するケースもあり、保存車両のメンテナンス問題は今後、あちこちで話題になりそうですね。
後ほど記事の方も訂正しておきます。

投稿: U | 2017年10月27日 (金) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/72055610

この記事へのトラックバック一覧です: 特急機EF60501の2態:

« 大森付近で撮影した2コマ | トップページ | 883系のお披露目会 »