« EF64 三重連貨物列車 | トップページ | カシオペア紀行 »

2016年7月15日 (金)

本物と偽物

所用で本日から岩手県の西和賀町というところに出かける。これが終わればやっと一息つけそうだが、今回は家族そろってグランクラスに乗るのが唯一の楽しみ。往復の道中だけでものんびりできたら良いと考えている。

つまらない写真だがもう40年も前の大阪駅での下り「あさかぜ」と、バカバカしいと思いつつのこのこ出かけていった成田臨のEF5889をスキャンしたのでアップする。ゴミだらけのネガでお恥ずかしい。

JR化後、こういう塗色変更機が続出して振り回されるファンが多かったようだが、個人的にはほとんど関心がなかった。EF58もこの89号機や150号機が茶色に塗り替えられたが、それぞれ1、2回しか撮影しなかったのがその証。
客車列車の現状を考えると、それでもまだマシな時代だったのかもしれないが、こうやって「純正」のブルトレと並べてしまうと、どうにも貫禄負けしてしまう。

(写真、文:U)

Img0861

Img133

|

« EF64 三重連貨物列車 | トップページ | カシオペア紀行 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/66512224

この記事へのトラックバック一覧です: 本物と偽物:

« EF64 三重連貨物列車 | トップページ | カシオペア紀行 »