« D-ABYI | トップページ | この会社、凄すぎるぜ! »

2016年3月 3日 (木)

「カシオペア」の再渡道へ向けた動き

何となくほぼ1日おきに書いているこのブログの記事。実は前回の2日はとても書けるような体調ではなかった。未明からの激しい腹痛で朝起きてみると高熱。幸いインフルエンザではなかったが、食事ものどを通らずパソコンを起動する気力すらなかった。そこで写真だけアップして記事なしでも良いと思い、夕方になってやや体調が戻ってからパソコンをのぞいてみるとTさんが寄稿してくれていてホッとした。特に1日おきという義務を自分に課しているわけでもないが、続けてきたことが途絶えるのはやはりちょっとした挫折感を伴う。おかげで体調不良も一気に好転した。

*****************************************************************************

今回、北海道に行ったら函館駅のホームには上り「カシオペア」を撮ろうと大勢の人が集まっていた。21時ごろにもかかわらずその数30名ぐらい。ダイヤ改正後は、これまでほどの頻度で北海道に渡って来なくなるから、こうなることは当然予期していたが、真冬の夜の駅にこれほどの多くが集まるのはやや想定外。皆さん熱心なことだ。
かく言う自分はほろ酔い加減でカメラも持たず、冷やかし半分、野次馬に徹したのだが、おそらく20日の夜などは大騒ぎになるのは間違いあるまい。

ただ、21日に東京に戻ったカシオペア客車は、24日には大宮入りしてEH800、DF200牽引のための準備や新幹線用無線機などの搭載工事を施すようで、引き続き北海道に渡る機会があるのは確実。「トワイライトエクスプレス」や「北斗星」のように2度と見られなくなるわけではないから、その点は慌てる必要はなさそう。撮っておくならED79やDD51、それにEF510などの機関車をメインにしたアングルの方が肝要かと思われる。

ちなみに24日は尾久発9:40ごろで大宮到着が10:00ごろというスジらしい(あくまでも未確認情報)。皆さん、牽引機が気になるのだろうナ。

一方、海峡線も485系などの特急を撮ろうというファンが目立った。ウンザリするほど写真を見かける渡島当別~釜谷のSカーブを見下ろす高台などはこの期に及んでも15名ほどが三脚を立てていた。地元ファンの方によると新幹線開業前後には、在来線でお別れのマークを付けた列車を走らせるという情報も流布されているらしい(もちろん第3セクター化される当日も開業記念のマークが付くらしい)。キハ47もそろそろ引退してもおかしくない時期。ヘッドマークが付くなら撮っておくのも悪くはないが、「カシオペア」の運転がいったん打ち切られる日(20日)と、ダイヤ改正当日にはズレがあるから、自分としては会社を休んでまで両方撮りに行くことは不可能。

*****************************************************************************

_dsc15241

_dsc15271

函館駅構内に留置されている3両のDD51。ずいぶん前から置かれているようだが撮影したのは今回が初めて。ナンバープレートが外されていて何号機かは確認できない。区名札差しに差されている白い票をアップで撮影すれば何号機であるか書かれているかもしれないが、もはや動くことがなさそうな機関車にそこまで拘っても仕方がない。

状態は良好で日本海側を走る電気機関車などよりもはるかにきれいだ。

(写真、文:U)

※なお、この記事は3日に書いたものの筆者の都合で公開は4日になってしまった。また、後日判明したが留置中のDD51は札幌方から1142号機、1083号機で一番手前は不明。7日の臨時貨物で留置中のホキ×14とともに陣屋町に回送される。

|

« D-ABYI | トップページ | この会社、凄すぎるぜ! »

健康関連」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
記事楽しく拝見しました。
北海道内もJR貨物の機関車が牽引するのでしょうか。海峡線部分は貨物の新幹線併用にも対応した機関車が牽くと報道で見ましたが、道内のDD51もだいぶ古いでしょうに、どうするのだろうと気になっていました。
個人的には、北斗星のイメージに合わせた青い車体の機関車、とても好きでした。しかし世代交代は避けられないでしょうし、貨物用の機関車をうまく活用して客車列車の歴史が続くことが大切だろうと思っています。
末長く活躍して欲しい客車です。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

投稿: 風旅記 | 2016年3月 5日 (土) 19時33分

「風旅記」さま、コメントありがとうございました。北海道の夜行寝台列車もいよいよ終末期となって、そのことばかりが喧伝されておりますが、個人的にはむしろ青いDD51の引退と捉えております。
もちろんJR北海道からDD51が全て消滅すれば何かと困ることもあるでしょうから、数両は残る可能性もあるのでしょうが、ヘッドマークも付かない列車の先頭ではあのブルーも映えないでしょう。

団体用として残る「カシオペア」の牽引はおそらくDF200が就くものと考えています。心の中ではDD51で継続されることを望んではおりますが、1年に数回、走るかどうかの列車のために残すのは普通の民間会社(これがなかなか「普通」とは言えない会社なので常識的な判断はできませんが)なら、まずあり得ない判断でしょう。

それよりも関心事は本州内での運転。どういった路線に入るのか(あるいは入らないのか)不明ですが非電化区間への入線もふくめて、数少なくなった興味ある被写体として注目している次第です。

投稿: U | 2016年3月 9日 (水) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/64259099

この記事へのトラックバック一覧です: 「カシオペア」の再渡道へ向けた動き:

« D-ABYI | トップページ | この会社、凄すぎるぜ! »