« Train Suite「 四季島」ルート発表 | トップページ | 国鉄型電機の主張 »

2016年1月18日 (月)

苦肉の迂回ルート

 

北国の人にとっては18日に関東に降った程度の雪は大したことはないに違いない。スキーや撮影でそのことを少しでも知っている自分としても、今朝の通勤時に各鉄道路線が大幅に乱れたことには、「雪に弱い」首都圏の鉄道の姿をまざまざと見せつけられた思いだ。

通勤に利用しているのは東急田園都市線。いつもより45分ほど早めに家を出て駅に着いたらホームに入れない。長いこと待ってようやく電車に乗ったものの、各駅に先行の電車が止まって1駅に10分近く停車する。満員という状況を通り越したスシ詰め状態の中で、「大雪で遅延」と、誰もが分かっている当たり前のことばかりを繰り返すのんきな車内放送に、「こいつバカか?」と思いながら聞いていたが酸欠の兆候も出て、がまんも限界。知りたいのは渋谷までのおおよその時間。気分が悪くなって、もどす(ゲロを吐く)女性も現れ、遂に「あざみ野」で下車し、横浜市営地下鉄で新横浜へ行き新幹線に乗ろうと思ったが駅構内から出ることすらできない。もちろん地下鉄も入場規制。
仕方なく隣の「たまプラーザ」まで歩いて羽田空港行きのリムジンバスに乗り、空港からモノレールでようやく会社に到着したのは自宅を出て4時間半後。リムジンはガラガラだしモノレールは定刻通りの運行だったから、たまプラーザまでの時間が長かったことになる。

いざとなったらレンタカー屋でスタッドレスタイヤの車を借りる手も浮かんだが、このルートは今後、何かのときに役に立ちそうだと学習できたのは大きい。間引き運転をしながら代替のバスも出ず、駅に入ろうとする列の後方には何の案内もなく、ホームに係員すら立っていない東急の一部駅を使っている身としては1つ勉強になった。せめて渋谷までのおおよその所要時間ぐらいHPの運行情報に載せてくれていれば、早めに別の交通機関を模索したのだが、もし出ていたとしたらこんな苦肉の迂回ルートは思いつかなかったかもしれない。

おかげで貴重な体験ができた。

******************************************************************

函館の夜をエンジョイしすぎて夜更かしし、「ならば!」と思って撮りに行った「はまなす」。午前1時ごろから1時間近く停車するから、おかげですっかり酒が覚めてしまって、さらにもう1軒(この夜3軒目)行く羽目になったが、雪の日に1度は撮っておきたいカットだった。

(写真、文:U)_dsc15570
〈追伸 仲間の方々へ〉 時期尚早かもしれませんが、カウンターを7桁に設定し直しました。

〈さらに追伸〉 東急の間引き運転は以前、雪が降った日、東急東横線の元住吉で起きた事故が原因で国交省が指示(そこまで拘束力があるものかどうかは不明だが)したという話もある。国家公務員の上級職(今はそんな呼び方はしないが)でもトップクラスではない連中が行く役所だけあって、現実にそぐわない要請は事実だとしても解せないことはない(どちらでも同じか)。朝の通勤・通学時に間引き運転して、あれだけの沿線利用客をまかなえると思ったのか??? 事故が起きるのを懸念しての指示だったとしても、自分たちの責任逃れしか考えていないボンクラどもだ。緊張を強いられる朝のラッシュ時、前の電車に接近しすぎたらストップするだろう。そのために運転手が乗務している。こんな状況下で追突でもしたら韓国で起きる、信じられない人為的事故のようではないか。

まあ、しょせん国交相は○○○○への分け前ポストだし、その程度の官庁か。事実だとしたら東急もイイ迷惑だったのではなかろうか。

|

« Train Suite「 四季島」ルート発表 | トップページ | 国鉄型電機の主張 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/63519603

この記事へのトラックバック一覧です: 苦肉の迂回ルート:

« Train Suite「 四季島」ルート発表 | トップページ | 国鉄型電機の主張 »