« L1011 トライスター ホンコンカーブを行く | トップページ | 日常の風景 清水港線のDD13 »

2016年6月 5日 (日)

いろいろあって…

伊勢志摩サミットやオバマ米大統領の歴史的な広島訪問が終わったと思ったら、5月29日に身内が急逝。それがあまりにも突然だったためにブログを見るヒマもなかった。もちろん写真撮影どころではないし、次にいつ線路際に立つことができるかなど、まだ考えも及ばない状況だ。

それはともかく仲間の方々に任せっぱなしでは申し訳ないので、寸暇をついて簡単な記事をアップしたい。もう、ずいぶん前の写真。2012年暮れのもの。
この時期は日の出が年間でもっとも遅い時期だから東十条での走行写真もISO2000で320分の1。
上野に着いた「あけぼの」が推進回送で尾久に入る時刻になって、ようやく本格的に朝日が列車を照らし始める。直射光が強烈だった。東十条での撮影後、何度も通ったが光線としてはこの時期が最高。年が明けてしまっては黄色味の強い朝日は望めない。

客車を切り離してから機回しで踏切近くにやってくるEF64は、日によって両方のパンタグラフが上がっていることもあれば、片方だけという日もあった。そのため天気が良く、なおかつ2つのパンタが上がっている1枚を撮るため、短期集中してここ第三下田端踏切に通ったことを思い出す。

(写真、文:U)

_dsc90342

_dsc89961

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にポインターを持っていって右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

 

|

« L1011 トライスター ホンコンカーブを行く | トップページ | 日常の風景 清水港線のDD13 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/65856128

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろあって…:

« L1011 トライスター ホンコンカーブを行く | トップページ | 日常の風景 清水港線のDD13 »