« ペンタックス67を買ったころ | トップページ | 紀勢本線DF50サヨナラ列車撮影紀行② »

2017年9月 9日 (土)

紀勢本線DF50サヨナラ列車撮影紀行

ペンタ67を購入して1ヶ月、UさんがアップされたDF50重連のサヨナラ列車を撮りに行ったことは鮮明に覚えているし、また当時の記録も細かに残している。どうやって行ったか、何があったか、、、などこのブログの中の内輪の想い出話として再度ご容赦いただきたい。

まず1980年2月29日(この年はうるう年)、東京駅から新幹線ひかり171号でUさん、Hさん、私の3人で名古屋入りしている。名古屋からは905Dで紀勢本線に入ったが、名古屋での乗り換え時間が相当あったので3人で喫茶店で時間を潰したとの記録。この時の名古屋駅ではEF641を「見た」らしい。。。

名古屋を定時で出た905Dには実は某I氏も乗っていたが、なぜ名古屋で会わなかったかというと某I氏はグリーン車に乗っていたという次第。日付も3月1日に変わり、新宮に早朝に到着し、Uさんコメントの「めはり寿司」で朝食を済ますが雨が強くなってきてくる。そんな中Tさんは新宮まで自家用車で到着されジョイン。

サヨナラ運転は定期の122列車で行われたが、朝の8時半頃から新宮構内でDF50にヘッドマークと旗が付いてのミニ撮影会も許された。

雨がひどいので122列車に乗車することとして一番前の客車に座席をキープ(但し機関車寄り2両はマニ36)。122列車は新宮駅を「蛍の光」が流れる中で定時発車。Uさんコメントのとおり、途中の熊野市・新鹿で停車中を撮影し、その後4Dに乗り換えて先行し多気へ。

多気駅近くの食堂で食事をゆっくりしてから鉄橋へ行くが、光があたる側には足回りが隠れ、完全逆光側は足回りがスッキリ・・という究極の選択。結局Uさんは光、私は足回りをとって撮影は終了。多気から906Dで亀山へ行き、亀山18時発の急行で名古屋へ。名古屋から19:07発の新幹線ひかりに乗り、食堂車で打ち上げの食事をして21:08に東京駅に着いた。

・・・・と手帳の記録に基づき「撮影紀行」を記す。

ちなみに支払った経費も記録されているので余興で開示。

周遊券1万円、特急券2900円、ピラフ・ソーダ(名古屋の茶店)680円、缶コーヒー100円、きしめん260円、コーラ80円、めはりすし・コーヒー570円、乗車券200円、ファンタレモン70円、特急券1200円、肉丼450円、カレー・コーヒー600円、新幹線特急券2900円、ビーフコロッケ定食(食堂車)900円  ・・・・・締めて20910円なり・・・

しかしあれから37年以上経っている今、このブログのUさん、Hさん、某Iさん、Tさんと今も強くつながっていることに本当に感謝!!

(写真・文:K.M)

1980年3月1日 紀勢本線 DF50サヨナラ

左の特急、右のEF58が画面に入るように撮影した。

35r025003

35r025004

|

« ペンタックス67を買ったころ | トップページ | 紀勢本線DF50サヨナラ列車撮影紀行② »

執筆者K・M」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/71651678

この記事へのトラックバック一覧です: 紀勢本線DF50サヨナラ列車撮影紀行:

« ペンタックス67を買ったころ | トップページ | 紀勢本線DF50サヨナラ列車撮影紀行② »