« 連続10日間の同一機運用 | トップページ | 地元での日常の風景 DD51貨物列車 »

2017年8月24日 (木)

学生時代最後の写真

最近でこそ夏季休暇も1週間や10日間は普通に取れるようになってはきたが、一昔前は最大でも1週間で、年末年始に1月4日を休むと9連休とかいう曜日の並びになったときは大騒ぎだった。

社会人になって35年、まあよくここまで仕事も趣味も続けられたものであるが、それもここのブログの仲間との繋がりに拠るところが大きいと感謝している。

さてそんな社会人になる前の大学4年の終わり、2月は北海道・東北に2週間、3月は九州に2週間の撮影旅行に行き、いよいよ九州から帰京する道中にEF5860のミステリー列車を東海道本線で撮影し学生時代の謳歌を締めくくった。

そんなEF5860を待つ間にやってきたのがこのEF661の貨物列車。もちろん偶々やってきたものであり、ピント合わせのついでにシャッターを押した程度のもの。 そんな経験からも、今のEF6627号機の異様な人気にはついていけず、頭にクーラー箱を乗っけたEF66を撮る気にはなれないのが正直なところ。

(写真・文:K.M)

1982年3月21日 岡崎にて EF661

67bw3314

|

« 連続10日間の同一機運用 | トップページ | 地元での日常の風景 DD51貨物列車 »

鉄道」カテゴリの記事

執筆者K・M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学生時代最後の写真:

« 連続10日間の同一機運用 | トップページ | 地元での日常の風景 DD51貨物列車 »