« 日常の風景 清水港線のDD13 | トップページ | 日根野工臨返空 »

2016年6月 7日 (火)

EF64双頭機牽引のカシオペアクルーズ

64日(土)は、梅雨入り直前。95号機が本務機だったので追っかけもしたかったのですが、以前から予定が入っていたので、自宅にトンボ返りが必要だった。カシオペアクルーズといえばいつもお決まりの1051号機の牽引だったものの、今回は双頭機の1030号機が補機とあって、HMの有無に拘わらず何とか近場でも仕留めておきたかった。定時であれば被りのリスクが高い場所であったが、現地で偶然遭遇したKMさんとご一緒に運を天に任せることに。東十条手前での緊急停車で遅延したこともあってか、何とか被らないで捉えることができました。ところでUさん、心よりお悔み申し上げます。身内のご不幸は大変ですよね。2年前の529日と言えば父が他界した日。ちょうど2年前は、そんなこともあってEF8181牽引の下りカシオペアクルーズは撮れなかったものの、お通夜の日の朝に無理矢理上り時間を割いて上りのカシオペアクルーズを東鷲宮で迎撃したのを思い出しました。他のお仲間の方々は遠征されたんでしょうかねえ。小生は、会社があったので当然今日の戻りも撮影できず。それにしても95号機は随分車体の汚れが目立ってきましたね。田端の機関車はみんな綺麗に整備されているのに残念な限り。(写真・文:T

Dsc_57551_4

|

« 日常の風景 清水港線のDD13 | トップページ | 日根野工臨返空 »

執筆者T」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/65897590

この記事へのトラックバック一覧です: EF64双頭機牽引のカシオペアクルーズ:

« 日常の風景 清水港線のDD13 | トップページ | 日根野工臨返空 »