« 山手貨物線 | トップページ | 下関のEF5831 »

2017年9月24日 (日)

荷物35列車の浜松機

久しぶりにEF58ネタ。

EF58が重連で15両ほどの客車を牽く荷物35列車は品川駅によく撮りに行った。EF58を全機撮ろうとしていた時代。そのために両数の多い宮原と浜松所属機を撮るのに都合が良かった。なにしろ品川駅で30分近く停車し、その間に隅田川貨物からEF15が引っ張ってくる2935列車の客車を連結するため、汐留から入線する荷35列車は機関車をいったん切り離すから、前後の機関車を撮ることができる。おまけに2両ともパンタグラフが上がっているのは好都合だった。

もちろん前の機関車(宮原区所属機)が大窓43、47、53号機であるのがベストだが、実は次位の浜松機にはトップナンバーほか、若番の2、3、4、5号機と、お召し予備機だった茶色の60号機が入ることもあるのだから、それもまた魅力だ。
また、発車するまで10分程度、お隣に米原機関区のEF65500番台が牽く貨物と並ぶという「おまけ」もあって、これもまたありがたい。ここで荷35列車を52回ほど記録し、両区の機関車をかなり撮影することができた。

その反面、番号つぶしに執着したため、例えば根府川などで走行写真を撮らず終いだった。個人的には有名地で撮ることはアリバイ的な記録にしかすぎず、全くもって後悔はしていないが、それよりも今のように長いレンズがあれば東神奈川あたりで撮れたかもしれないなどと考えてしまう。もちろん当時、そんな機材を買う金があろうはずもなければ、あの時代の超望遠レンズの性能など今とは雲泥の差だから非現実な話とは分かっていても、「…たら」「…れば」を考えてしまうのは人の常、仲間の方々も同様だろう。

この列車についてはいずれまた書く機会を持ちたいが、きっとK・Mさんや当時は高校生だったY・Mさんなども思い出深いはず。荷35列車は蒸気機関車現役時代の伯備線2492列車(D51三重連)や1527列車(石北線のC58牽引「大雪」くずれ)のように、列車番号として我々の世代の心に刻まれている。

今回は品川駅で撮影した機関車の付け換えシーン。

(写真、文:U)

Ef581_2

Ef582
583

Img8831
【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にポインターを持っていって右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

 

|

« 山手貨物線 | トップページ | 下関のEF5831 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荷物35列車の浜松機:

« 山手貨物線 | トップページ | 下関のEF5831 »