« 30年前の夏の記録 信越山線を走るEF81 | トップページ | のんびり団臨撮影が出来た時代 »

2017年8月18日 (金)

雨のカシオペア返却回送

自宅のWindows10のパソコンがダウンし、散々な思いをした。結局初期化せざるを得なかったのだが、何とか良心的な業者さんを見つけ、HDDのバックアップがとれたのが不幸中の幸い。しかしメールソフトはWindows Live Mailを使っていたので、この部分は完全には再生できなかった。

さて、カシオペアの返却回送は、どうも天候に恵まれない。上越線・高崎線経由の回送はそもそも早朝でまだ暗い時間帯である上、どうも天気自体にも恵まれない。また、Uさんや他のブログでも多くの方々が書かれておられるように、EF8181は本当に雨男のような存在だ。これまでも、何度も雨に祟られているが、前回・今回とまたもやられてしまった。これは、単なる雨男などという生易しいものではなく、何か怨念じみたものすら感じてしまう。最初にアップするのは、814日早朝の返却回送。もともとは曇りの天気予報だったが、見事に朝には雨となってしまった。それにも拘わらず、沿線には多くの同業者の方々の姿をお見かけした。以下に掲載する写真をご覧になられればおわかりになられるように、望遠特に超望遠を使うとろくなことがないという学習効果は得られていたので、大人しく70200ズームで迎撃。待機中に一時はかなりの土砂降りだったものの、通過時には小止みになったのは幸いだった。しかし、露出は厳しくISO3200 1/500 f2.8開放でやっとだった。さて、2枚目の写真は、7月29日(土)の夕方の返却回送。前日の金曜日の下りは仕事で行けなかった上、土曜日も休日出勤が入っていたが、何とか時間をやりくりして電車で現地に向かった。しかし、夕方からは半端ではない土砂降りの大雨。仕方なく、雨宿りできそうな、安易な場所ということで浦和のホームを選択したが、暗いわ、雨は止まないわで、散々な結果に。超望遠では、全検明けなんだか全くわからず、完全に撃沈。さらに3枚目の写真は、717日(月)に北本で迎撃した際の80号機牽引の返却回送。この時も、曇りの天気予報だったが、現地では豪雨。通過数分前に小降りにはなったが雨粒がハイビームに光った上、AFも大暴れで、散々な結果に。そこで教訓。「雨の中で無理して写真を撮ってもろくな結果になりませんので、お家でゆっくり寝てましょう。特にEF8181の場合は潔く諦めましょう!」それにしても、ブログに載せるには、あまりにも醜い写真ばかりで、大変申し訳ありません。さてさて、明日のカシオペア紀行もお天気は微妙のようだ。雨なら雨で最初から出撃もしないのだが、中途半端な天気だと一番困りもの。(写真・文:T

Dsc_67801Dsc_64441_2Dsc_62711

|

« 30年前の夏の記録 信越山線を走るEF81 | トップページ | のんびり団臨撮影が出来た時代 »

鉄道」カテゴリの記事

執筆者T」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨のカシオペア返却回送:

« 30年前の夏の記録 信越山線を走るEF81 | トップページ | のんびり団臨撮影が出来た時代 »