« DD13あれこれ | トップページ | 山手貨物線 »

2017年9月20日 (水)

久しぶりの鉄道模型店

先日、あるツールを入手しようと大井町の「モデルス・イモン」に行って久しぶりに各社の模型を眺めたら、Nゲージの蒸気機関車の精密度とスタイルが昔に比べて格段に向上していることに驚いた。Nゲージを買ったことはないが、昔の関水金属(いまのカトー)が出していたC50やC11しか知らない自分にとっては驚異的。メーカーもカトーだけではなく種類(形式)も多い。ワールド工芸などはそこそこの価格だが、金属製で北海道・寿都鉄道で活躍していた8100などまで出しているのだからブッたまげた。どんな年齢層に売れるのか興味は尽きないが、ほかにもC53など、蒸気機関車ブームが始まる遥か以前のものまで製品化されるというのだから凄いことだ。とにかくその豊富なディテールは昔、高嶺の花だったカツミの16番製品、シュパーブラインを凌ぐほど。模型店なのに、人間国宝が作った作品を展示している博物館のような有様だ。
もちろんもっと大きな16番やHO製品はさらに凄い。天賞堂の奈良運転所所属のD51や北海道のC57、イモン製のC57などは伝統工芸品的様相。価格も消費税込みで¥400000前後と高級デジタル一眼が買えてしまうプライスタグだが、ここまで作り込む必要があるのかとあきれ返りそうな緻密さ(イモンの製品はそこまでくどすぎず、ほどほどのところで実感的)。絶対数は少ないとは言えメーカーが市販する量産品ととらえれば正気の沙汰ではない。きっと天賞堂の主力は今後、もっと安価なダイキャストやプラ製品に移るのだろうが、そうした中、真鍮製が¥500000に手が届く状況を考えれば、これが最後の精密SLモデルとなる気配すら感じてしまう。
鉄道模型の、特にディテール面の充実ぶりに目を見はったひとときだった。

さて、こちらの関心はその天賞堂から発売予告が出ているC58。これまで同社は真鍮製のC58を3回発売してきたが、次なる製品は秩父鉄道や釜石線で走っている363号機や239号機と現役時代の関東や東北で活躍した5タイプ。その中で心が動いてしまったのが郡山工場式集煙装置を付けた山田線仕様。C58ファンとしても、こんなマニアックなものをよくもまあ売り出すことにしたものだと仰天した。以前、某工房に特製品としてこのタイプを製作していただいたが、メーカーが作るとは思いもよらなかったからこそのオーダーだった。おそらくベテランのSLファンでもこのスタイルのC58を見たことのある人は限られるはず。できれば未塗装で欲しいが、塗装済みでも良いかと検討に入った。

**************************************************************************

この夏は多くの方々が嘆くように「カシオペア」の運転日が天候に恵まれなかった。とりわけお召し牽引機のEF8181が充当された日は、わざわざ時間をつくって撮影に訪れた多くのファンを落胆させた。
現段階で11月下旬の秋田行きツアーまで発表されているが、今後は日の入りが早まって下り列車を撮るのも苦しい季節。ヘッドマークなしで回送されることが多い返却も早朝や夕方とあれば、線路がますます遠くなりそう。青森や盛岡付近まで撮影に出向くことも視野に入れなければならないのかも。写真は8月5日撮影。

(写真、文:U)

_dsc32412

|

« DD13あれこれ | トップページ | 山手貨物線 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの鉄道模型店:

« DD13あれこれ | トップページ | 山手貨物線 »