« 95号機の塗装変更の噂に際して | トップページ | 種々雑多の写真 »

2016年11月11日 (金)

新型200ズームへの期待

先ほど、いつもお世話になっているカメラ店の方がニコンの新型70~200ミリを届けてくれた。今日はあいにくの天気のうえ、この後、歯科と眼科に通院しなければならないから、試し撮りする時間はなさそうだが、手にした感じでは110グラム軽量化されたことがよく分かる。
数字としては大したことはないと思っていたものの、実際に触れるとその効果はリアルだ。年老いた自分にはとても効果的。来週、仲間たちと行く秋の旅行のSL撮影から本格使用することとなるだろう。

このレンズ、28~70ミリと同様にカメラメーカーの売れ筋製品だから、開発にも相応に力を入れたはず。超望遠ばかりに傾注してきた自分もその意気込みを感じずにはいれれない。
何より客車列車が激減し、機関車を入れてせいぜい7両以下の編成のものばかりになったら、超望遠レンズの出番が減るのは必至。9月に関東鉄道を撮影しながら、今後は200ズームでもっと編成側面を入れた写真を撮るようになるとの予感も手伝って購入を決断した。すなわち、フレームの端近くに機関車の前面がくるような短い画角で撮るような構図では、画面周辺部の色収差が今よりも気になる可能性は高い。蛍石の使用でその傾向を抑えたという今回の新製品への期待が高まるのは当然というものだ。

アップしたのは10月21日に撮影した「ばんえつ物語号」客車の高崎への回送。この日、2度目の撮影だが当日はほどほどに気温が高く、陽炎の不安もあって400ミリから200ミリ付近までズームダウンしながら連写した中の広めの写真。上述のように編成の短い列車をこういうアングルで撮ることが多くなりそうで、200ズームの出番は間違いなく増えるだろう。

(写真、文:U)
_dsc15111

|

« 95号機の塗装変更の噂に際して | トップページ | 種々雑多の写真 »

カメラ」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/68370470

この記事へのトラックバック一覧です: 新型200ズームへの期待:

« 95号機の塗装変更の噂に際して | トップページ | 種々雑多の写真 »