« 紀勢本線のDF50サヨナラ列車 | トップページ | 紀勢本線DF50サヨナラ列車撮影紀行 »

2017年9月 8日 (金)

ペンタックス67を買ったころ

Uさんが懐かしい写真をアップしていただいたので、それにお応えする形で書かせていただくが、ほとんど私的コレポンの域を出ないことはご容赦。

まず、ペンタックス67を購入したのは1980年2月9日(土)の昼前、新宿東口のSカメラ店でした。二人で67ボディー2台、105ミリレンズ2本、200ミリレンズ2本をまとめて買うので安くしろと交渉し、その場で現金で購入した次第。そしてそのまま浜川崎に向かい、最初のシャッターは荷35レを牽引するEF58157。そしてEF58118の荷36レを撮ったあとはこの日のメインである5191レのED16重連。素晴らしい順光の中、ED162+ED165を200ミリレンズで撮影することが出来た。

そして私はその夜に夜行列車で上越線へ向かい、厳寒の中で水上や石打でのEF16やEF58のバルブ撮影、昼は181系のときやEF16貨物を追いかけるという、大学生の体力にものを言わせたような日程でペンタ67のフル稼働が始まった。

ちなみにこのペンタ67は2007年まで現役で使っていて、引退の最終カットは飯田線の工臨を牽くEF58157を選んだ。

27年間使ったカメラの最初と最後のカットを同じ機関車に出来たことはある意味奇跡的。しかも、まだこのカメラも機関車も現存しているので、もう一度「最後のカット」を撮ることも物理的には可能な状態にある。

(写真・文:K.M)

1980年2月9日 荷35レ EF58157 浜川崎

67bw1140_2

|

« 紀勢本線のDF50サヨナラ列車 | トップページ | 紀勢本線DF50サヨナラ列車撮影紀行 »

執筆者K・M」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/71651327

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックス67を買ったころ:

« 紀勢本線のDF50サヨナラ列車 | トップページ | 紀勢本線DF50サヨナラ列車撮影紀行 »