« 推進回送狙い | トップページ | 京阪の80系再現 »

2016年10月 8日 (土)

カシオペア信州 EF6437で篠ノ井線を行く

定期列車時代よりも走行区間や牽引機にバリエーションが増えて被写体としては少し魅力的になったとはいえ、運転回数が限定されることからなかなか撮影には行けず、行ったら行ったで撮影地はどこも大混雑。平日でも有名撮影地には百名を優に超える人が集中するなど、ちょっと異様な光景が展開していた。

この夏~秋は天候に恵まれず、良い条件が揃うことはあまりなかった中、ようやく少しはまともなカットを捉えることが出来た。

(写真・文:K.M)

2016年9月30日 篠ノ井線 西条にて

Dsc_1017

|

« 推進回送狙い | トップページ | 京阪の80系再現 »

執筆者K・M」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

K・Mさん、当日は近くにいながら顔を合わせる機会もなく残念でした。当方は聖高原で一回だけ撮影して即撤収しましたが、K・Mさんは稲荷山、北長野と脚を伸ばし、さらには(一泊して?)水上まで行ったのですね。もはや自分にはできそうもない行動力に驚きます。実は当方も水上で蒸気機関車の長時間露光ができそうだと予測をはしていたのですが、やはり重い腰が上がりませんでした。SLの夜間撮影は機会が少ないだけにもったいないことでした。
そろそろ涼しくなって、当方もなるべく線路際に立とうと考えておりますので、近いうちにご一緒できることを楽しみにしています。

投稿: U | 2016年10月 9日 (日) 08時43分

Uさん

当日は電話だけのコンタクトで失礼しました。当日未明に急遽現地入りしたものの、何の準備もなく流れるままに撮影していました。北長野で撮影後は、上田交通に寄り、地元の蕎麦に舌鼓を打ち、のんびりと過ごした後上越線に向かいました。
実は水上で夜間撮影中に悪寒を感じたので、水上発車はやらずに切り上げ早めに帰宅。帰宅後に案の定発熱し、翌日は寝込んでおりました。だんだん無理の効かない齢になったとつくづく感じる次第です。11月の例会も楽しみにしております。

K.M

投稿: K.M | 2016年10月 9日 (日) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/67853349

この記事へのトラックバック一覧です: カシオペア信州 EF6437で篠ノ井線を行く:

« 推進回送狙い | トップページ | 京阪の80系再現 »