« 在りし日の岡山臨港鉄道 | トップページ | EF58の異端児 EF18 »

2017年10月 9日 (月)

初のお召し列車撮影

これが自分自身初のお召し列車の走行写真。
それ以前にお召し列車に関わったのは昭和47年5月に新潟植樹祭で走ったC571によるお召し列車。しかしこの時は「走り」を撮る余裕がなかった。と言うのも出張に行った父に同行し、新津機関区でC571が止まっているところを撮るのが時間的に精一杯。走る姿は父の仕事の関係で断念しなければならなかった。中学生になったばかりの下手なカメラワークではいずれにしてもろくなものは撮れなかっただろうから、無難に「止まり」のみ撮れただけでも良しとしている。

したがってこれが初のお召し列車撮影ということになる。まだ長野新幹線の開通する以前、1978年の長野国体の時のことだが、モノクロを手堅く押さえた後、リバーサルを詰めたもう1台のカメラを持って鉄橋のそばに走り寄り機関車だけを流し撮りした。
ただしメインはこの後、高崎第2機関区での停車シーン。仲間の方々とは知り合ったばかりの時代で、彼らはお召し装備のままのEF5861を撮った後、直ちにEF64区間へと転戦したが、こちらはそのまま居残って、せっかくの大窓を隠してしまう(目障りな)日の丸の旗を撤去してもらい形式写真を撮影した(だいぶ以前にアップした画像)。振り返れば、このときの写真が自分のEF5861の停車中の写真としては最もまともなカットになったと思う。

1978年10月13日のこと。ちょうど39年前になる。考えてみれば原宿宮廷ホームでの写真を除き、自分がアップするものとしては日の丸を掲げた初の61号機の写真になるのではないだろうか。

(写真、文:U)

Img7470
Img1061
下は任務終了後、単機で東京に戻る61号機。右側の電車で帰途に就いたら、本庄で抜かれた。

【ご注意】 アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にポインターを持っていって右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

|

« 在りし日の岡山臨港鉄道 | トップページ | EF58の異端児 EF18 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初のお召し列車撮影:

« 在りし日の岡山臨港鉄道 | トップページ | EF58の異端児 EF18 »