« 噴火湾沿いに走る「カシオペア」 | トップページ | 団体臨時列車 »

2017年4月10日 (月)

目白を通過するお召し訓練

1980年9月24日に山手線・目白で撮影した、EF5861牽引の旧型客車8両による栃木国体に向けたお召し列車の乗務員訓練。
当時は今のように一億総監視社会ではなく、これくらいの立ち入りは大目に見てくれ、現にこのときも居合わせた国鉄職員が撮影を快諾してくれた。駅構内の側線はすでに使用されていなかったこともあるが、今では考えられないのどかな時代。当日は大学がまだ夏休みだっだったものの何かの用事があって時間がなく、山手線内で撮るしかなくなり目白で下車した。沿線各駅のホームには撮影者も多いから、ほとんど人の来ないこの場所にした記憶がある。
一連の訓練に先立ちEF5861は9月3日に品川からEF15121(高二)に牽かれ貨物の575列車で大宮工場入りしている。青で統一された編成だったが、青い旧型客車もなかなか趣のあるものだった。

使用したのはペンタックス6×7。ウエストレベルファインダーのゼンザブロニカよりも使いやすく、後年さらにもう1台増備した。ただしミラーのショックは大きく、今思うとよくもまあ手持ちで撮っていたものだとあきれ返る。ボディのデザインは35ミリの1眼レフをフランケンシュタインにしたようで、今でも個人的に最悪だと思っているが、ブロニカを手持ちで撮るより使いやすかったのは間違いない。

合併前の三井銀行の看板も懐かしい。

(写真、文:U)

Img1451_2

 

|

« 噴火湾沿いに走る「カシオペア」 | トップページ | 団体臨時列車 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

Uさま
おーっ! 回9102列車ですね!ここでご一緒に撮影してますね。そして確かに国鉄職員の方に快諾いただいた記憶も!!(笑)。。。
この時は、下りが試9101列車で乗務員訓練、上りは一応、回送の扱いなのでこのような列車番号だったのかと思います。
この2日後にもロクイチで同行程運転されてます。本当に、のどかな良い時代でした。
ペンタ67も、この年の2月に購入し、半年たったころで、ようやく扱いに少しは慣れてきた時期ですね。
K.M

投稿: K.M | 2017年4月10日 (月) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/70204379

この記事へのトラックバック一覧です: 目白を通過するお召し訓練:

« 噴火湾沿いに走る「カシオペア」 | トップページ | 団体臨時列車 »