« 583系の「ニコニコ超会議号」 | トップページ | 久々の双頭機 »

2016年3月13日 (日)

僥倖(?)

次の北海道行きを終えれば当面、鉄道撮影の頻度が低くなるのは間違いないことだが、それはそれでホッとしていることも認めなければならない。これからも撮りたい車両が残れば、自らの性格から考えてもまだまだしつこくダラダラと撮影を続けていくことだろう。撮りたくて撮りに行くのだから「苦行」ではないはずだが、実際は年齢的に考えても今までのように日の出前に起床して、場所を確保したうえで撮影に臨むことがつらくなってきているのも事実だ。

12日、横浜から伊東に向けてEF641000番台牽引の「伊豆箱根ものがたり号」が運転され、その送り込み回送を撮るべく久しぶりに東十条に出向いた。こういうイベントものに参戦するのも恥ずかしい年齢なのだが、前夜調べてみると牽引機が双頭連結器の1031号機とあっては外すわけにはいかない。どうせ、ちゃちなヘッドマークだろうと想像はしていたが、マークが付かないEF64はどこか間延びした印象もあって、そんなものでも付くだけマシと午前3時半に起床した。
現地でTさんともお会いできたし、マークもギリギリ及第点。好きな、正面アップのアングルにも満足したが、やはり疲れるのも現実。帰宅後、昼食を取ってから2時間近くリビングでまどろんでしまった。本当はこの時間を使って北海道行きの下調べをしたっかたのに睡魔に立ち向かうほどの余力は残っていなかった。

実はこの前々日の10日夜から11日にかけてはほぼ徹夜で仕事をこなし、11日も帰宅してから2時間しか仮眠できなかったからなおさらだ。若者が喜ぶようなネタにノコノコ出向いて討ち死にし、この疲れを北海道まで引きずらなければ良いと心配になっている。

したがって今度のダイヤ改正で「カシオペア」が今までのような頻度で北海道に渡らず、しかも牽引機がDF200になるのならある意味、助かる面もあるというわけだ。もちろん、嫌々撮影を続けてきたわけではないが、体力の衰えは気力の減退にも直結する。良いタイミングで好きな被写体が消えることは老体に安寧をもたらすから、哀しいかな僥倖ともとらえている。

(写真、文:U)

_dsc97341

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にポインターを持っていって右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

|

« 583系の「ニコニコ超会議号」 | トップページ | 久々の双頭機 »

健康関連」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

U様

伊豆箱根ものがたりは東十条でやられたのですね。
朝方は雲が多かったですが、露出は大丈夫でしたでしょうか。
私はお決まりの東神奈川でしたが、京浜東北線に被られ残念な結果となりました。
日が当たって天気が良かったのが救いでしょうか。
ちなみに10人強と平和な撮影環境でした。
またどこかでお会いできればと思います。

投稿: ko-nomo | 2016年3月13日 (日) 20時19分

ko-nomoさま、いつもコメントを頂戴し、ありがとうございます。
12日の「伊豆箱根ものがたり号」は当初、私も東神奈川での撮影を想定しておりました。しかしながらよくよく考えると万が一、晴れた場合、機関車の正面に日が回らないこと、土曜日とはいえ朝の列車密度の高い時間帯で被りの危険が高いこと、そして何より場所取りが大変ではないかということを考慮して避けた次第です。前日の寝不足もありますから場所取りのために睡眠時間を削ることは老体に応えますからね(東神奈川は一昨年の「富士」のときのように、前日から場所取りをする人がいるくらいですから、遅くも4時に行っていなければならないと考えておりました)。

東十条には5時着の時点で2,3名しかおらず、その後、京浜東北線を利用して来る人たちで最後はそこそこの数になりましたが、「あけぼの」終焉時に比べれば平穏でした。晴れることこそありませんでしたが、「あけぼの」時代のこの季節には曇りでも撮影が可能であることも周知していましたので白羽の矢を立てたわけです。端から「ばんえつ物語号」の客車などフレームに入れることなど考えていないことも大きな要因でした。結果については近々、掲載しますが、いつもの自己満足の1枚です。ご笑覧下さい。

今度の北海道行きが終わったら、線路のそばに立つ機会は激減するかと思いますが、家も近くですしカメラではなくグラスを持ってお会いできる機会を作りたいと思っております。帰って一段落したら連絡させていただきますので、その節はどうかよろしくお願いします。

投稿: U | 2016年3月14日 (月) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/64423050

この記事へのトラックバック一覧です: 僥倖(?):

« 583系の「ニコニコ超会議号」 | トップページ | 久々の双頭機 »