« 朝練 - カシオペア信州E26客車返却回送 - 1 | トップページ | 東急の「時差Bizライナー」 »

2017年7月 9日 (日)

EF8197牽引カシオペア紀行(@7月8日)

7月8日の下りカシオペア紀行は、久々の晴れであったものの、愛車の外気温計は何と36度を示し、外に居るだけで倒れそうな猛暑。とても、超望遠でメラメラの陽炎に挑む勇気はなかったので、最初から短いレンズで順光になるポイントを選択しました。通過2時間半前には現着しましたが、有名ポイントかつ晴天とあって、既に熱心な方々で前列は満員御礼。610日の80号機の際に正面ドカンは挑戦済だったので、今回はややサイドも入れた大人しいアングルでスタンバイ。その後も窮屈な場所にどんどん撮影者の方々の数は驚くほど増え続けて膨れ上がりましたが、皆さん譲り合ってトラブルにもならずに済んだのはほっと一安心でした。ご一緒させていただきました皆様、猛暑の中お疲れさまでした。普段は地味な存在の97号機も、今日は斜光の夕陽を浴びて誇らしげで、なかなかカッコよかったです。また、何とかビームの写り込みも回避できて、綺麗なお顔が撮れました。毎週カシオペアを撮っているものの、アングルや天候によって、毎回違う表情を見せてくれるのが新鮮です。さて、Hさんの記事に書かれていたように、信州カシオペアの4日早朝の返却回送では、まだ薄暗い現地でHさんにお会いしてビックリ。私にとっては、家から車でわずか15分の地元での迎撃だったので4時に家を出ても余裕でしたが、新松戸のホテルに1泊されて、撮影後にそのまま出社されたというHさんの気合の入りようには、ただただ恐れ入りました。本当なら眠たいはずの早朝の待ち時間も、お蔭様で退屈することもなく、1日の下りに続いて楽しく過ごすことができました。ありがとうございました。この標題ですと、金町停車の間に、追っかけも敢行されましたね(笑)。続報も期待しております。いやいやご苦労さまでした。写真・文:T

Dsc_61061

|

« 朝練 - カシオペア信州E26客車返却回送 - 1 | トップページ | 東急の「時差Bizライナー」 »

執筆者T」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/71089883

この記事へのトラックバック一覧です: EF8197牽引カシオペア紀行(@7月8日):

« 朝練 - カシオペア信州E26客車返却回送 - 1 | トップページ | 東急の「時差Bizライナー」 »