« D51 C61重連旧型客車編成 | トップページ | EF6437 »

2016年10月 2日 (日)

蒸気機関車 夜間バルブ撮影

自分でも一体どうしちゃったのか、このところ本格的な鉄道撮影に行くことが多くなった。カシオペア信州は1回目の37号機のときはUさんMさんと上野原で、2回目の641001は悪天候確実にもかかわらず一応連休中ということで篠ノ井線に行ってみた。

3回目の今回、篠ノ井線は9月30日(金)の午前中ということで、上半期末日でもあり前夜は宴席が入っていたので初めから出動は諦めていた。ところが宴席が直前に延期になり、末日に片づける業務も29日までに仕上がってしまった。ということで30日の未明に中央道を下り篠ノ井線入りした。現地の西条ではMさんも休暇を取って来ており、また恐らく20年振りに関西の知人とも会うことが出来た。

篠ノ井線の撮影を金曜日の昼に終えて、さてどうしようかと調べると、10月1日に上越線で蒸機重連の旧型客車が夕方に走り帰路は夜になるということをこの時初めて知り、どうせなら寄ってから帰ろうと決断。とはいえまだ丸1日以上も時間があったので、途中に昔何度か丸窓電車を撮りに行った上田交通の別所温泉駅に寄ったりしながら時間を潰し高崎方面へ。

重連はどうせヘッドマークが付くだろうと考え、走りはオマケと考え真横でスッキリ撮れる場所での1発勝負。そして本命の水上駅での夜間撮影に臨んだ。蒸機のバルブ撮影は、確か1992年頃に釜石線でD51が故障を起こして大遅延で長時間停車した陸中大橋以来25年振り。当時と違うのは、デジカメなので撮影後すぐに結果がわかること。フィルム時代のバルブ撮影は絞りと開放時間に本当に苦労し、数々の失敗をしてきたので雲泥の差である。

D51、C61の順でアッシュピットに入り、キャブ内に反射する赤い炎の感じも良かった。

(写真・文:K.M)

2016年10月1日 水上にて

Dsc_3507

Dsc_3506

Dsc_3505

|

« D51 C61重連旧型客車編成 | トップページ | EF6437 »

執筆者K・M」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

バルブ良い感じですね。

今、イベント列車として運転される蒸気機関車は、
日中の運転が主なので、現役時代を彷彿させる
日が暮れてからは、被写体にはなりにくい状況。

私も、重連は見に行ったのですが、16時に水上を出て、日が暮れる頃は都内の赤提灯に(笑)

良い物を見せていただきましま。

投稿: SPブラック | 2016年10月16日 (日) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/67765729

この記事へのトラックバック一覧です: 蒸気機関車 夜間バルブ撮影:

« D51 C61重連旧型客車編成 | トップページ | EF6437 »