« 四半世紀前の夏休み 釜石線 D51試運転 | トップページ | 30年前の夏の記録 信越山線を走るEF81 »

2017年8月16日 (水)

機関車に関する2つの噂

せっかくのK・Mさんの記事を上書きしてしまうようで恐縮だが、前回の記事で触れた撮影地でお会いした方からうかがったところによると、次回19日の「カシオペア」には95号機が充当されるとのお話。真偽について確認のしようがないが、その場に居合わせた別の方もそのようにおっしゃっていた。複数の証言だからかなり確度の高そうな情報ではある。もしそれが本当だとしたら12日の81号機ともども、現場の方が今週、お盆休みを取っているファンに配慮してくれたのかもしれない。独りよがりの推測に過ぎないが喜ぶファンも多いのではないかと想像する。

問題は天気。今のところ土曜日も雨マーク。7月の梅雨明け発表はいったい何だったのかと感じてしまうような毎日だ。雨なら雨で撮りようがあるものの、せっかくの95号機ならやはりそんな天候は勘弁願いたい。81号機のローズピンクと呼ばれる車体とは正反対の鮮やかな赤が引き立つ光線を期待したいのはもちろんだ。

写真は再掲。

_dsc62622_3

ところでもうひとつ同じ撮影地で話題になっていたのが先般、工場入りしたEF641001に関するもの。これまた噂では今回の検査で国鉄色に戻るという話があるとのこと(会社の同僚ファンによると、ネット上にもそんな話が多く掲載されていると聞いた)。事実なら、あの茶色の塗装を気に入っていた自分としてはちょっと残念。これまで何度か撮影しできたのに手応えを感じる写真が撮れていない。同時にEF6437など高崎の茶色の機関車も元の塗装に戻されてしまうのだろうかと、余計なことまで考えてしまう。
真面目にコツコツ、撮影に赴かないと撮りたいものが次々と消えていく時代だ。

K・Mさん、飛び入りしてスミマセンでした。

(写真、文:U)

|

« 四半世紀前の夏休み 釜石線 D51試運転 | トップページ | 30年前の夏の記録 信越山線を走るEF81 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機関車に関する2つの噂:

« 四半世紀前の夏休み 釜石線 D51試運転 | トップページ | 30年前の夏の記録 信越山線を走るEF81 »