« お遊び | トップページ | そんなはずないだろう… »

2016年2月21日 (日)

今、あらためて黄金

けっきょく19日上野発の「カシオペア」にEF81は充当されなかった。想定内のこと。

「ひょっとしたら」という期待を胸に、都合をつけて撮りに行ったご奇特な方はいたのだろうか? いたとしたら、きっと純情素朴な、キャバクラの姉ちゃんの社交辞令すら真に受けて貢いじゃうような「善人」なのだろう。まさか、そんな人は存在しまいと思っているが、もし存在したなら言っておきたい。「あんた、イイ人だよ」と。

ひねくれ者の自分はといえば、キャバクラ嬢をダマしてもダマされることはないから、こんな噂でノコノコ出かけるほどウブじゃない。前回の記事に書いたようにのうのうと、心おきなく箱根で温泉に浸かっていた。

期待して行った方、残念でした。でも、行かないより行った方が良かったでしょ。天気も快晴だったし。

エッ、被られた?

そりゃあ、日頃の行いが悪いからだよ。

***************************************************************************

昨年、多数の人が集まった北海道・黄金の海岸も今はきっと閑古鳥が鳴いている状況だろう。無理もない、上りの「カシオペア」は日の入りになって撮れないのだから当然。しかし6月以降も運転が存続される可能性が高まった団体列車としての「カシオペア」の上りは、果たして黄金で撮れるのだろうか?

もちろんスジ次第なわけだが、過去の「カシオペアクルーズ」の場合は東室蘭発の上りが午前中。太陽の位置から考えて機関車の正面に光が当たることはない。少なくとも黄金の通過が16時以降でなければ理想的な光線下での撮影は無理。青函トンネル内を新幹線の運転がない夜間に通過するダイヤが組まれるとすると、かなり遅めのスジになるかもしれない。もちろん新幹線の合間に通過するダイヤも不可能ではないだろうが果たして…。

さらには北海道乗り入れの場合、JR貨物の機関車を使うことになるから、ツアーの都度ダイヤを変更することは会社間での連絡なども煩雑。毎回同じダイヤで運転されることになると勝手に推測している。

もっとも、自分としてはもはや黄金で撮る必要はないわけで、いつまでもここに拘泥する意味はないわけだから、昔の「トワイライトエクスプレス」のスジあたりで走ってくれた方が新たな撮影地を楽しめるというもの。本当はそちらの方が面白い。
編成の長さ(客車の両数)は、機関車はDDなのかDFなのかといった点よりも気になるのはむしろダイヤの方だ。

おそらく3月下旬から4月前半あたりに計画が出てくるのではないだろうか。

_dsc42621
_dsc42484

_dsc32031

_dsc24413

_dsc33760

既出の写真を並べた。

と言うのも、黄金には何十回も行きながらこうやって写真を並べて眺めたことがなかったから。上の5枚は500ミリで最下段は700ミリ。行き始めの頃は状況がよくつかめず、日没寸前に雲が多く出てくるケースが多かったり、高感度性能がそれほどでもないD800Eを使用した関係で少しでも露出が稼げる500ミリを多用していたが、通過速度を見ているとそれほど速いシャッターは不要と知り、ある時からテレコンバーターをかませて700ミリで撮るようになった。結果的にはやはり長い方が好き。山の稜線もフレームには入らなくなって圧縮観が強調される。ただしこの後、さらに長い850ミリを使ってさらに正面がちにタテで撮るようになってからは、圧倒的にその方が自分の好みにマッチしていると気づいた。まだ人が少なく、試行錯誤して立ち位置を決められた時期のこと。

(写真、文:U)

|

« お遊び | トップページ | そんなはずないだろう… »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/64043296

この記事へのトラックバック一覧です: 今、あらためて黄金:

« お遊び | トップページ | そんなはずないだろう… »