« 2011年、磐越西線で走ったD51498 | トップページ | E26編成使用四季島添乗員訓練 »

2016年12月24日 (土)

850ミリでの長時間露光

日々、お気楽に過ごしている自分もさすがに師走ともなれば少しばかり忙しくなる。世の中が年末年始の休暇に入るため(自分にはほとんど関係ないが)、今の内に片づけておかなければならない仕事もあるし、正月には弟一家なども来るから、その準備も慌ただしい。大掃除などで目がつり上がりそうなカミさんの手前、自室にこもっておちおちブログ用の写真を現像していたら雷も落ちるというものだ。
仲間の皆さんも同様のようで、さすがにブログなんぞにかまけていられまい。忘年会なども続いて、きっと時間が取れないでいるのだろう。最もヒマな自分が穴埋めの記事を書くのも当たり前。現在、カミさんが外出中なので間隙を縫ってパソコンを起動した次第。

前回に続いて過去に別のブログにアップした今から7年前の写真を掲載する。長岡駅での夜間撮影。当時は「北陸」やら「あけぼの」「日本海」「能登」、あるいは「トワイライトエクスプレス」などが夜間に行き交う、「夜行列車銀座」ともいうような盛況が見られたものだった。
ただ、深夜から始発までは駅構内への立ち入りができず撮影は駅の外からになる。「日本海」は通過、「あけぼの」も下り列車は構外からの撮影は難しく、狙い目は「北陸」と「能登」それに上りの「あけぼの」だった。「あけぼの」は停車中もハイビームで、非常に撮りづらい列車だったし、すぐ後のダイヤ改正で駅の一番端に止まるようになって編成を入れて撮ることは困難になったが、「北陸」「能登」は金沢へ向けて前後が逆になり、機関車交換を行うため最後まで下り側、上り側の両方向から撮影可能な、ありがたい被写体だった。

今回の写真は長岡駅の上野方の踏切から超望遠レンズで撮影した。遮断機が上がっている間に撮ったが、未明でも人や車の往来が多く、踏切の渡り板が揺れていろいろと工夫をしなければならなかった記憶がある。

(写真、文:U)

_dsc72283

_dsc72101

_dsc71771

|

« 2011年、磐越西線で走ったD51498 | トップページ | E26編成使用四季島添乗員訓練 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/68968701

この記事へのトラックバック一覧です: 850ミリでの長時間露光:

« 2011年、磐越西線で走ったD51498 | トップページ | E26編成使用四季島添乗員訓練 »