« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

「北斗星」最後の静狩跨線橋で

毎年この時期に書いていることだが、ことしも日が暮れると秋の虫の声が聞こえる季節になった。浴室の窓を開けて湯に浸かるのは風流な気分。秋に向かう2週間がせいぜいの短い贅沢だが、目を閉じて虫の声を耳にリラックスできる時間がいとおしい。

ブログにアップできる写真も払底したから、これまであまり書くことのなかった撮影時の記憶を中心に展開したいと思う。再掲になる写真もあるかもしれないし、個人的な感想に不快感を抱く方もいるだろうが、そこはブログというものの性格上、目を瞑っていただくより仕方あるまい。

**************************************************************************

昨年8月上旬に撮影した写真。これが静狩の跨線橋で撮る最後の「北斗星」となった。
天候に恵まれず5日間の旅行中、晴れたのは2回だけ。流し撮りをしたり、曇天用のポイントを念頭に撮影計画を練った中で、この日の午前中だけは晴れるという予報から、ポピュラーながら大好きな静狩跨線橋を選択した。

「北斗星」の通過は8時37分ごろだが着いたのは8時。どうせ最も線路寄りはあいているだろうとの予測をもとに、豊浦の宿で朝風呂に浸かってからのんびりと朝食を取って7時半に出発。現着したら先客は6、7人、お決まりの立ち位置で200~300ミリ程度で構える人ばかり。自分が立とうと考えていたポジションには、やはりどなたもいなかった。
北海道の朝8時台とはいえ夏。超望遠域は陽炎で使えないと判断して買ったばかりの新型500ミリ単体で迎撃することにする。迷ったのはカメラボディ。陽炎を危惧して画素数の少ないD4Sにするか、「北斗星」撮影ではほぼ最後の訪問となるであろう、お気に入りのこの場所で、より高画素の D800Eを起用するべきか。通過までさほど猶予がない中で下した判断はD800E。これまで何度もここで撮影して、個人的には満足できる絵もあるのだから、最後は高画素で勝負するべきだと玉砕覚悟の賭に出た。この決定には10カ月前、D810で撮った写真の画質が不満で、わざわざD800Eを買い戻したという経緯も大きな材料となった。
早切りは禁物。D800EのバッファメモリではRAW14、15コマが限界。遠目の位置でシャッターを切っても陽炎で使えまい。なるべく列車が近づいてから切り始めることを念頭にファインダーをのぞく。

それにしても周囲の皆さん、さほど長いレンズではないのに、こちらよりもかなり遠目の位置から連写を開始。このポイントは遙か遠くから列車が見え始めるため、心情的に早くからシャッターを押したくなるのは理解できるがそれにしても…。大量に撮って、後でその中から気に入った画像を選択するというのだろうか。前もってどの位置で切りたいと、狙いをつけて撮影に臨んでいるのか甚だ疑問。「撮った」のか「写っていたものから拾うだけなのか」? こういう方々が連続撮影枚数が稼げると考えてフラッグシップ機に飛びついても「豚に真珠」「猫に小判」。案の定、その中の1人(D4使用の方)が列車が手前に来た時にはタマ切れで、「アッ!」と大声を出したからムー ビーを撮っている人が迷惑そうな表情をしていた。こういうケースによく居合わせるが、せっかく北海道まで来てご愁傷様としか言いようがない。(しかしD4でタマ切れを起こすとは、いったい何枚の写真を撮ったのだろうか?)

こちらの出来はほぼ狙い通り。かなり拡大すると陽炎の影響も見られるとはいえ、この季節にこの場所で500ミリという長めのレンズを使ったにしては及第点。ただし線間に伸びた雑草が見苦しく、今になってこの写真を見るたびに、今夏DF200牽引の「カシオペア」をここで撮った人たちも、きっと目障りに感じたのではないかと想像している。

(写真、文:U)

_dsc10201
話は全く異なるが本日のNHK、番組欄を見たら朝の6時から夜の10時まで、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」以外はほぼ台風情報。公共放送としての在り方は理解できるものの、それにしても大地震のようなケースでもないのにあまりにも極端な気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

旧夕張線 紅葉山―夕張間の廃止

夕張市長の容認で、石勝線新夕張―夕張間即ち、旧夕張線紅葉山―夕張間の廃止が濃厚となった。

19751224日に国鉄本線の蒸気機関車による営業貨物列車の最後を飾った記念すべき当地であるばかりでなく、以前投稿したように、その間際当時高校生であった下名も当地を訪れ大変感銘した、決して忘れることのできない場所である。それだけに非常に残念である。当事者でもないので勝手なことは言えないが、将来を担うはずの地域の子供たちの進学先も、将来の不安から札幌地区等への流出が進んでいると聞く。一発逆転の地区再建の手立てはもう残っていないものだろうか。

Img_20160110_0016c

1975-12  夕張線紅葉山

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

最近の磐越西線C57180

昨年後半くらいから、磐越西線の特にC57180で迫力ある煙を見られる機会が減っており、今年に入って、その傾向は更に顕著になっているようだ。このため昨年は頻繁に出向いた当地だが、今年は足が遠のき、試運転時以降訪れていない。

煙を吐かない前提となると、煙を大きく取り入れる蒸気機関車ならではのアングルは意味をなさなくなると感じ、どうしても超望遠でアップで撮りたくなってしまう。今回は、電化区間であるとともに煙は薄いものの、そのアングルが気に入っているショットを紹介しよう。

Img_0556c

2016-3 磐越西線

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

久々のお召し列車運転

9月は「カシオペア」の長野入りや583系が数回上京、ほぼ完成した「四季島」が配属先に回送されるなど何かと話題が多く、それに伴って撮影地でのトラブルも増えそうな気配。毎度のことながらウンザリするニュースを耳にすることだろう。

そんな中、11日には山形県で開催される「豊かな海づくり」に出席される天皇・皇后両陛下のお召し列車が酒田→鼠ヶ関→鶴岡間で運転される。車両はもちろんE655系。昨日23日をはじめ、すでに足馴らしは行われているが、今後は本番に向け現地での試運転も本格化するはず。

酒田~鶴岡~鼠ヶ関は区間は短いながらも収穫に向けた稲穂が色づくシーズンで、それと絡めたり海をバックとした絵が撮れそう。地図を見れば分かるように鼠ヶ関~鶴岡間なら1日に2回、上下2本が確実に撮影可能だし、日曜日とあって場所取りも熾烈なことになるのは必至だから、10日にうかうか「カシオペア」を撮ってからの転戦では場所の確保が難しくなると、前日から乗り込むことを決めているファンも多いと聞く。久しぶりのお召し列車で、天皇陛下の生前退位問題なども気になるから、いろいろな意味で注目されそうだが、どうか平穏に終わって欲しいものだ。

*****************************************************************************

自動車メーカーのマツダが2017年後半から、初代ロードスターのレストアを開始するというニュースは昔、愛車としていた自分には魅力的なニュース。

1600CC で120馬力というエンジン性能も横幅1670ミリで軽量の同車にはベストマッチング。回頭性能が良く、福岡赴任時代に阿蘇山中のワインディングロードを走ったときの快感は今でも夢に見るほど。子供が生まれて泣く泣く手放したが、ドライビングの気持ち良さは27年来乗り続けているR32GTRよりも格段に上だ。

レストアするというニュースだけだから、もし手に入れるにしても状態の良い中古車を先に入手しておかなければならないのか、あるいはレストアした車が売りに出される可能性もあるのかは不明だが、とにかく心が動く告知であるのは間違いない。
さすがに3台も車を維持するのは非現実的だが現在、R32がかなりの高値で下取りできていることを考えれば、これが初代ロードスターを買い戻す最後のチャンスになるだろう。

でも、こういうことを書くとR32がへそを曲げて、不具合が生じるんだよね。

*****************************************************************************

またもや黄金での写真。数えてみれば20回前後は通った場所だし、2014年などは「トワイライトエクスプレス」「カシオペア」「北斗星」と1日に3本も撮影できたケースもあったのだからコマ数だけは多い。

しかし天気に恵まれたのはそのうちの2~3割程度。ほとんどは駄作を残した勘定になる。日中、晴れていても夕方になると地平線付近に雲が湧いて夕日が遮られること夥しく、何度ガッカリさせられたことか。この写真は夕日を遮った雲の下から再び太陽が顔を出して一条の斜光が列車を照らしたときの「カシオペア」。この写真がここで最もフォトジェニックな光線状態となった。

(写真、文:U)

_dsc42634_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

木魚の効果

先日、あるきっかけから「木魚」を入手した。そう、法事などでお坊さんが読経のときにポコポコとたたくあの仏具だ。Wikipediaによれば「自らの尾を食う魚や、2匹の魚や龍が珠を争う姿などを図案化した鈴のような形をしている。表面には魚の鱗が彫刻されている。クスノキなどの木を材料としてつくられる。内部は空洞になっている」。

当初、自宅にあのようなものを置くのは辛気くさくもあって、かつ妻の反対もあったから躊躇していたが、撥(ばち)でたたくと気分が和み、リオ五輪でイライラしたこの夏を乗り切るには最適。最後は妻も仕方なくわがままを黙認してくれた。
毎朝3発、帰宅して3発、寝る前に3発。たたくのはわずかながらも、これだけで一挙に気持ちが落ち着く。仏具としてよりもストレスでささくれ立った精神を通常のリズムに戻すメトロノームのような役割を果たしてくれていて、一種の催眠療法を受けているかのような印象だ。逆に考えれば自分はそれほど五輪が嫌いだという証でもあるわけで、この夏はおかげで無事、閉会式までこぎ着けることができた。

皆様も是非、お手元に置いてみてはいかが?と万人にお勧めできるようなアイテムではないけれど、我が家にお越しの客人には是非とも試してもらって、その効果を分かち合いたいと考えている次第。

*****************************************************************************

時がたってみるとこんな写真でもブログのネタにさせていただくことができるものだ。1980年に撮影した「銀河」。

この日はどうしてこんな機関車なのにわざわざ出かけて行ったのだろうか?
運用をたどって53号機が上京してくると思ったら差し替えられたのかもしれない。

ここ東神奈川は被る率が実に高いポイントだった。朝の通勤ラッシュがそろそろ終了するかという時間帯でもあるから、京浜東北線の列車本数も比較的多くずいぶん痛い目に遭ったことを思い出す。列車の向こう側にある架線柱を機関車が通り過ぎてからシャッターを押したいが、手前から下り列車が接近して早切りしなければならないことも頻繁だった。編成写真を撮るには良い場所だったがリスク(こんな言葉は当時はまだ一般的ではなかった)も高く、ここでEF5861を撮るのはそれ相応の覚悟も必要だったと記憶している。

とにかくこの日は大嫌いだった白いHゴムの128号機。
しかし今になって見てみると白いゴムが20系の白帯に案外、マッチしているようでもある。
ものの見方は変わる。時代とは不思議なものだ。

(写真、文:U)

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

7105 義経 特別展示運転

先に投稿したD51 200,の動態復元の進捗状況を捉えに向かったのだが、偶然にも71007105号機 義経による特別展示運転も行われ、今回はSLスチーム号の牽引機8630号機との並走運転も行われた。居並ぶ他の蒸気機関車達と比べて可愛らしいサイズではあるが、展開される力強い走行シーンに新たな驚きを覚えた。

7t5a6112c

7t5a6291c

7t5a6014c

2016-8 京都鉄道博物館

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

EF641031+EF8195牽引カシオペアクルーズ

Uさん、温かいエールをありがとうございます。でも、出撃するにも億劫さとの闘いで、特に夏場は光線や暑さを勘案すると、なかなか出撃の意欲も削がれますよね。それに比べて、Hさんのエネルギッシュなこと、ただただ脱帽です。当社の場合、お盆休みというものはないので、EF8181牽引のカシオペアは行くこともできず、しっかりとHさんが仕留められている作品を拝見すると、羨ましいばかりです。さて、アップするのは、既にKMさんとHさんが上越線内の写真を掲載されている86日朝の下りカシオペアクルーズです。当日は、もともと色々と所用が重なって遠出は難しかった上、光線や猛暑を勘案すると、北上してもなかなか条件が厳しいであろうことが容易に想像できたこと、さらに本務機のEF8195の塗装の劣化が激しいこともあって、遠征はせずに高崎線内でお手軽に済ませました。まだ朝8時台とはいえ、グッタリするような蒸し暑さでしたが、幸い撮影者も少なく、最近にない、まったりとした雰囲気のなかで待つことができました。光線は、半逆光であることは当初から覚悟していましたが、側面を多く入れるとさらに顔が黒く潰れるのが強調されてしまうので、あえて本務機のEF8195は殆ど無視して、双頭機であるEF641031を正面から狙ってみました。これで、103010321031と長岡の双頭連結機のEF643機とも揃い、JR東日本さんお粋な計らいには感謝なのですが、やはり惜しむらくはHMがなかったことですね。中央線経由のカシオペアも色々と憶測を呼んでおりますが、有名撮影地は恐らく「激」がつくほど混雑することは目に見えており、出撃する元気はなかなか沸いてきません・・。(写真・文:T

Dsc_62532_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

夏HMの「やまぐち」ダブルヘッダー

先般のH氏の投稿にもあるように、7月末は重連のやまぐちを2日間に渡って同行して撮影した。 翌8月1日はやまぐち号運転開始の記念日であり、引続き重連であったのだが、H氏は都合つかず残念ながら帰京となり、当日は単独での撮影行になった。

夏草ぼうぼうの中、引きの効く場所も数少なく、この日からの夏マークも生かしながらの撮影はなかなか難儀するものであったが、唯一の「生涯現役蒸機」C571はC56を従えて篠目を発車していった。

写真・文 T.A.

C5711_r_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ELレトロ碓氷

先に投稿したSLレトロ碓氷の返しである。 横川でD51 498EF64 1001を眺めながら、峠の釜めしで空腹を満たした後、付近の雰囲気のよい場所へ向かった。曇りを期待したのにも関わらず、残念ながら暑い上に晴れて日射しの強い悪条件となった。こちらは撮影者はまばらである。

Img_0854c

2016-8 信越線

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

カシオペア紀行下り 北海道乗り入れ今夏ラスト

今回は噂通りEF8181号機が充当されたため、行きたかった場所へ急行した。ここはカブリがかなりの確率で生じるため、高度の覚悟が要るのだが、編成の長さから丁度最後部まで映しこめるため、どうしてもやりたかった。雨の予報があったが、幸い直前に青空が見えるほどに回復、カブリ常習の湘南新宿ラインは早めに通過、一同胸をなでおろした途端、接近灯の点滅が始まった。

7t5a6575c

2016-8 東北線

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

大沼駅進入の「北斗星」

Tさんのことだから寸暇をついて「カシオペア」を撮り続けているだろうことは想像に難くなかったが、私のような暑がりにはハードすぎる。ましてTさんの記事にあるような「クソバエ鉄ちゃん」などが出現したらなおさらだろう。ただでさえ暑いのに気持ちまでカッカして熱くなり、外と内からの熱で干物と化してしまうかも。
撮る列車が減って多くの人が同じ被写体に殺到するから、今後もいろいろトラブルが起きるだろうが、そう予想するとたしかにこの趣味も「潮時」なのかもしれない。T氏の思いももっともなことだ。

それはそれとしてTさん、忙しい状況と拝察しますが、私のような「負け犬」にならずに、今後も盛岡行き「カシオペア」などにも精力的に出撃されますよう。
成果を楽しみにしております。

***************************************************************************

さて、こちらはアップできるような新しい画像もなく、ブログの題材をどうしようかと古い写真を見ていたら一昨年、大沼駅南西の踏切で撮った「北斗星」に行き当たった。かつて掲載したことのある写真で、そのときは場所を特定されないようにぎりぎりまでトリミングしたうえで周囲を暗く落とした。すでにJR北海道からDD51も消えた今、ほぼノートリであらためてアップする。

批判を承知で今となって明かせば、実は黄金の写真ももうあそこで上り「北斗星」が撮れるチャンスはあるまいと、日没が早くなった2014年の9月になってから順次ブログに掲載したが、思いもかけず翌年3月以降も臨時とはいえ「北斗星」は頻度高く走り(自分の予想ではせいぜい5月の連休とお盆期間中のみと考えていた)、おまけにそれがさらに撮りやすい「カシオペア」のスジになってしまったのは大きな誤算だった。おかげで翌年はワンサカ人が集まるようになってしまったのだから。
もっとも、国道や列車から丸見えの黄金の防波堤脇で午前中から三脚を立てていれば、他人の撮る場所が気になってのぞきに来る輩もいたから、遅かれ早かれ知られてしまうのは仕方がなかったが、そうなるとやはりマナーを守れないような奴も来るようになる。しまいには線路際の標識を抜くクズまで出現したほど。安らかな環境下で撮影に臨みたいと考えている自分としては姑息と自覚しつつも、せめてそういった「戦略」で温存したかった。

黄金以外のお気に入りの数カ所についても同様。意識して日没が早まって撮れなくなったタイミングでアップしたり、DD51なき後に掲載した写真もある。今回の大沼駅手前の踏切は有名撮影地ではあるものの、「北斗星」通過時に時期によってはこんな光が差すことを知られたら、またもや面倒なことも起きそうだと前回は極力、場所が分からないようにトリミングして掲出した次第。

500ミリで撮影日は2014年9月13日。若干の遅れがあったことも手伝って木々の合間から光が差し、スポットライトのような効果となった。まだらな光を敬遠する人も少なくないだろうが自分としては単なる順光下の写真より断然マシだと考え、全体がややアンダーとなるように露出を切り詰め、そのうえで光の当たっているところを少しだけ明るめに調整した。
仁山寄りの小沼湖畔は直前まで霧で覆われ、仕方なく昔スキー旅行で来たときに何度も訪れたことのあるこのポイントをチョイスした。もちろん、冬場は朝日など期待できる場所ではないから、まさか9月になるとこのような光線状態になるなど知るよしもなかった。5~8月初めまでは編成全体にも光は当たるようだが、徐々に当たらなくなると訪れる人も少なくなって、こんな雰囲気の写真が撮れることはあまり知られなかったのだと思う。あれから2年たって周辺の木々も生長し、今はどうなったかは不明だが、狙い方を変えてみると面白い絵が撮れただろう。時間があれば短期集中で開拓したかったものの、残念ながらかなわず、心残りあるポイントの一つとなってしまった。

季節によって撮影地の光の具合は大きく変わるから1回だけでなく四季折々、何度も通ってみることも重要だ。

(写真、文:U)

_dsc45472

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にポインターを持っていって右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

SLレトロ碓氷

盆休み中、旧型客車編成でSL碓氷が運転される日に時間が取れたため安中鉄橋へ出向いた。やはり旧型客車の上、最後部のELが茶色のEF64 1001であるため色合いに統一感があり、編成全体が美しい。かなりの猛暑、強い日差しの中、多くの同業者が集まった。帰省渋滞が若干心配ではあったが、丁度谷間の日であったようで、特に問題はなかった。

Img_0824c

2016-8 信越線

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

133号機牽引カシオペア紀行ほか近況報告

HさんやTAさん、Uさん、KMさんと皆さまのブログ、大変楽しく拝見させていただいております。Uさんもここ2ヶ月程は大変お忙しいようですが、小生も7月は地方出張5回(秋田・青森・山口・岡山・岐阜)に加え、通常ベースの仕事も難しい問題が山積し、実家の親の入院、さらも8月に入ってはからは家内の実家の義母の入院等とてもブログに投稿していられる状況ではありませんでした。そうはいっても、カシオペア紀行やカシオペアクルーズは、炎天下で陽炎が出る中、何とか時間を見つけ記録にだけは残すようにしているので、徐々にご披露させていただきたいと思っております(とりあえず、田端EF81と長岡のEF64双頭機は全機押さえました)。さて、先日9日のEF8195の戻りの際には東大宮~蓮田で4人組が通過直前に線路脇に乱入し、線路を渡って逃げ去ったとの衝撃的な事件がネットや動画で報じられておりましたが、マナー違反どころか犯罪行為であり言語道断です。また、最近一部のマナーの悪いマニアの愚行が目に余ることもしばしばです。マナーが悪いだけでなく、逆ギレし、反省のかけらもない場面にも複数遭遇し、非常に不快な思いをしたこともしばしばで、こんな嫌な思いをするくらいなら、鉄ちゃんもそろそろ潮時かなとも思う今日この頃です。今日も、いつも撮りなれた場所で常連の皆さんと平穏に撮影していたのですが、周辺住民は快く思っていないらしく、危うくトラブルになりそうになりました。こういうことが続くと、どうしても撮りたい被写体が激減していることもあり、色々考えさせられます。とりあえずアップするのは、いずれも133号機牽引の、813日(本日)の上りカシオペア紀行と723日の下りカシオペア紀行です。(写真・文:T

Dsc_62801

Dsc_61911_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

D51 200 の今

機会を得たため、来年山口線への投入が予定されているD51 200の動態復元状況を捉えに、京都鉄道博物館を訪れた。 缶胴からキャブにかけて組みあがってはいるものの、足周りは今後の状況。ピカピカのキャブ、スットした煙突や缶の金帯が目をひく。
 ただ一方、先週山口重連の役目を終えたばかりのC56160が帰区していたが、補修が必要となった模様であり今後が心配である。

7t5a6057c

2016-8 京都鉄道博物館

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

山口重連のけむり 2016年7月31日復路

 復路は、人出の多さから敬遠しようと思っていた超有名場所。到底場所の確保が不可能であることから諦めかけていたところ、T.A氏の知り合いの格別のお計らいで場所を確保頂き、本当はやりたかったこの場所を確保することができた。

Img_0766c

2016-7-31 山口線

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

三度双頭機カシオペアクルーズ

 結局、今回の1031号機で牽引補機のEF64は長岡の3両の双頭機が順に全機投入されることとなった。

今回も魚沼地方へと足を伸ばした。向かったのは前から気になっていた場所。条件は最悪、気温の高さと日差しの強さが尋常ではなく陽炎の出方が激しく悩ましい。だがここは無理をしてでもどうしても600mmで撮りたかったので強行する。一方、短い300mmも併せてやることとした。

 帰路、サービスエリア直販の魚沼産特選こしひかりを購入。これがまた美味いのである。

Img_0798c

2016-8-6 上越

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

2年前の黄金

6日の「カシオペアクルーズ」もとうとうパスしてしまった。当日の早朝、いったん起床して外を見たら空には雲があって太陽も見えないから、撮影には悪くない条件であることを確認しながらも、暑さに弱い自分の重い腰はとうとう上がらず、そのままベッドに戻ってしまった。
前夜、長岡から送り込まれてきたEF64が双頭連結器の1031号機であることもチェック済みだったが、夏休みの子供たちに混じってカメラを構えるだけの「やる気」はわき上がらなかった。なにしろこの夏は大嫌いなオリンピックにも仕事でかかわらざるを得ないから、そんなことも気分を萎えさせたのだろう。

それでももし昨年、オリンピックが開催されていたとしたらあれほど北海道に行くことはできなかっただろうから、そう思えばがまんしなくてはなるまい。黄金や有珠~長和の海岸で朝からビールを飲みながら、夕方まで列車を待つような悠長なことは考えられなかったはず。勝手な言いぐさだがDD51牽引の「北斗星」「カシオペア」の廃止が今年でなくて助かった。

今回は一昨年7月の黄金での上り「トワイライトエクスプレス」。16時前後に通過する「トワイライトエクスプレス」は太陽が機関車の前部を照らすことがなく、正面の4分の1ほどに当たるのがせいぜい。おまけにまだ気温も高いから下手に長いレンズを使うと陽炎でモヤモヤ。したがって上り「トワイライトエクスプレス」はもっと長万部寄りで撮ってから、黄金に転戦すべきなのだが、次の「カシオペア」までの時間を考えると移動が難しかった。せいぜい大岸付近でとらえないと「カシオペア」通過までに黄金に到達することは困難だっただろう。

これはダメ元で700ミリ。よく見ると陽炎の影響はあるのだが、まだマシな方。もっと正面方向から撮影すると列車側面の日が当たる部分が減り影の部分ばかりになって、ますます見られない写真になってしまうから心持ちサイドを入れた。黄金ではこの後、日没にかけて太陽が列車の前方に移動して光が良くなっていった。

(写真、文:U)

_dsc42221

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にポインターを持っていって右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

山口重連のけむり 2016年7月31日往路

 31日往路の撮影地をどこにするか、前日晩にT.A氏と酒を酌み交わしながら議論を重ねた結果、ひきのある場所として、この有名場所を選択せざるを得なかった。

 やはり人出の多さは尋常ではない。三脚を目いっぱい伸ばし、たてた銀箱を踏み台にして、何とか場所を確保できた次第。やがて聞こえてくるドラフト音のテンポの速さは並外れていた。

 その後は、普通に追いかけて、これまた有名場所ではあるが、発車後でけむりの感じもよいことから、ついついここに来てしまう。本当は、駅発車直後の築堤でやりたかっのだが、これまた線路脇には雑草が高く生え放題で撃沈。ポピュラーではあるが、小高い場所からやや見降ろし気味に狙うこととした。

Img_0740cc

Img_0753c

7t5a5767c

2016-7-31 山口線

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

山口重連のけむり 2016年7月30日復路

復路は、綺麗に撮れる場所として白井へ。ここは、洪水土砂流出災害後復旧したものの、その姿は大幅に様変わりしてしまっていた。しかしながら今回、そこそこ草で覆われてきて、何とかこなれてさまになってきている。

 ここは駐車場確保に苦労するものの、様々な角度から撮れ、煙も大はずれはなく、何度でも来たくなる場所である。

Img_0707c

Img_0714c

7t5a5725c

2016-7-30 山口線

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カシオペアクルーズを撮影

このところT,Aさん、Hさんと寄稿されていて賑やかになってきて嬉しく感じる。私は昔のスキャン画像か近場でのお手軽撮影くらいしかアップできないのでバラエティー豊かな話題で楽しませていただいている。

今朝は少し早起きしてカシオペアクルーズを撮りに上越線まで出動してきた。EF5861が奥利根に入ったり、C61が走り始めたことは頻繁に通った線区だが、このところはほとんど行っていなかった。

晴れてしまったが、水上までの間で正面に光があたり全編成入る場所はほぼ無いので、適当な場所でカメラを構えた。

暑さと帰路の混雑を嫌って即刻退散し、昼過ぎには帰宅した。

(写真・文:K.M)

2016年8月6日 

Dsc_1663

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

山口重連のけむり 2016年7月30日往路

T.A氏と同道してSLやまぐちの恐らく最後となるであろうC57+C56重連運転の姿を捉えるため、山口線へ出向いたので報告したい。

全般的に、煙はそれなりではあったものの真夏で気温が高いため色合いが単調で、爆煙と呼ぶには程遠いものであった。また重連であるため客車5両では軽すぎるためか、全般的に飛ばしていた感が強く煙は流れ気味であった。

今回は重連ということで、次位のC56160の姿が出来るだけはっきり映し込める画角で狙いたかったのであるが・・・。意気込んで臨んだまでは良かったが、目論見んでいた場所に行ってみて愕然とした。線路際のみならずレール間に至るまで雑草が伸び放題で、まるで廃線跡?とも思えるような状態だ。サイド気味の画角では足周りは全く見えなくなる。仕方なく方針を変更、俯瞰気味で捉えられる場所へと移動した。

T.Aさん、小海線の大カーブ、その雄大さとても懐かしいです。

Img_0672c

7t5a5629c

2016-7-30 山口線

( 文、写真:H )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小海線のDD16旧客

Dd16_r

 この夏は西日本で早く梅雨が明けたものの、信州から東は下旬まで天候がハッキリせず、梅雨明けも大分遅くなってしまった。夏休みに入って各地でイベント臨も多く走っているが、高崎の旧型客車もあちこちへと出張している。23.24日は大糸線でEF641001とEF6437のPPにてそれぞれ「かもしか号」「大町100年号」として運転された。また30.31日は小海線で臨時快速として久しぶりに運転された。小海線といえば小淵沢の大カーブが有名であり、C56の時代から名作を数多く傑出したポイントである。

 時間とにらめっこしたところ、どう見ても光線の良いのは午前に小淵沢を出る29日の回送。ということで、前日から現地入りし件の列車を待ったが、結果は曇天。先行のDCは順光だったのになぁ~と思ってはみたが、まずはこんな「国鉄」がここで撮れたことに感謝でした。

 架線のないレールがほんとすっきりしていることを実感した1日でした。

文・写真  T.A.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

A6-EMW エミレーツ航空 B777

8月3日、インドからドバイに向かっていたエミレーツ航空のB777がドバイ空港での着陸に失敗し大破炎上。乗客乗員は全員無事だったようだが、機体は上部が完全に焼け落ちでしまったようだ。

このB777、2003年製造のA6-EMW(s/n 32700、 c/n 434)、私は2005年8月にヒースロー空港で撮影済みの機体だった。

(写真・文:K.M)

2005年8月19日 LHR

Dsc_2855_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

思わぬ収穫

1980年の夏、広島電鉄の鈴ケ峰女子短大前での撮影。駅が山陽本線に隣接していてホームから安全に写真が撮れた。この年、2度目の訪問だった。

天気が良くなかったから屋根のある撮影ポイントを考えた末の選択だが、EF58の中で最も好きな69号機が荷物の32列車に充当されていたから、どうしても撮りたかった。
ついでに撮影したEF6627号機は「ニーナ」などと、場末のキャバクラの姉ちゃんみたいな愛称で今や大人気になってしまったが、このころはまだありきたりのスタイル。

実はこのとき、ここの女子短大生3名にナンパされ、酒を飲みに行く羽目になってしまった。「羽目になってしまった」とは書いたが、今思い出してもなかなかの美人揃い。決して被害者になったわけではなく、それなりに良い思いもできた。

一番下の写真は広島電鉄の電車で、その中の1人が、貸したペンタックス6×7で撮ったもの。天気のせいもあって69号機はろくな写真にはならなかったが、収穫は3名の美女。このときオリンパスで撮影した女性陣の写真を見ると、どの子も皆優しそうなお嬢さんばかり。きっと良いお母さんになっただろうと想像しているが元気でいるだろうか。

何度も旅をしていると様々な経験をするものだ。

(写真、文:U&Y)

Img1461

Img1471

Img1481



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

国鉄時代の機関車たち

早いもので8月に入ってしまった。この週末、何か小海線方面の話題がネット上で多いなと思っていたら、DD16が旧型客車3両を牽引したようだ。「すべてが国鉄(チック)」ということで大人気だったようだが、それほど「国鉄」や「昭和」が遠い過去のものになりつつある証でもある。

国鉄の末期、特に夏休みや鉄道記念日(当時はこの呼び名だった)の10月には「○○機関車大集合」といった一般向けイベントが多く企画された。人混みの中で撮っても大した成果は期待できないが、特に何も獲物の無い日であれば少し覗いてみることはあった。

写真は確か1984年夏の浜松機関区に集められた機関車たち。当時は静岡在住で、現場の職員の方とも懇意にさせていただいていて、正式開場前の職員の方々の記念撮影の名目で、あまり人の居ない中での撮影が出来たこともあった。

当時はただ並んでいるだけとの意識だったが、今となっては結構良いカマが一堂に会しているとも思える。

(写真・文:K.M)

67bw5457_r

67bw5368_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »