« 奇妙な客車 | トップページ | EF5861 お召列車の朝 »

2016年5月22日 (日)

ブルトレヘッドマーク復活の頃

国鉄末期の1985年、それまでは東海道のブルトレにだけ残っていたヘッドマークが全国で復活した。かなり徹底された復活ぶりで関門・青函のような短区間でも、夜間しか走行しない区間でも付けられたことで東奔西走して撮影した。

1985年のGWは東北地方へ出かけ、あけぼの、日本海、ゆうづる、出羽などを撮ったが、青森あたりでは時間帯も集中しかつ本数も多く、どれをどう撮るか正に贅沢な悩みだった。

紹介するのは「出羽」だが、この列車そのものの写真というより「この場所」がポイント。

これはペンタ67の300ミリなので35ミリ版に直すと150ミリだが、画面の左奥をいまさらながら眺めると、もしここで800ミリとか1000ミリで撮っていたら・・・・・ということでアップした。

(Uさん、いかが?)

(写真・文:K.M)

1985年5月5日 2001レ EF8168 奥羽本線 道方ー下浜

67bw6279_r

|

« 奇妙な客車 | トップページ | EF5861 お召列車の朝 »

執筆者K・M」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/65604973

この記事へのトラックバック一覧です: ブルトレヘッドマーク復活の頃:

« 奇妙な客車 | トップページ | EF5861 お召列車の朝 »