« 朝練 - 信州カシオペア紀行回送 | トップページ | 信州カシオペア EF6437 »

2016年9月20日 (火)

篠ノ井線をいくEF641001牽引のカシオペア

EF5861が実質的に本線上から引退した後、暫く鉄道写真を撮りに行くのが年数回に激減してしまっていた。まあ、そのぶんは旅客機撮影で補い(?)、年間撮影日数は60~80日はキープ出来ていた。

実際の撮影から遠ざかると、運転情報もあまり入ってこなくなり、近年は専門雑誌もあまり見ることなく過ごしていた。ところが最近、旧来の仲間から貴重な各種情報をいただく機会が増え、それが背中を押してくれて少しづつ活動復活が出来てきた。

9月10日はカシオペア信州を中央線に撮りに行き、Uさん、Mさんとも久しぶりに撮影地で数時間を過ごさせていただくことが出来た。

この3連休、天気が悪いのは覚悟の上で篠ノ井線に繰り出した。牽引機がEF641001に変更になったのも私としては重い腰を上げる格好の理由になったのかもしれない。

案の定の荒れ模様の天候だったが、それはそれで結構しっとりした山間の雰囲気のあるカットになったのかと一応満足している。

(写真・文:K.M)

2016年9月18日 9011レ

20160918_9011

|

« 朝練 - 信州カシオペア紀行回送 | トップページ | 信州カシオペア EF6437 »

執筆者K・M」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

いやはや、皆さんの記事を見ながら、その行動力に圧倒されています。まさしく「どうしちゃったの?」という感じでしょうか。
H氏などはもっぱら復活蒸機だけかと思いきや、最近では甲種回送や「カシオペア」、お召し列車と話題となるネタもの全般に渡って撮っているし、K・Mさんも飛行機のみならず、とうとう鉄道撮影に本格復帰という構え。Tさんも忙しい合間をぬって押さえるべき列車はしっかりと出撃されているわけで、こういう状況をみると11月の旅行会で話しについて行けなくなりそう。徐々に焦りが募ってきつつあります。さらに言えばKさんも、あるいはMaさんもあちこち飛び回っているようですし…。

というわけで自分も皆さんからの刺激を受けて、そろそろ腰を上げようかと思い始めています。次の「信州カシオペア」「カシオペアクルーズ」や「盛岡カシオペア」など、いいよ客車列車の大団円を迎えて、戦列復帰を目指す所存です。どうか「落ちこぼれ」の私にもお声をかけてくださいませ。

投稿: U | 2016年9月20日 (火) 13時48分

Uさま

どうしちゃったのか、ってここの仲間の皆さんのおかげで少し昔を思い出して出かけ始めたということでして、本当にありがたいことです。
11月の旅行会に向けて、ちょっとは感を取り戻しておかないといけないなというのも理由の一つです。仕事の関係で突発対応も多いため、事前に線路端への出動予定を組めないつらさがありますが、機会を見つけて(作って)なるべく参加して参ります。

K.M

投稿: K.M | 2016年9月21日 (水) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/67567420

この記事へのトラックバック一覧です: 篠ノ井線をいくEF641001牽引のカシオペア:

« 朝練 - 信州カシオペア紀行回送 | トップページ | 信州カシオペア EF6437 »