« 大井町、品川の61号機 | トップページ | 昭和の直流電気機関車 »

2017年9月30日 (土)

EF60とEF65

ここのところ、KMさんとUさんが懐かしいお写真を惜しみなくお出しいただいているので、毎回楽しみに拝見しております。そのような流れの中で最近の写真を出すことは憚られますが、しばらくブログへのアップをサボっていたので先週末に撮った昭和の機関車の写真でお茶を濁させていただきます。所用や雑用も重なって、9月は出撃の機会も限られたが、924日(日)に中央大学が仕立てた水上白門号は、見苦しいヘッドマークが付くこともなく、EF6019+125両+EF65501のプッシュプルで、昭和の時代の記憶が蘇るような元気な姿を見せてくれました。あえて事前にお約束をしなくても、定番の場所をうろついていれば、どうせどこかでお仲間のどなたかにはお逢いするだろうと思っていましたが、他にもイベントが分散したこともあってか、意外にもどなたにもお逢いできなかったのは残念な限り。下りは、完全逆光で発色は見るべくもないが、こうしてマジマジと写真と見ると、ブルーとクリーム色の塗分け方ひとつで、こんなにも「寝台特急牽引機」と「貨物機」の顔つきが分かれてしまうものかと思ってしまう。EF60は現役時代もあまり興味がなかったのでわざわざ撮りに行くこともないまま終わってしまったので殆ど馴染みがないが、EF65500番台は現役時代には我々の世代にはブルトレ牽引機として憧れの存在だったので、今でも健在な姿を見ることができたのは嬉しい限り。さて、明朝の上りカシオペア紀行は、近場で迎撃の予定だが、お仲間の皆さまは97号機だし、あまりご興味ないでしょうかね。(写真・文:T

Dsc_73901

Dsc_74351

|

« 大井町、品川の61号機 | トップページ | 昭和の直流電気機関車 »

鉄道」カテゴリの記事

執筆者T」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EF60とEF65:

« 大井町、品川の61号機 | トップページ | 昭和の直流電気機関車 »