« EF12がお座敷列車を牽いた日 | トップページ | 山口のけむり 2016年 二日目復路 »

2016年5月 3日 (火)

お召し回送

K・M氏がこのブログに本格的に復帰してくれるはこびとなった。正直、ホッとしている。古いネガをスキャンする気になかなかなれない自分としては、デジタルカメラで撮った近作でつないでいる次第だが、青いDD51が夜行列車牽引から撤退した今、力を注いで撮影するような被写体もなくブログの閉鎖、あるいはPW制化も視野に入れていた。
そんな矢先だからHa氏やK・M氏の参加、復帰を非常に心強く感じている。お二方とも貴重で素晴らしい写真を多々撮ってきているから、このブログもかなり傾向が変わって上品にリニューアルできることだろう。
また、余裕ができればK氏やH氏からの寄稿もありそうだから、自分自身も非常に楽しみにしている。

********************************************************************

先ほど仕事が一段落したので職場で記事を書いている。今夜(2~3日未明)は20台近い大型テレビに囲まれたメインデスク。

CMやニュースなどをモニターするための席だが、どうしてこんなくだらない番組ばかりなのだろう。芸人がものを食って騒いでいた り、女を装ったデブが闊歩していたり、学芸会に出てくるような、「お遊戯」を繰り広げる自称「アイドル」を気取ったガキどもがゾロゾロゾロゾロ…。

見ている奴がいるのかネ???

こんなことを書くと、思い上がった匿名希望の人たちからの批判が来るのかもしれないが、これはブログ。新聞やテレビ、書籍と違って金を頂戴しているわけではない。個人が考えていることに口を挟まれても、大きなお世話。そんな輩のことまで視野に入れて迎合する媒体ではない。そこまで配慮しなければならないのなら、そもそもブログなんか始めちゃいない。

だから、(自らの)このスタイルは変えない。不快なら読みなさるな。痛くも痒くもない。

*********************************************************************

先日、カメラ販売店の人と雑談していたら、キヤノンの5000万画素機、EOS―5Dsの販売が思っていたよりも伸びていないという。特に鉄道写真を撮っている人たちは高画素であることが災いしているのか、想像していたよりも鮮鋭な画像とならず、原寸大に拡大するとブレが気になってしまうとのこと。5Dsからもっと画素数の低い機種や、差額を出して1DX系に買い換える人も少なくないらしい。早めに見切りをつけて高く売れるうちに売り、それらに乗り換えているらしい。やはり思っていた通りだ。

以前にもそんな予想を記事にしたし、あらためてその原因を記すのもバカバカしいからやめておくが、けっきょくはネコに小判…のようで、一口で言えば高性能すぎたようだ。
とりわけ運動写真や乗り物写真のような動きの激しい被写体では、ミラーショックが限りなくゼロにならない限り、高画素機をむやみに使用するのは失敗のもと。ただでさえ駅のホームなどでの三脚使用が禁止されつつある昨今、手持ちで撮ることが増えれば当然のことだ。カメラのスペックだけに目を奪われて飛びついたら大やけどする。

どうやらニコンはそれらのことを傍観しつつ新機種を開発しているもようだが、自分としてはD810から買い戻したD800Eをしばらくは使うつもり。

********************************************************************

下の写真は2011年10月31日のお召し列車運転終了後の米子への回送。A氏やH氏に同行させていただいた。紋章や国旗などがたたまれてしまって、こんなことならどちらも撤去してくれた方がスッキリしたのに、返って目障りな印象を持った。

この写真、モニターで借りていた当時の最高画質を誇ったニコンD3Xで撮影したものだが、今や2400万画素など当たり前の時代。感度もISO100が基準で高感度性能もそれほ どではなかった。それでも飛び付いたおバカさんを知っているが、先日売り払おうとして愕然としたと語っていた。買い取り価格¥50000にも満たなかったという。売り時を誤ったことが大きいにせよ、普通の(状態の良い)D3の方が高く売れる傾向にあるという。

(写真、文:U)

_dsc07321_3

|

« EF12がお座敷列車を牽いた日 | トップページ | 山口のけむり 2016年 二日目復路 »

カメラ」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/65282179

この記事へのトラックバック一覧です: お召し回送:

« EF12がお座敷列車を牽いた日 | トップページ | 山口のけむり 2016年 二日目復路 »