« 〝Air France 100, Concorde !〟 | トップページ | EF8181牽引北海道乗り入れ最終カシオペア »

2017年2月24日 (金)

室蘭線の事故

先週の渡道で撮った「スーパー北斗」。こういう写真は自分の芸域を逸脱しているが、機関車にヘッドマークが付かない「カシオペア」なら、編成重視のアングルが良いと判断し、このポイントを選択した。
被写体との距離が離れているから吹雪いた場合、もっと「接近戦」ができる場所へ逃げることも考慮し、当日の朝を迎えたが、吹雪くどころか駒ケ岳も見える好天。機関車の正面に日が当たらず黒くつぶれるため、本当は曇って欲しいと願っていたが、客車側面との露出差が大きいハードルの高い撮影条件になってしまった。

RAW現像で調整しなければならないほどの明暗差。デジタルの場合、アンダーはかなり救えるから、朝日を浴びてオーバーとなる列車側面をアンダー気味として何度も何度もテストを繰り返す。100コマくらいはテストを重ねたが、刻々と変化する朝日に惑わされ、久しぶりに2台のカメラで2通りの露出をセットし、さらに太陽の光が反射する位置を考慮しながら立ち位置を数歩ずつ変えて本番に備えた。いずれにしても現像する際、編成はトーンカーブを落とし、機関車の前面は同じくトーンカーブを上げなければならないから、双方のバランスが取れた「落としどころ」の露出を見極めておくことが肝要だ。これができるのもデジタルならではだから、後処理を考えつつ露出を探るのは必須。

できあがった「カシオペア」の画像は後日として、今回は本番前の「スーパー北斗」を掲載する。

_dsc06431

【お願い】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にポインターを持っていって右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

***************************************************************************

明日から北海道へ行く準備をしていたら23日未明に室蘭線で貨物列車が脱線、下手をすると北海道に乗り入れる最後の「カシオペア」は運休の可能性もあるかと心配していたが、どうやら25日までの復旧を目指して作業が進められているようだ。趣味で撮影に出かける身としては、寒い中で作業する方々に不謹慎ではあるが、ホッとしているというのが正直な気持ちではある。
ただ、新幹線が函館まで延伸し、本州から到着した乗客を札幌方面に運ぶ鉄道輸送が長期にわたってストップすれば、それはそれで影響は大きかっただろうから、そういう面でも早期復旧を目指すだろうとは考えていたが、何はともあれ安堵した。

(上の写真、文:U)

170224090002612210018971669153537_2

追伸:けっきょくJR北海道は本日24日夕からの運転再開を発表した。

|

« 〝Air France 100, Concorde !〟 | トップページ | EF8181牽引北海道乗り入れ最終カシオペア »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/69709136

この記事へのトラックバック一覧です: 室蘭線の事故:

« 〝Air France 100, Concorde !〟 | トップページ | EF8181牽引北海道乗り入れ最終カシオペア »