« 水郡線を行くC6120 | トップページ | 来春の貨物ダイヤ激変予想 »

2015年12月19日 (土)

模型誌も購読中止

そろそろ予約してあったムサシノモデルのEF64が発売されそう。ホームページでサンプルの写真を見ると相変わらず素晴らしい完成度。元来、一般型のEF64に対する関心は1000番台ほどではなかったのに1日も早く手元に届くことが待ち遠しい。予約したのは13ミリバージョンの初期車。当初、福島に配置され板谷峠で活躍した前面窓にプロテクターがある8号機。厳めしい表情が特色で、いずれムサシノモデルが生産するEF71もこのタイプでお願いしようと思っている。
とにかく何度も書いてきているように同社の精巧な製品のおかげで、これまで手を出さなかった電気機関車の模型が着々と増えている。続いてEF651118、EF81も入線する予定だ。

これとは別にそろそろ発売されそうなのが久々の蒸気機関車C5711。自分としては初めての87分の1モデルでプロポーションは16番の製品を凌駕するはず。以前、友人から頂戴した同じ87分の1のD51を見ていると、そのシルエットは特に貴婦人の愛称があるC57だけにさらなる期待を抱く。集煙装置に重油タンク、スノープロー付きという、ベテランのSLファンにとっては貴婦人のスタイルを台無しにしたタイプだが、繊細なボイラーは本来のHOゲージ製品として表現されるだろう。ただ、87分の1では16番よりもディテールが希薄だから、ただただ精密な模型に憧れてきた自分としては物足りない部分もある。87分の1では今後は好きな機関車だけコツコツと集めるとして、あまり深入りしないよう心したい。

ところで鉄道雑誌とともに模型誌も買わなくなって久しい。手先の不器用な自分としては金属工作など無理だと判断しているから、模型誌の製作記事を見てもそれは異次元の世界。キットの組み立てなどとうの昔に諦めている。
なのにこれまで何十年も模型誌を購読してきたのは豊富な広告のおかげ。早い段階で各模型店の発売予定商品をキャッチして予約を入れるためだけに他ならない。鉄道模型はいったん買いそびれるとなかなか再生産はしないケースが多いし発売数も少ない。だから少しでも早く情報をキャッチしようと模型誌を買い続けてきたのだが、もはや模型店のHPを見れば事足りる。スペースが限られる広告よりも詳しく記載されているのだから雑誌の広告よりも遙かに便利で情報量が豊富。申し訳ないが鉄道雑誌同様、こちらの購読もやめることにした。なにしろ自分としてはもはやムサシノモデル、天賞堂、珊瑚、モデルスIMONの製品しか関心がないのだし。

要するに工作ができない人間が模型誌を買っても広告しか必要な情報はなく、それにしても今やインターネットで見ればじゅうぶんだというご時世になったというわけだ。

****************************************************************************

いずれも未掲載の北海道での写真を羅列

_dsc57804
_dsc91703

_dsc85841

_dsc84661_2

今宵は中華街で鉄道の友人10人ほどで「忘年会」。

 

|

« 水郡線を行くC6120 | トップページ | 来春の貨物ダイヤ激変予想 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/63040184

この記事へのトラックバック一覧です: 模型誌も購読中止:

« 水郡線を行くC6120 | トップページ | 来春の貨物ダイヤ激変予想 »