« トワイライト | トップページ | 久々に晴天下でEF641001 »

2016年10月29日 (土)

EF8181の下り「カシオペア」

昨夜は鉄道好きな方々との飲み会。いささか酩酊しすぎてしまうほど楽しいひとときだった。古くからの仲間たちとの酒席も良いものだが、新たに知り合った人たちから聞く体験や知識も新鮮で面白い。この年齢になってますます趣味の世界が広がる思いだ。皆さん、懲りずにまたお付き合いくださればありがたいと思う次第。

どうかよろしくお願いします。

(体力的に自信はないものの、Sさん、例の鉄橋の俯瞰撮影に行きましょうね。)

*****************************************************************************

19日の下り「カシオペア紀行」。EF8181牽引と聞いていたから徹夜明けにもかかわらず、ノコノコ南浦和界隈まで出向いた。日の入りが早まったうえ雲も厚く、16時34分通過のこの列車、ISO3200で400分の1、F4・5という苦しさ。いくら高感度に強くなったと言われるD5でもむやみに感度は上げたくなかったが、結果を見たら予想を上回る画質に満足した。テレコンは付けずに500ミリでここまで引っ張ると機関車が少しだけ傾く。前側のパンタグラフがバックの信号機に重なってしまうが、こればかりはやむを得ない。フレームのすぐ右下、列車の手前側に背の高い赤い杭があるからシャッターを切るのはこの辺が限界。客車側面に反射する黄色い筋は並走する京浜東北線のヘッドライトで、かなりきわどいタイミングだった。田端のEF81の中でも81号機は別格のなのか、この日の「カシオペア」牽引に当たって連結器やスノープロー周りをしっかり塗り直したように見えた。

20分ほど後、EF8180による工臨があったが、そちらはISO6400で320分の1。これも画質的には及第点を与えていいだろう。

この日、久しぶりにご一緒したKさん、Nさん、お疲れさまでした。EF8180の工臨、教えていただきましてありがとうございました。今日は95号機のようですが、曇天のうえ日没15分前の通過なのでお休みします。

(写真、文:U)

_dsc12981

_dsc13181
_dsc12211
3枚目は「カシオペア」通過の2時間ほど前に通過したED75の工場入り回送。
首都圏での撮影だということを意識して京浜東北線とギリギリまで絡めてみたが、こうやってみると牽引するEF81のパンタがED75のパンタに見える。

|

« トワイライト | トップページ | 久々に晴天下でEF641001 »

カメラ」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/68160691

この記事へのトラックバック一覧です: EF8181の下り「カシオペア」:

« トワイライト | トップページ | 久々に晴天下でEF641001 »