« 今年初のEF58の画像 | トップページ | EF5861との並び »

2017年3月15日 (水)

DDのプッシュプル

2月27日の八高線。この日は北海道から「カシオペア」がEF8181に牽かれて上野に戻るため、こちらは比較的空いているとふんで出かけた。もちろん「カシオペア」撮影を終えてからでも高崎に戻る下り列車には間に合うのだが、そんなにあくせくするのは自分の流儀に則さない。いい年をして中高生の坊やたちと同じように、「あれもこれも」というのは恥ずかしく、午前9時前に家を出て1月と同じポイントへ向かった。

目的は2つ。
1つは下り列車を1月よりもさらに正面方向から狙うこと。つまり、前回よりももっと長いレンズで望遠効果を出すこと。もう一つは前後の機関車の間隔を詰めるように長いタマで圧縮することの2点。これらを課題として撮影に臨むことを決めていた。
晴れれば高崎から小川町に向かう上り列車を前から撮れば2つめの課題はクリアできそうだが、ダイヤを見ると正午に近く日が高い。午後3時すぎの下りの後追いの方が光線は良さそうだし、天気予報によるとその時間帯は曇り。天気が好転する下り列車に焦点を定めることにした。

まずは後追いの写真から。
前からも後ろからも撮ろうという、「2匹目のドジョウ」を捕まえようという浅ましい魂胆だから、バックの民家が写り込んでしまうのは割り切っていたが、コンクリートの建物やビルではなく、屋根瓦のローカルな印象で個人的にはじゅうぶん目をつぶれる範囲。光線も思い描いていた以上に強く、カメラの設定以上に彩度などをいじらずとも鮮やか。客車左の標識をフレームから外そうとするともっと線路寄りに急がなくてはならず、前からの撮影を終え脚立を下りた後、500ミリを装着したカメラに持ち替えてからでは忙しすぎる。まあフロックをもくろんだトライだったから、これくらいで満足しなければなるまい。

(写真、文:U)

_dsc37891

|

« 今年初のEF58の画像 | トップページ | EF5861との並び »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/69931314

この記事へのトラックバック一覧です: DDのプッシュプル:

« 今年初のEF58の画像 | トップページ | EF5861との並び »