« 信州カシオペア紀行 – 指定機復活 | トップページ | D51 C61重連旧型客車編成 »

2016年9月30日 (金)

「瀬戸の花嫁」12.14系

 ご存じのようにJR四国から東武へ売却された12.14系客車。甲種輸送とはいえ、「瀬戸」風のヘッドマークを掲げ、四国~東海道を上る姿はまさしくブルトレを彷彿させる姿であった。

 知人が「瀬戸の花嫁」と詠っていたが、歌詞に通じるような上京である。JRマークも車体には一切無く、各社協力の下行われた「嫁入り」であった。

2016.9.29 真鶴 8862レ

写真・文 T.A.

Dsc_8800_r

|

« 信州カシオペア紀行 – 指定機復活 | トップページ | D51 C61重連旧型客車編成 »

執筆者T・A」カテゴリの記事

コメント

Aさんもご活躍ですね。お召し列車から「信州カシオペア」、果ては甲種回送まで。このブログの皆さんの動きを見ていると昔日の学生時代を思い出すほど。これだけ撮りたい被写体が減っているというのに、それぞれターゲットを絞って遠出をしたり寸暇を突いて撮影に行ったり。刺激を受けて遂に当方も30日は篠ノ井線まで「カシオペア」を撮りに出かけてしまいました。
それにしても今回のJR四国の客車の回送はわざわざヘッドマークまで作って、EF652139指定という入れ込みよう。かつて「つくばエクスプレス」の甲種回送時のことを思い出させる演出効果でしたね(自分は撮っていないけれど)。こういうことをされるとヘッドマークに弱い鉄道ファンは居ても立ってもいられなくなって、夜にもかかわらず東京周辺ではファンが多かったと聞きます。実際、このマークはJR貨物が製作したのか東武が作ったのか、分かりませんが明日以降の秩父、東武線内も掲げられるのでしょうか?期待しているファンも多いかと思います。

ところで「瀬戸の花嫁」、古いですねぇ。もう44年も前のヒット曲。今の子たちに知っている子はいるんでしょうかね。

投稿: U | 2016年10月 1日 (土) 07時42分

 秋の気配がいささか遅かりし9月末でしたが、この甲種の演出を確信したときにいてもたってもいられない状況になり、少しでも好天のエリアを狙って3発、電車で追っかけました。
 なかなかお眼鏡に叶う列車がなくなってきた昨今、撮りながら学生時代のゴハチ大窓詣でを懐かしく想い浮かべてました。鷲津弁天島や掛川菊川金谷、用宗焼津、函南等々・・・・・
 好きなものを撮る楽しみは変わりませんので、またお付き合いいただければと思います。

 瀬戸の花嫁に因んで、数あるブルトレの中で「瀬戸」以外にヒット曲に出てくる名称はあるんでしょうか?

投稿: T.A. | 2016年10月 9日 (日) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/67732744

この記事へのトラックバック一覧です: 「瀬戸の花嫁」12.14系:

« 信州カシオペア紀行 – 指定機復活 | トップページ | D51 C61重連旧型客車編成 »