« 朝日が照らす「カシオペア」 | トップページ | ニコンD5とEF64 »

2016年3月24日 (木)

青いDD51最後の順光撮影

それにしても毎度不思議に思うのは廃止となる列車に向かって「ありがとう!」などと声をかけたり、プラカードを掲げる奴がいること。列車に乗ったり撮影したりするのはこちらの勝手。まったくもって個人的な思いであって、それを声にするなど薄気味悪い。無機質な鉄の塊に魅力を感じるのは人それぞれ自由だが、いったい何が「ありがたい」のか??? 

駅のホームなどパブリックな場所で「さようなら」だとか「ありがとう」などと書かれたプラカードを掲げたり、大声を張り上げる姿は世間一般には不気味な光景にしか映らず、マスコミの餌食になって一部のオタクぶりが針小棒大に拡散され、それがファン全体への偏見となる。

ヤメテオクレ。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

さて、「カシオペア」1本だけとなって以来、撮影エリアを以前より南へスライドし、函館(海峡線をふくむ)から静狩までと絞ったが、この間にも有名な撮影地は数カ所存在する。できる限り人と肩を並べて撮影に臨まなければならないような所は敬遠したものの、覚悟していたよりもファンが少ないのは意外だった。しかし、それでも普段あまり北海道にご縁のない方々が多数、押しかけるのは確実で、不快な思いをしないですむポイントで穏やかに最後のDD51を見届ける環境は自分にとって必須だった。

本日アップしたのは16日の東山駅でのもの。前回の写真を撮った後に先回りし、結果的に順光下でのDD51最後の「カシオペア」となった。
以前の記事にも書いたとおり、函館~長万部間では晴れると機関車の正面に日が当たるのはここしかない。ダイヤ改正で廃止になる鷲ノ巣駅手前の直線、静狩のオーバークロスはギリギリ機関車前面の4分の1程度には光が当たるが遅延したらアウト。長万部以東に行けば順光になるポイントは多々あるが、太陽が高くなってしまう。少しでも低い位置から日が当たることも条件の一つだ。

実は1997年の函館スキー旅行で順光になるのはつかんでいたから1月の渡道で下見し、先月は実際に撮影して確かめていた。まず間違いなくここなら誰も来ないだろう。静かに撮れるし次の撮影地に移動するため道央道の森ICも近いという利点も大。ED79区間で撮った後は曇れば小沼湖畔、晴れれば東山と決めていた。

難点は線路際に各種の標識があって撮りにくいこと。列車のサイドに日が当たる側はそれが特に顕著。安全に超望遠レンズを使うなら立ち位置は自ずと限られてしまうが、順光の魅力には抗えない。

2月に訪れたときのように雪があれば最高だったが、春の到来を予感させる雰囲気も満更ではなかった。

(写真、文:U)

_dsc23682

|

« 朝日が照らす「カシオペア」 | トップページ | ニコンD5とEF64 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 いつも楽しく拝見しています。 廃止となる列車に向かって「ありがとう!」の件、同感です。私の息子、娘はスポーツ派で、鉄道ファン=人とコミュニケーションの取れないかわいそうな人、機械を追っかけて何が面白いのかと思っているようです。私も鉄道趣味は健全な趣味だと反論するのですが、オタクはキモイ(気持ち悪い)。親父もオタクの一員だったの?と言われる始末です。鉄道ファンの地位向上のためにも、節度ある行動が求められます。

投稿: 元鉄道ファン | 2016年3月24日 (木) 23時42分

「元鉄道ファン」さま、いつもご覧下さいましてありがとうございます。偏ったアングルの写真に偏った意見、否定的な見方も多々あるかと思いますが、これがこのブログの独自性と開き直って続けております。

さて、記事にもしましたように、駅で(おそらく)乗ったことのない列車に向かって大声で「ありがとう」とか、横断幕にそのようなことを書いてアピールする連中の気持ちは理解不能です。きっと感極まってそういう行動に出るのかもしれませんが、鉄の塊に向かってそんなことをして何になるのでしょうか?

やりたい人は今後も続ければ良いでしょうが、たまに独り言をブツブツつぶやきながら街を歩いている人に不気味さを感じるように、市井の人たちは「何だ、こいつ?」と思うことでしょう。鉄道ファンがオタクであるとのイメージは、こういう連中が世間に植え付けてしまうようで、正直言って同類に見られるのは勘弁してもらいたいものです。

こんな意見を書くと激しいブーイングが寄せられるかと覚悟しておりましたが、同じように感じていらっしゃる方からのコメントを頂戴し安堵しております。

投稿: U | 2016年3月26日 (土) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/64601697

この記事へのトラックバック一覧です: 青いDD51最後の順光撮影:

« 朝日が照らす「カシオペア」 | トップページ | ニコンD5とEF64 »