« 衝動買い | トップページ | トワイライト »

2016年10月24日 (月)

未明のあつみ温泉駅で

年明けに「カシオペア」の北海道行きが設定された。気温が下がって軌道内の雑草がなくなり、曇天下で太陽の位置を気にしないで撮影できる冬の走行を待望していた身としては嬉しい。陽炎に悩まされることのない季節だから超望遠レンズも使用できるのだが、ヘッドマークが付かないのなら、新調する200ズームで俯瞰撮影という選択肢もあり得る。

ただし雪で道央道が50キロ規制となる日が多く、上下どちらの列車も撮影チャンスはそれぞれ1回だけと覚悟して臨まないといけない。

***************************************************************************

12日未明に「あつみ温泉」駅で撮影した「カシオペアクルーズ」。
EF81にはそれほど関心のない自分だが、この後、どうしても撮りたい撮影地があって天気に恵まれないことを覚悟しつつ遠征した「行きがけの駄賃」。

列車はこの駅に3時間以上停車したが、自分がいた1時間ほどの間、ほかにファンの姿は3、4名のみ。あいにくの天候のせいだろう。
この日は宿泊した村上のホテルを午前3時半に出発、明け切らぬ夜道を海沿いに北上し現地には4時半ごろに到着した。ホテルを出た直後、村上市内の道路で2匹のタヌキが飛び出してきて急ブレーキを踏んだが、街中で野生動物を見るのも珍しかった。ひかずに済んで良かったのは言うまでもない。

前夜のうちに下見をして機関車が止まる位置などを確認しており、撮影する時間もたっぷりあるから到着と同時に慌てて駆けつける必要もないし、空が少しだけ明るくなるまで客車を撮影したりしながら時間をつぶし、ホームの照明を受けた編成側面と暗がりに止まった機関車前面の露出差が小さくなるのを待った。

昨今、駅での三脚使用は制限されることが多いから夜間、無人となるこの駅にも係員が派遣されて規制を受けるかもしれないと思っていたら肩すかし。滞在した間、対向列車もなく、かつ皆さんマナーを守って穏やかな撮影ができた。

(写真、文:U)

_dsc17894
_dsc17791_2
下は5時10分撮影で上は5時32分。空が白々と明けてきて、機関車の前面と(ホームの照明を受けた)編成側面との露出差が小さくなったおかげで、客車のディテールが浮かんだが、カメラのコンポジット合成(比較明合成)機能を試してみても良かった。

_dsc17982_2
_dsc1825_3

途中駅で散々、長時間停車する「カシオペアクルーズ」を果たして「特急」と称してよいのかどうかは甚だ疑問だが記録の1枚として。

|

« 衝動買い | トップページ | トワイライト »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/68095052

この記事へのトラックバック一覧です: 未明のあつみ温泉駅で:

« 衝動買い | トップページ | トワイライト »