« 地元での日常の風景 DD51貨物列車 | トップページ | 成田空港に来ていたジャンボ(1) »

2017年8月27日 (日)

成田空港のジャンボジェット(B747)事情

これまで1500機以上が製造され、世界の空を席巻したB747。旅客も貨物もVIPも特殊用途もこなす特徴あるフォルムとその大きさからくる存在感は大変魅力的である。

1990年代、成田空港は世界でも有数のジャンボジェット天国で大げさに言えば飛来する半数がB747という感じ(実際それに近いと思う)だった。

その後、4発の大型機という効率性の悪さがB777を始めとする双発機に代替されていき、○○航空のジャンボが日本線から撤退、最終フライト・・・などとなると多くのファンが集まる事態になってきている。これまで散々撮影している私は、そのような人混みで敢えて撮るインセンティブも無いので、そのような日には空港に近寄らないようにしているが。。。

先週の金曜日、平日の休暇にふらっと行った成田空港、まあ並べれば貨物機を中心にポツポツとジャンボも来る感じではある。ただPAXはデルタもダイナも今秋までらしいので、最後まで残るのはNCAとキャセイ、ポーラ(アトラス)あたりになるのだろうか。

(写真・文:K.M)

2017年8月25日 成田空港にて

Dsc_2911_r

Dsc_2922_r

Dsc_2970_r

Dsc_3027_r

Dsc_3095_r

Dsc_3119_r

Dsc_3179_r

Dsc_3264_r

Dsc_3285_r

|

« 地元での日常の風景 DD51貨物列車 | トップページ | 成田空港に来ていたジャンボ(1) »

執筆者K・M」カテゴリの記事

航空機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/71527083

この記事へのトラックバック一覧です: 成田空港のジャンボジェット(B747)事情:

« 地元での日常の風景 DD51貨物列車 | トップページ | 成田空港に来ていたジャンボ(1) »