« SLやまぐち用35系新製客車甲種回送 - 2 | トップページ | 総武本線開業120周年記念号 »

2017年6月 8日 (木)

陸中大橋発車のC58

蒸気機関車から甲種回送などまで、H氏のバイタリティには脱帽するが、自分はと言うと相変わらずのていたらく。このままだと梅雨に入ってカメラにカビでも生えてきそうな状況で、いよいよ防湿庫でも買わなくてはならなくなりそうだ。

それでも先日、何か面白そうなネタがないかと書店に鉄道雑誌を見に行ったのだが、自分の琴線に触れるような話題もなく本は買わずに帰ってきた。どの雑誌も撮影対象となるような車両が減って無理矢理、記事を作っている感も否めず、鉄道趣味に於いて「列車撮影」というジャンルが廃れていく気配も漂う。店頭に積まれた本は買う人も減ったのか、発売日から一週間経ってもかなりの量が売れ残っていた。売り上げに協力もしていない自分が余計な心配をしても仕方がないのだが鉄道雑誌業界もこの先、どうなっていくのだろうか?

**************************************************************************

H氏がはるばる足を伸ばして撮影してきた35系4000番台客車(倉敷での撮影か?)、旧国鉄時代のオハ35系を模したもののようで古いファンには懐かしいデザイン。われわれの世代としても派手な塗装をまとった昨今の車両よりもはるかにマシに見える。この「なんちゃってオハ35系」、山口線でD51に牽かれれば、それなりに注目を得るだろうが、個人的にはD51だけではなくDD51などにも牽引して欲しいものだと期待してしまう。実際、DD51が牽く「DLやまぐち号」として走ってもじゅうぶん集客できるだろう。

それにしても今になって旧型客車を模した客車を製造するくらいなら、そもそも旧型客車自体を淘汰せずに残しておけば良かったものをと思えてしまうのは自分だけだろうか。
JR西日本は京都の鉄道博物館にEF66を展示するにあたり、下関でブルトレの牽引に活躍していたEF66を廃車しながら、JR貨物からわざわざ同じEF66を購入したと聞いたが、やることがどうもチグハグな気がしてならない。

**************************************************************************

4月に撮ったC58の流し撮り。発車では面白みがないのでスローシャッターで流したが、発車直後のため速度が出ない。25分の1でもロッドや動輪のブレはこの程度。

(写真、文:U)

_dsc38293

|

« SLやまぐち用35系新製客車甲種回送 - 2 | トップページ | 総武本線開業120周年記念号 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/70752544

この記事へのトラックバック一覧です: 陸中大橋発車のC58:

« SLやまぐち用35系新製客車甲種回送 - 2 | トップページ | 総武本線開業120周年記念号 »