« 伊豆箱根ものがたり号 | トップページ | 最後の上野発の夜行列車~下りカシオペア »

2016年3月18日 (金)

函館にて

15日の夕方、千歳に着いて現在、函館に宿泊中。函館便を使えば良かったのだが、千歳のレンタカー店に脚立や三脚を預かってもらっているから、今回はそれを回収する必要があって新千歳空港を利用した。それに20日の上り「カシオペア」は電化区間で撮らざるを得ないから帰りは千歳発が便利だ。

函館まで片道約300㎞、15日は夜遅くホテルに着いたが16日は見事なまでの天候に恵まれたから疲れは吹っ飛んだ。下り「カシオペア」を3回撮影したが、いずれも申し分ない天気。特にED79の牽く朝の一発目はこちらに来る前から入念に地図を見て撮影地を選んだが、ドンピシャリ狙い通りのカットが撮れ今回の旅行の良いスタートを切ることができた。

二発目のDD51区間も順光。ここは前々回に下見をして前回も訪れたが思ったような成果を上げられず、今回やっと思惑通りの写真になった。ありきたりのフレーミングの写真だが、函館から長万部の間ではこれだけ順光になる場所はほかにはあるまい。そういう意味ではまずまずの手応えを感じた。

三発目は某所で。2回目の撮影を終え道央道で(「カシオペア」に)先行したが、インターを出て近い場所ということを念頭に前回の旅行で下見をすませていたところ。一昨年、ひょっとしたら撮影できるのではないかと目星を付けていた所だが、そのときは夏で気温が高く陽炎を忌避した。以来、「北斗星」が走っていた時期も何となく来ることがないままになっていた。ダイヤ改正でファンが多くなって不快な思いをするのを避けるべく温存していたが、初めてここで「カシオペア」を撮って超望遠派としては中毒になりそうなアングルだ。本日18日も再訪問したほど。おそらく最終日もがら空きだろうとふんでいる。

こう書きながら撮った写真を掲載しないのは、ここに載せてしまうと20日に混乱を来す可能性を回避したいため。鉄道ファンの方々の情報収集力は凄いから写真を見ただけで場所を探し当ててしまうだろう。
まあ、自分の好みであって誰でも満足できるわけではないから、あまりもったいぶるのは失礼だが、今回のダイヤ改正で自らの鉄道撮影の頻度も低くなってアップする写真も払底するだろうから、このブログを少しでも延命させる措置と受け止めていただければありがたい。

******************************************************************

さて、9日の記事で偉そうに函館の朝市よりも自由市場の方が値段も安いと紹介してしまったが、実はさらに安く海産物が手に入る場所があった。市内の中島町にある「中島廉売」という商店街。魚屋さんや八百屋さんが軒を並べ、「朝市」や「自由市場」よりも圧倒的に安い。とにかく安い。ホタテなど朝市の価格がバカバカしくなるほど。ジャガイモなどの野菜も安価だから、ここの価格を見てしまうと今滞在しているホテルの眼下にある函館駅前の「朝市」など誰が行こうか。
明日は天気も悪く撮影もほとんどしない予定。「中島廉売」に繰り出して、自宅へ送る品を見つくろうと考えている。

******************************************************************

下の485系は1月の撮影。その下の「カシオペア」は一昨年、小幌~礼文で撮った。2枚とも「お古」では失礼だから、昨日撮影した485系も。20日は天気が回復傾向だから、ここで朝の1回目を撮れれば幸いだ。

(写真、文:U)

_dsc16551

_dsc15941_1
_dsc25471

|

« 伊豆箱根ものがたり号 | トップページ | 最後の上野発の夜行列車~下りカシオペア »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

食事、グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/64447334

この記事へのトラックバック一覧です: 函館にて:

« 伊豆箱根ものがたり号 | トップページ | 最後の上野発の夜行列車~下りカシオペア »