« 秋の「やまぐち」 | トップページ | 晩秋の諏訪峡の中を »

2016年11月23日 (水)

結果的に定点観測

皆さん、先日の水上旅行はお疲れさまでした。ことしは昨年のように酔いつぶれることなく過ごすことができ、最後まで皆様方の写真を堪能することができました。当たり前ですが、そんじょそこらの写真とは違い、貴重なもの、意外な場所、懐かしい写真が多く、とても楽しめました。いずれ、このブログにもアップしていただけることを心待ちにしております。

D51撮影に関して当初、ブログ用の画像を撮りだめるべく、単独での行動も考えましたが、ほとんどが同一行動となったのは、やはり古くからの友人とのおしゃべりが楽しいことにほかならず、昔を懐かしく思い出した次第で、1年に1回では寂しいくらいです。
ことしも世話役を押しつけてしまったKさん、本当にありがとうございました。

今後、さまざまな情報も提供してくださるお仲間もいて、再び昔日のような撮影行ができる機会を待望しております。

************************************************************************

旅行の写真はまだまだ現像に至らず、今回は先月の同一地点での「カシオペア」3態。いずれも新潟県内で1回目を撮り、2度目の撮影時のものだが、400ミリからズームダウンして200ミリほどでとらえたコマ。

3枚とも双頭連結器装備のEF64で2エンド側が高崎向きというのも個人的には嬉しい。次位のEF81も結果的に三様の塗装となり、超望遠レンズよりも車体側面が見える200ミリまでズームレンズで追いかけた価値はあった。


(写真、文:U)

_dsc14591

_dsc11851

_dsc18202

|

« 秋の「やまぐち」 | トップページ | 晩秋の諏訪峡の中を »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/68545395

この記事へのトラックバック一覧です: 結果的に定点観測:

« 秋の「やまぐち」 | トップページ | 晩秋の諏訪峡の中を »